QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空の境界-REMIX- 観にいってきました☆彡

空の境界-REMIX-
気になっていたのですが、ドタバタしていたのと
まあ、新作じゃないからなーどうしようかなーと思っていたのですが

観にいかれた感想ブログさんを読ませていただいたら、
これは映画館でみるべき作品!!と書かれていたので
急遽、観にいってきました!しかもテアトル新宿での公開最終日に(汗)

で、観にいってきたので簡単にですが感想を書いてみました。
本当に簡単ですが、それでも良い方は続きをよむからどうぞ!!

※管理人は原作未読です。ご注意下さい
 また、原作は7章まで映画を見終わってから読もうと我慢しているので、
 ネタバレはご遠慮ください
 
あ。ちなみに。とりとめないです・・・すみません。
 

空の境界-REMIX-とは今まで公開された1章から6章を再編集したものになります。
1時間ぐらいの作品でした。

がそこはやはり空の境界スタッフ!!
ただの再編集ではありませんでした!
期待してよかったですvv

原則、その章のテーマソングをバックにその章の場面が再編集された動画が流れるのですが、
新規カットの映像や新規アフレコの場面もあって、
ただの再編集ではなく、その章の話の中心部分を纏めたという印象をうけました。
最終章である7章公開前に、「空の境界ってこういう話だよ」ということをつかむのに
ちょうど良い作品だったと思います。

空の境界の映画って、他の映画と比べて内容を纏めにくいと思います。
観た後に「結局内容はなんだったの?」ときかれても管理人は上手く答えられません・・・

言語で語る作品、というより、全身で感じる、感覚でみる作品なのかなと思っています。
映像と音楽と台詞と・・・これらが全て一つになって、観ている人を引き込ませる作品だなーと。

空の境界の映画は、

感想を言語化できないけど、でも何かが心に、体に残る。

そんな作品だと思っています。
そして感想を言語化することで、受け取った言語化できない何かが零れ落ちそうな気がして・・・
だからわざと原作読んでません。映像で受け取る印象を大事にしたいので。

でも今回のREMIXは、その章ごとの内容を上手く纏めています。
これは凄いなって!さすがです!!
で、まとめてくれたので、今までの流れがとても分かりやすくなっています。
その章で何が大事だったのか、とかがおさらいできる感じです。
章の並びは時系列ごとになおされていましたし、
特に6章 忘却録音は、置鮎さんが演じられたあの先生(名前忘れました・・・
式と戦った先生です)視点で纏めなおされているので、すごく分かりやすかったです。

章から章への移動もズムーズでしたし、挿入された新規場面で
より章の内容をわかりやすくなりました。

バックにテーマソングが流れているのもとてもよかったです。
空の境界のテーマソングって、それぞれの章の内容にとてもあっていると思います。
単なるタイアップではなく、空の境界のその章のためだけに作られた曲。
なのでこの曲を聴きながら、章の場面が流れるという演出がもう素晴らしくて!!

うまく言葉にできないのですが、曲を聴いて抱く感情と流れる場面がとてもあっている。
ただ場面が流れるよりも、もっとこう、感情を揺り動かされます。
でもこのバックに曲が流れながら場面も流すっていう演出はおそらく映画館ではないとできなかったろうと。

音楽と台詞の音量が同じぐらいでも、曲の歌詞で登場人物の台詞がかき消されることがないんです。
両方ちゃんと聴くことができます。
空の境界のテーマソングの歌詞はその章不可欠なもの。
だから、歌詞も台詞と同様に重要なので、やっぱり両方ともちゃんと聞ける状態で楽しみたい。

でもこれって映画館みたいに音響設備が整っているところではないと無理だよなあと。
私が読ませていただいた感想の中にも、
音楽と台詞を両方ちゃんと聞き取れる状態で楽しめるのは映画館だからと書かれているものもあって。

空の境界は映画館で見たほうが良い作品だと思いますが、
特にこのREMIXは映画館で見たほうがよい作品だなーと思いました。


で、6章 忘却録音の最後
ちゃんと台詞覚えてないのですが、

「・・・想いとは過去の出来事がもとになり作られている。まさに忘却録音なのだ」

的な感じの台詞(間違っているかもしれません・・・)の後、
コード?がまとわりついている中で眠っている式の場面になり、
そこから多分、式視点でいままでの1-6章の内容が流れました。
まさに、式の忘却録音という印象を持ちました。

で、ここの場面で式が戦う場面が多くながれるのですが、
動きもよくてテンポもよくて、すんごくかっこよかったです!
空の境界の戦闘場面は凄くかっこよくて大好きですー!!!

その後に、式と黒桐が初めにであったあの雪の場面で、EDが流れました。
EDも、いままでのサントラで使用された音楽をうまくREMIXしたもので、
おお!!最後までこだわっているなあ!嬉しくなりましたvv

EDが流れた後は、次章の次回予告流れて、終了という感じでした。


・・・とここまで内容をできるだけ言語化しようとしたんですが・・・
わわわわかりにくくてすみません。。。

内容とかも重要だけど、それよりも映像と音楽に圧倒されればいいじゃない!!
という作品だと思います!!

DVDになることを期待しています!
音響上手くやってくれれば、DVDでも質がそこまで落ちないはず!

でも・・・もう一回でいいから映画館でみたいなあ・・・
もっとはやく行けばよかった・・・
あとパンフレットも欲しかったなあと。
今回、パンフレットなかったんです・・・

あと、管理人は前の方でみていたんですが、後ろの方の女の子達のうちの1人が
すんごいアニメ声?でよく通る声をしていたので、映画観終わった後、
そしらぬふりして振り返って確認しちゃいましたvv
何者だったんだろう・・・
声優さんの卵とかかなあ・・・マウスがどうとかおっしゃっていたのでvv

ここまで読んでくだっさってありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

2009/04/25(土) | 映画 空の境界 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/105-11215b5f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。