QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 4話 暗殺 感想

ということで、4話感想になります!!
放送に追いつきましたー!!!

ではでは続きはmoreからどうぞ!!

※サイス=マスターとレイモンド・マグワイヤのことを変態呼ばわりしていますが、
 管理人は彼らのこと結構好きです。
 ですがご不快に思われる方はこの先ご注意下さい。


ツヴァイ「何?」
アイン「・・・なんでもないわ。」
アイン「・・・何?」
ツヴァイ「いや、なんでもない。なんでも・・・」


前回、インフェルノの暗殺者として合格をもらったツヴァイ。
今回はそんなツヴァイとアインが共に任務に挑む・・・つまり暗殺を行う話でした。
今までずっと1人でインフェルノのファントムとして任務を遂行していたアイン。
それにツヴァイが加わることで、彼女に何かしらの変化がではじめた感じがしました。

この変化がこれからどうなるか。それが楽しみでです。


ショッピングモール。
デートをしているアインとツヴァイ。
それはどこにでもいる年頃のカップルでしかない。
単なる普通の風景。
ツヴァイがアインを待っています。
アインは水着の試着をして恥ずかしそうに
アイン「・・・どう??」
ツヴァイ「似合ってると・・・思う。」
アイン「むう・・・別のにする」



すんごいビビリました(汗)

前回とは全然違う感じで初めびっくりしました。
アインがふっつーのどこにでもいる女の子でびびりました。
表情も違うし。声も違うし。

作画すごっ。声優さんすごっ


アイン@高垣さん、凄いです!!
良い演技、ありがとうございました!!


どこからみてもバカップルな2人
アインがツヴァイの財布を奪ってクマのぬいぐるみをかってきて、
彼女はそれを大事そうに抱きながら歩いています。


どこのバカップルだよ!としかみえない2人。
でもどう考えても任務で潜入してるんだろーなー
かりそめでしかない、2人の関係。


アインに、あっちに座ろうといって手をのばしたツヴァイですが、
女の人のアイスにその手がぶつかり、女の人はアイスを落としてしまいます
ツヴァイ「・・・弁償します。」
女の人にアイスを驕るツヴァイ
女の人「なんだか悪いわねー。君ら、学生さん??
今日は平日よ!さぼりだな?」
ツヴァイはちょっと言いよどみますが、
すかさずアインが、創立記念日なんですといいます。


・・・ちょっとこの場面、後で気になったりしてます。


女の人と別れた後、2人は車に乗り込みます。
モールの構造などを2人で確認しています。
アインがツヴァイに
アイン「うかつに他人と関わるなと」と釘を刺します。


やっぱり任務で潜入していたんですね。
そりゃあ任務で潜入してたら他人と関わったらだめですからねー。
・・・てことは、アインも今まで他人と関わっていない生活だったんだろーなー
バカップルの演技も、アインはどこで習ったのかな。
映画とかドラマ見て、カップルとはこういうものだって頭に叩き込んだのかな。


クマのぬいぐるみを裂くアイン。
どーやらぬいぐるみの中に、カメラを仕込んでいたみたいです
アイン「ツヴァイ・・・演技、下手ね」


いいよどんでたからねー。しょうもない


一方でインフェルノ側。

ツヴァイを得たことで、ファントムはより効率的に任務を遂行できるようになり
予定より5ヶ月もはやく東海岸に進出できたのこと。
ですが、連続してファントムを動かすことは危険ではないかというマグワイヤが言います。
クロウディアは慎重を期して見合わせるべきと賛成しますが、
彼女の部下であるサイス=マスターがそれをさえぎり、
サイス=マスター「私とファントムを信用して、ぜひとも決行を許して頂きたい。
万全を期すため、私も現地に赴きます」
結局、マグワイヤは
マグワイヤ「よかろう、君とファントムに託そう」
と許可をだします。それをみて
くっと声にださず笑うクロウディア。


んー。サイス=マスターはクロウディアの部下。
で、上司であるクロウディアがファントムを動かすべきではないといいますが、
サイス=マスターは反対。
通常ならクロウディアは後で怒りそうな感じもするんですが、
サイス=マスターの提案が受け入れられた後、ちょっとクロウディアが笑ったので、
ここらへん、マグワイヤにいえないことがクロウディア達にあるのかなーと勘繰っときます(笑)

・・・でも勘繰りすぎて大体まちがえるんですよ・・・管理人(泣)


自分のパスポートをみるツヴァイ
ツヴァイ「僕に与えられた偽りの名前。
ウォレス・ヤン。ロサンジェルス在住の学生。
最初に殺した男と同じ名前・・・」
ツヴァイは最初の任務の後からずっと今まで仕事を続けていました。


どんな嫌味かと(汗)最初に殺した男の名前を偽名として渡すのは。。。
てかこの回が初めの実践任務かと思ったんですが、最初の任務の後決行仕事をこなしてるんですね。
だから冒頭のモールの場面で慣れていたのかなあ。
でもグダグダと暗殺に慣れるまでを描かれてもつまらないので、このくらいのスピードは好きですvv

今回の任務は、ダラス・マフィアのボス、ドン=ルシオ。
厳重に警備された屋敷から孫娘のプレゼントを買いに出た所を襲撃するというもの。
贈り物だと銃をもってきたアイン。
アインはツヴァイに、どこでどう襲撃するかは貴方がきめろという

ここから場面が色々変わってきます

ツヴァイ
「買い物客にまじってターゲットに接近する。
モール内での襲撃はだめ。場所が開けすぎている
人目につかないところで、ターゲットと護衛が気を緩める瞬間。それは・・・」
それは・・・と言った瞬間、暗殺者の目となったツヴァイ。
それをみて息をのむアイン。
アイン「もういいわ・・・それは」
アインが去っていきます


ツヴァイが暗殺者の目になった時、ちょっと演技も変わったかな??
ここら辺の変化、難しいけどきっちりつけてくれているほうが嬉しいので、
入野さん、期待してますvv

ここでツヴァイが暗殺者の目に変化した時、アインが息を飲んだのが印象的でした。
かつて自分がそうやって変化したのを目の当たりにしているからかな・・・



マフィアのボスがショッピングモールで孫娘の誕生日プレゼントを選んでます。
買い物してるふりをしてマフィアのボスをチェックしているアイン。


変な犬のプレゼントに大笑いしてまいましたvv
え、喜ぶのかそれvv

・・・でも孫娘にそのプレゼントが届くことは・・・ないんだろうな・・・


チェックをしつつ、頭の中で先日のデートのときのツヴァイを思い出していたアイン。
ふっと気付くと彼女にマークがついていました。


彼女が変化をしている予兆なのでしょうか。
ツヴァイもアインとのデートの風景を思い出している描写があるので、
2人そろってなんかの変化がおきていると思いたい。うん。


マークをつけられたアインはその場を去り、ツヴァイに連絡とります。
マークされたので、ごまかすから手伝ってというアイン。
ツヴァイはアインと会った瞬間に、頬をたたかれて
何分みてまわったと思ってるの??と怒られます(笑)

痴話げんか(笑)→仲直りで抱きしめあう

でここでマークは外れました。
アイン「・・・ターゲットは南モールのアンティークショップ」


普段のアインならマークにつけられるミスはしないんだろうなと思います。


2人が合流し、作戦開始。
外に出て服を暗殺用に着替え、仮面をつけます。


って目立つだろ、それ(笑)

仮面とか!!!
それとも逆に、インフェルノのファントムが暗殺をしたということを周知させ、
インフェルノの力を誇示したいということなのかな。

ツヴァイがアインに話した暗殺に最適な瞬間。
人目につかないところで、ターゲットと護衛が気を緩める瞬間。
その瞬間を狙い襲撃をかける二人。


いつだよ。ごめん、管理人の頭ではよくわからんかった。
買い物を終えて、車に乗り込んだ時?でいいのかなー
でもばりばり人目にはついてると思う。

マフィアのボスの車を襲撃する二人。
ターゲットであるマフィアのボスの暗殺も成功します。


ここ、マフィアのボスが全てを悟った感じでいるのが印象的でした。
もう自分が殺されることわかってたんだろーな・・・

淡々と任務を遂行したアインですが、のこった部下からアインに銃がむけられます。
そんなアインをとっさに、かばうツヴァイ。


ここでアインがなんかときめいた??
目を細めるアインが印象的でした。

このピンチどうするんだろうと思っていたら、
さっそうとやってきたサイス=マスター!!
しかも、仮面ではないけど、目の部分だけ覆うものをかぶってる。
そうです!咎狗の血のヴィスキオ仮面みたいなやつですよう!!
さっすが、変態!!素晴らしいっっっ!!!



血にまみれた孫へのプレゼント。
・・・切ないです・・・

サイス=マスター「ご苦労だったなふたりとも」

ツヴァイ「何?」
アイン「・・・なんでもないわ。」
デートのときのアインを思い出すツヴァイ。
アイン「・・・何?」
ツヴァイ「いや、なんでもない。なんでも・・・」
仮面を見ながら、つぶやくツヴァイ。


ここ確実に、2人とも同じこと考えてる感じが。
良い意味で2人とも意識しはじめてるんだろうなと
(恋愛的な意味ではなく)

クロウディアとサイス=マスター
サイス=マスター「わざわざお出迎えいただけるとは光栄です」
上司であるクロウディアが今回の任務について、サイス=マスターを褒めます。
クロウディア「化けたな、あの少年は。」
サイス=マスター「ご満足いただけたでしょうか」
クロウディア「・・・まあ、な。」
サイス=マスター「何か・・・」
クロウディア「あの2人は?」
サイス=マスター「装備品を処分させた後、旅客便で帰宅させます」


帰宅って(笑)そりゃあ、帰宅だけどさ・・・
クロウディアが言いよどんでいるのが凄く気になる・・・


空港にいるアインとツヴァイ。
アインはツヴァイの肩によりそって寝た振り
そこにショッピングモールで出逢った女の人が。
女の人「旅行??」
ツヴァイ「こっちが旅行先です。」
女の人「いい旅だった?」
ツヴァイ「はい」
女の人は、また会えるといいわねと言って別れます。
女の人が去った後、アインが
アイン「今のは・・・いい縁起だったわ」


確かに、スムーズに演技できてたけど。
でもさ、女の人に学校の創立記念日なんですって初めに言ったので
ここ怪しまれなかったのかなって。
普通、旅行に来ている学生2人なら平日にショッピングモールで歩いてても
創立記念日なんです、というよりも旅行なんですっていうと思うけど。

・・・ここ伏線なのかな??
それとも管理人の考えすぎ??


無事に家に戻った二人
熊のぬいぐるみを見つめるツヴァイ
ツヴァイ(犬小屋で、ただ役目をまっているだけの猟犬が2頭
それが、今の僕達。)
アインが部屋をさります。
ツヴァイ(そして・・・また)
銃をみるツヴァイ

ツヴァイをみるアイン
ツヴァイ「どうした?」
アイン「なんでもないわ。気にしないで」

1人になるアイン
アイン(マスターの言ったことは正しかった
彼は・・・私が2年かけてたどった道を3ヶ月で駆け抜ける。
彼は・・・かつての私。もう1人の私。
怖い・・・真実を・・・私のありのままの姿を見てしまいそうで。
貴方の瞳が・・・怖い)


自分で自分のことは見れないから(そりゃあそうだ)
ツヴァイをみることで、
かつてツヴァイと同じように暗殺者へとなっていった自分をみることになるんですよね・・・
堕ちていった自分を、目の当たりにするのかあ・・・

そして、まさにスピードですね。
クロウディアがツヴァイに前に言った
「決められたコースでも、君が望み、
努力する限りどこまでだって加速して行ける」
アインの数倍の速さで駆け抜けていくツヴァイ。
でも加速していったその先に、何があるのかな。
スピードを上げて、たどり着いた先に、彼らは何をみるんだろう。

これから気になるよお!!

次回予告も
感情を殺し、引き金を引く。他人の幸せを奪う
だし。
これから大変なことになりそう・・・

地味な感じもするけど、きっちりとつくっているアニメという印象です。
これから期待してますー!!!

ここまで読んでくださってありがとうございました!!

関連記事
スポンサーサイト

2009/04/28(火) | Phantom ~Requiem for the Phantom~ | トラックバック(3) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/108-26683653

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第4話

今回はショッピングモールで暗殺を実行する話。 最初は何かと思ったらデートの演技で下見に来てたんでしたか。 下手だなんて言ってますがツヴァイで普通、アインの演技が上手すぎるだけだと思います(笑)。 いきなりアインに何が起こったのかというキャラの豹変ぶり...

2009/04/28(火) 15:52:08 | パズライズ日記

Phantom~RequiemforthePhantom~第4話「暗殺」

前回初めて人殺しの任務をしたツヴァイすでに何件もの仕事をやったようですねしかし冒頭のアインとツヴァイは普通の年頃のカップルにしか見えないよなちょっとキャピキャピしたアインに面食らったけど(笑)今回かなり衣装かえましたしアインは押していくなこの作品(まぁ地...

2009/04/28(火) 23:26:54 | にき☆ろぐ

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第4話「暗殺」

なんでアインがこんなに 女の子女の子してるんだあああああー!! 演技だったとは_| ̄|○ 完全に感情をなくした殺人マシーンではなかったんですね。 まだ人間らしい感情を残していたアインとツヴァイ。 アインはなんかやばいよなあ。 演技じゃなくなってたよね。...

2009/04/29(水) 06:37:43 | のらりんクロッキー

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。