QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「こころ」がドラマCDに!!

ネットを徘徊していましたら、なんと、
夏目漱石の「こころ」がドラマCDになるのだそうで!!!

素晴らしいですー!!!

確か「こころ」を初めて読んだのは高校生の時の国語の教科書でしたが、
もう、Kと先生の関係にとツボにはまっていました。

名作は様々な解釈ができるからこそ名作である、といわれますが
私はこの作品は、人と人との関係の難しさ、人の業や情を描いているなーと思います。


人と人は違うが故に触れ合えるのだけれど、
でも違うが故に誤解が生じ、悲劇が生じる。

わかりあえないのが当たり前。


でもだからこそ、少しでも触れ合えた時に信じあえた時、
それはもう、奇跡のように素晴らしく美しい瞬間だと思っています。

ネタバレは避けますのではっきりとは書けませんが、
先生とKはお互いにとって大きな存在であったが故に、
Kは多分、先生をある意味で失ったからこそ、あのようなことをしてしまったと思います。
だから、先生はずっと、ずっと、彼の存在を忘れることはできなかったのかなと。
そしてそんな先生は最後に「私」という存在に救われたと思っています。
ふっと、何の気なしに先生のこころに入ってきた「私」は、
先生にとって救いだったと思います。

人を救うのも、また、人であるという印象を持っています。

あまり読み返していないので細かい部分は覚えていませんが、
Kが悲しそうにしょうがないなと笑う顔が、
こころを読みながら、ぶわっと映像として降ってきたのは覚えています。

キャストさんもとても豪華です!

宮野真守(私)・速水奨(先生)・石田彰(K)・桑島法子(静)・三木眞一郎(吉岡) 他

Kを石田さんが演じてくれるー!!というだけで聴く価値はとてもあります(笑)

制作元のモモグレさんは、ドラマCDやBLCDを制作されいますが、
もし、所詮BLCD作ってるところでしょ?とそんな理由で聴くのをやめるのはとてももったいないです。

まあ実際には聞いてみないと出来はわからないのですが(当たり前)
「こころ」が大好きな方なら買ってみるのもまた、よいかとおもいます。

同時に「蟹工船」もドラマCD化みたいです。
同時に買うと、フリートークが特典でついてくるみたいです。

最近、古典がドラマCDになりますが、個人的にとても嬉しいです!
昔の良い作品を、声優さんが声という魂を吹き込んでくれる感じがして、
小説で読むのとはまた違う、感じを受けます。

販売はまだ先ですが、じっくりと夜に聞きたい作品になることを期待していますー!!

それまでに、「こころ」を読み直してきますー。


原作:夏目漱石 イラスト:草間さかえ
税込:3000円(税抜:2857円)
発売日:2008年10月23日 予定
製品番号:BJCA-0101


■キャスト
宮野真守(私)・速水奨(先生)・石田彰(K)・桑島法子(静)・三木眞一郎(吉岡) 他

c草間さかえ/momogre

発売元:キャラモモ
販売元:アルドゥール

スポンサーサイト

2008/09/04(木) | ドラマCD雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。