QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 5話・6話 感想


うお。あと少しで7話が始まってしまう・・・
のでとても簡単ですが5・6話のまとめた感想を書きました

管理人、地味にこの作品大好きです。
戦国BASARAの次に今期作品では、はまっていますvv

思ったことを書いているだけなので、すごく簡単ですが
それでも大丈夫な方はmoreからどうぞ!!!!




この2話は内容がつながっていて、
5話刹那でストーンファミリーのボスの家族を制裁のために殺し、
6話大火では、前回で家族を殺され復讐のためにインフェルノの壊滅を決意するトニーストーンですが、
サイス=マスターを中心とするインフェルノ側の作戦・・・
それは一夜にして西海岸の裏社会の重要人物12人を暗殺しそれをトニーストーンに罪をかぶせるというもので、
結局、トニー・ストーンは全ての罪を被せられて死んでしまいました。
トニー・ストーンがインフェルノに負けたのは、
昔から彼を見ていたという警官の暗躍や
そしてずっと仲間だったと思っていた人間の裏切りも一因でした。
ここらへんの展開は、やっぱり深夜アニメで
ターゲット層の年齢がある程度高めな作品ならではだなあと思いました。

そして、西海岸の裏社会の重要人物12人を暗殺したことで
これから「力だけが全て」の弱肉強食の世界に入っていきます。
インフェルノはどうなるのか?
アインとツヴァイはどうするのか??


6話で出たインフェルノの特徴
それはインフェルノとは各々が別組織の人間でもある・・・
つまり、その組織にとっては裏切り者の人間で構成されてるのがインフェルノ。
3話実践で、ツヴァイのターゲットになった将校は2重スパイだったので、
インフェルノにはこういう2重スパイ的な人が沢山いるんだなあと。



そしてアインとツヴァイの違い
アインは人形であろうとしています。
意志をもつべきではない、そのようなものは必要がないと・・・
おそらくこの考えはサイス=マスターから叩き込まれたと思います。

6話でさすが!!変態!!!というものをサイス=マスターは披露してくれましたしvvv
あれは深夜にみてて笑いましたvvvv
さすが、期待を裏切らないサイス=マスターvvv


一方ツヴァイは
自分で考えて意志のある者であろうとしています。
それはクロウディアがツヴァイに言った言葉

「任務の意味を考えて。その任務は何故するのか?なんのためにあるのか?
あなたはお人形じゃないの」

任務について意味を考える。
普通の会社でも、その仕事は何のためにするのか?を考えて行動しろといわれますよね。
実際管理人もすごくいわれましたし(笑)
こういう風にいうのは、言われたことが出来るだけの使われる人にはなるな、ということだと思っています。

クロウディアがツヴァイに言ったこの言葉、
アインがサイス=マスターの暗殺者なので
クロウディアが自分だけの暗殺者をつくりたいのか、
それともツヴァイの成長を望んでいるのか・・・

そこらへんどっちなんだろうと気になります。
3話でツヴァイの写真を見ながら物思いにふけるクロウディアを見ると、
単純に自分だけの暗殺者を作りたいがために
ツヴァイを利用しているとも思えなくて・・・
クロウディアがロメロ??といった金髪の少年と重ね合わせているなら
ツヴァイに、インフェルノの奴隷ではなく自分の意志をもって生きていく
ことを望んでいるのかなあと思ったりしています。

でもなあ・・・暗殺なんですよね・・・
5話で息子のデュークを暗殺した場面見てられなかったです・・・
マフィアの抗争だからしょうがないとはいえ、
小さい子を殺すのは・・・しかもすんごい可愛いし
(デュークの声優さんって高木礼子さんなんですね!!
金色のコルダのヒロインを演じている方ですが、全然気づきませんでした!!)
暗殺場面でツヴァイもアインも目が「暗殺者の目」になるのはとても上手い演出だなあと思います。
彼らは、感情を押し殺して暗殺をしているんだなあと、
単なる快楽殺人とか暗殺が楽しい人間ではないんだよなあと、
そんな印象を受けます。
暗殺者としてこれから生きていくしかないけど、うーん・・・
と思ってしまいます。

アインとツヴァイ。
ファントムが2人になってアインも変わってきましたし、
これからこの2人がどうなるのかなあと期待していますvvv


そしてクロウディアが思い出していた金髪の少年!!
管理人死んでいると思っていましたが、
どうやら生きているようですねー!!!
6話のラスト近くの交渉場面でちらっとロメロっぽい人がいたので
これから登場するのかなあと期待していますvvv


6話まででこれから物語が大きく動く準備ができたなあと思いました。
この話数でこの展開。そして丁寧な演出と崩れない作画。
ちゃんと構成ができた状態で、アニメになっているんだなあと安心してみれます。
このままラストまで行ってくれる気がしますvv
期待してますよー!!スタッフさん!!!


関連記事
スポンサーサイト

2009/05/15(金) | Phantom ~Requiem for the Phantom~ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/123-812e6b65
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。