QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

退職してからの手続き編※追記あり

3月末で退職した管理人。
退職したら手続きとかが結構あってめんどくさいよーと聞きましたがまさにそうでした(汗)

雇用保険や健康保険の仕組みとかよくわかっていなかったので
そこから調べないといけなかったのでさらに面倒でした・・・

手続きに際して管理人が調べたことなど
個人的メモの意味合いがとても強いですが、もろもろ書いていきます。

もしネットの片隅で書いている管理人の記事が誰かの参考になれば幸いです

ではでは、続きを読むからどうぞ!!

※管理人の個人の経験になりますので、間違っている部分もあると思います。
 ご了承下さい。もちろん退職時の手続きの全部は網羅していません。

※2009/5/24 追記しました



3月末で退職した管理人。
このご時勢にと自分でも思いますが、どうしょもないものはどうしょうもないです。
体がついていかないなーということ、色々な人間関係とか。
今の会社には1年お世話になりました。
色々とあったけど、でもやっぱりとても色々学べた会社です。

ステップアップするための転職ではないと上手くいかない。

よく雑誌でみた言葉です。
でも思うのですよ。ステップアップの理由で転職する人ってどのくらいいるのかなって。

人には様々な事情があります。
管理人のように個人的理由の人もいれば、親御さんの介護などの理由で転職なさるかたもいる。
みんな自分の置かれた状況の中でどうにかして生きていくしかないんだなと思います。

だから「正解」なんてないんですよね。
自分にできるのは、自分の選択に責任を持って進んでいくことだけ。
絶望と希望をもって、現実に対応していけばいい。
そんなことをこの1ヵ月弱で思いました。



ここから手続き編で書いていきますが、参考程度にとどめてください。
所詮は個人の経験なので、個人の状況によって大分違ってきますし、
間違っているかもしれませんし。

そして退職まで余裕があるのなら


一度ハローワークで相談されることをお勧めします!!!


手続き?税金?どうすんじゃい??とネットで調べましたが一番分かりやすかったのは

ハローワークのHP
区役所のHP

というすごろくの初めに戻る感じでした(笑)

調べて分からなかったら即相談!!
れっつごーハローワーク!!れっごー区役所!!


【会社からもらった書類】

まず、退職時に管理人が会社から貰った書類は以下になります


・離職票(1・2)
・源泉徴収票
※年金手帳は結構前に返されています


とりあえず、退職して一番初めに必要な書類は離職票です。
これがないとどんな手続きもできません。


離職票は

離職票1・・・雇用保険被保険者 資格喪失確認通知書 
離職票2・・・雇用保険被保険者離職票(退職時に退職理由にサインした書類の転写分になります)

の2枚あります。
ハローワークに10日以内に会社が退職者の書類を提出して
離職票をハローワークに発行してもらうんだそうです。

なのでこの離職票は、もといた会社から送られてきます。
この際に、退職時の手続きの冊子としてハローワークの冊子も送られてきました。

4月はハローワークが新入社員の手続きとかで混んでいるので、
離職票を送るのをおそくなるかもといわれいたのですが、
それでも10日以内には送ってくれました。

退職の手続きもまずこの離職票があってからの話。
なのでまず、離職票をゲットです!!

・・・中には離職票を送らないなどの企業もあるそうで(汗)
なので14日過ぎても送ってこない場合は一度問い合わせてみたほうが良いのだそうです。


次、源泉徴収票

これは最後の給料振込みの後に送られてきます。
源泉徴収票は今年度の申告時に必要となるのでゲットです。



【区役所での手続き】

離職票を貰ったら次は区役所でもろもろ手続きです。
管理人が行った手続きは以下です

・国民健康保険の加入
・国民年金への切り替え


まず健康保険。

今まで会社ではいっていた保険にそのまま入りつづけるか、
それとも国民健康保険に加入するかを選択します。

会社で入っていた保険にそのまま入る場合には、
今まで半額会社が負担していたのでその分も自分で払うことになります。
なので高いから却下。国民健康保険加入にしました。
※保障内容や金額によっては国民健康保険加入よりもメリットがある方もいると思います。 

今までの保険に入るのなら退職してから20日以内に手続きを
国民健康保険に加入は退職してから14日以内に手続きをする必要があります。

この手続き、離職票があったのでとてもスムーズでした。
あと世帯主が国民健康保険に加入している場合、その方の保険証を手続き時にもっていった方がよいと思います。



次に年金の切り替え。

今まで厚生年金だったので、国民年金に切り替えました。
これも退職してから14日以内に手続きをする必要があるんだそうです。

管理人は国民年金に切り替え→失業による特別免除を申請しました。
まあ・・・払えないですから・・・

この時の手続きも離職票が必要でした。あともちろん年金手帳も。
こっちもスムーズに終わりました

※2009/5/24 追記
免除を申請するかしないかは熟考すべきです
年金は後で追納ができますが、納めた金額がすくなければ当然受け取る金額も少なくなります
とりあえず、相談しにくいのが一番いいです!
免除を申請するかしないか、どちらにしても「年金記録に空白期間がある」のは好ましいことではないので、必ず手続きにはいくべきだそうです。


【ハローワークでの手続き】

区役所での手続きがおわったのでそのままハローワークへ。

管理人、1年雇用保険を払っていました。
管理人は自己都合での退職なので、ギリギリ失業保険の受給資格があります。

実は知らなかったんですよ・・・1年払っていれば失業保険の受給資格があること。
でも1年払ってないともらえません。
なのでもし、もう辞めたい!と思われている方で、あと少したてば雇用保険払って1年になるなあと言う方は
できればもう少しがんばって1年間払い続けたほうがいいと思います!!
失業保険だけでなく教育給付金などのほかの制度の利用も、条件付きですが1年払ってればどうにかなるはず。

とりあえず1年!状況が許す方はがんばってください。
※ハローワークの利用自体は受給資格がない方でも利用できるんだそうです

そして失業保険が出る場合でも、自己都合退職の場合にはすぐにはでません。
7日の待機→3ヶ月の受給制限があります。
で今までの働いた年数によって、受給できる期間や金額が変わってきます。

※リストラや倒産などにより再就職の準備をする時間的余裕なく解雇された場合は
特別受給資格者になります。この場合、受給資格の条件が異なります。半年払っていればいいのかな??
また、雇用保険が出る場合、7日間の待機満了日が過ぎれば受給資格を得ることができます。

で管理人がハローワークにいった一番の理由って、受給期間の延長措置をしたかったんです。
失業保険がもらえるのって、退職してから1年間だけなんです。
なのですぐにフルタイムでは働けないから伸ばしてもらいたいなあと思っていたんですが

この延長期間中はアルバイトダメみたいで・・・

医者の診断書も必要なのですが、ここら辺はどうにかなります。
かかりつけのお医者さんがいるので。
でもアルバイトもダメなのかあと。。。。うーん。。。。
多分この制度、本当に全く働けない方のみのための制度なんだなあと思います。
なのでちょっと今悩み中・・・お医者さんと相談です。

一応退職日の翌日から30日を経過した日から1ヶ月以内が申請期間になるのでそれまで考え中です・・・

ここまでつらつら書きましたが、とりあえず、ハローワークにはいくことは必須です。
できれば退職前に相談できるのが一番かな。
まずは行くこと。そうじゃないと何も始まりません。


【奨学金の手続き】

管理人、日本学生支援機構から奨学金借りていました。
なので失業による返還猶予を申請しました。結構な額・・・なので。

奨学金借りている方、本当にすみません・・・
でも猶予できるものは猶予したいのです。

原則、2ヶ月前に申請になるんですが。なるんですが(笑)

まずは日本学生支援機構に電話してください!!
これが一番早くて確実!

とても対応が丁寧で親身になってくれます。
あ、でも学生支援機構のHPや返還のしおりなどで事前に色々とチェックは必要です。
話がスムーズに行くので。

失業中以外でも色々と返還猶予の制度があるので、返還が困難な方は相談してみるのが一番ですよー!!
・・・電話はとても混んでますが(泣)

※2009/5/24 追記
返還猶予とはもちろん、返還義務がなくなるわけではありません。
返還する額は変わりません。
ただ、返還するのを一時的にストップするだけです。



【生命保険の手続き】

生命保険に入っている方はは退職前に、
会社引き落としから口座引き落としにする必要があります。

これは担当の保険の方に連絡!!
まあほっておいても連絡がきますが(笑)

でも本当に今回退職した時に、保険の外交員の方が親身になってくれて嬉しかったです。
管理人が払っているのは微々たるものですが、それでもやっぱりこういうときに良い対応をしてくれると
万が一何かあった場合とても安心できるなあと。

あ。管理人の年齢で個人で生命保険に入っている人はとても珍しいです。
でもねー人生なにがあるかわからないので!やっぱり保険って大事です。


【税金】

そうです。一番のネック。税金とかいくらかかるの??ってものです。

退職して一番困るのって、住民税の支払い。
住民税って、前年度の収入にかかってくるので、
現在収入ゼロでも払わないといけないです。

住民税がどのくらいかかるかわからない場合、
区役所のHPにいけば計算方法が説明されています!
なので一度計算されることをお勧めします。
給与所得者と色々とちがってくるので

管理人は計算して、うなりました(泣)
でも払わないといけないので、今から覚悟しておこうと!

が、でも払えない場合色々な制度があるみたいなので、一度区役所で相談することをお勧めします。

あ。そして国民健康保険。
住民税を元に計算したら意外に高くてびっくりしました・・・
なのでご注意を!!!

手続きとかはこんな感じになります。
上でも書きましたが、参考程度にとどめてください。
所詮は個人の経験なので、個人の状況によって大分違ってきますし、
間違っているかもしれませんし。

そして退職まで余裕があるのなら

一度ハローワークで相談されることをお勧めします!!!

そして調べて分からなかったら即相談!!
れっつごーハローワーク!!れっごー区役所!!

役所は自らくるものを助けますから(笑)
自らで向かないと、助けてくれません

関連記事
スポンサーサイト

2009/04/24(金) | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/104-1942bf5f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。