QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

作品ファンと声優ファンー入り口はどこだっていいじゃないー



何このケンカ売ってる題名(え)
と、自分でも思っていますが、ガチで書いてみました(笑)

混ぜるな危険を何故混ぜたのか。

作品に対する自分の態度にとても迷っていたからです。
いや、別に迷わなくてもいいし、こんなこと考えなくてもいいんですが(笑)
でも自分にとって、物語がとても大切だからこそ色々と悩んでしまっていました。

ブログを初めて少しずつアニメやドラマCDの感想も書き始めて。
個人的メモ要素がとても強いですし、上手くないです。
でも書くことはとても楽しいですし、
本当にありがたいことに、読んでくださる方もいらっしゃる。
とても嬉しいです!!ありがとうございます。

でも、自分の中で一つの落としどころをつけないと、
ここから先、アニメやドラマCDの感想がかけなくなるなあ、
そんなことも感じていました。
やっぱり好きなことはやめたくない。

一応とりあえずの落としどころがついたので、
色々まとめてみるために、この記事を書きました。

多分、作品ファンの方で声優好きーでもある方の中には、
同じことで迷っていらっしゃる方もいるかなーと思います。


じっくりと考えて纏めることができる時間がとれるのなんて、
今しかないですし(爆)
そして自分の中で一つの落としどころを見つけないと、
ちょっとまずいなと思ったので、纏めました。
・・・まあそうはいっても悩んでいくと思いますが。

こんなの個人の日記に書いとけばいいじゃないとも思いますが、
ネットの片隅でうごめいている個人運営のブログなので、
書いてみました。


ここに書いたのは、所詮管理人の個人的経験です。
「個人的経験」なので、「一般的なこと」ではありません。
どなたにでも当てはまるわけではないです
(当たり前だ・・・(笑))

なのでここから先の記事には
人によっては、理解できない!と思ったり
不快に思う部分があります。
十分に、ご注意下さい。

読んでて不快に思われたら即、回れ右です!!!

でももし、記事を読んで、
なんでこんなことで悩んでるんだろう?と笑ってくれたり、
また、同じことで悩んでいる人にとってちょっとでも参考になったら、
管理人、とても嬉しいです。


個人的メモ要素がとても強いですが、
それでも大丈夫な方はmoreからどうぞ!!!

ちなみに、とりとめがなくて、凄く、長いです・・・

※声優さんファンってこういう人、とか作品ファンってこういう人という
 カテゴリーの話はありません。あくまで管理人が作品に対して
 どういう姿勢で楽しむかという話になっています。





管理人は
アニメや漫画・小説や映画などは昔から好きですが、
声優さんに本格的に興味をもち始めたのは、
コードギアスの無印23話のラストから。
23話のラスト、ルルが「だから」という場面からです
なので、興味を持ち始めたのは2年くらい前??です(笑)

声優さん好きーとして浅いです。

そんでもって、好き声優さんがでている作品を全て
見ているかってそうではないです。

管理人、このブログで福山さんが好きだー!!って言ってますが、
ご出演のアニメを全てみているわけではありません。
正直・・・本数が多すぎて手がまわらないのと(笑)、
自分の好みには合わないアニメは見続けられないという、
管理人の根性なしが原因です(え)

ドラマCDもそうです。
ご出演してるよー!と聴いたら興味は持ちますが、
なんとなく自分の嗜好と合わなそう・・・と思ったら、
新品とかでは買わないかなあ・・・。
ゲームも、乙女ゲームは管理人はちょっとできないので、
乙女ゲームはパス(いや、本当はやってみたいんですが)。
ラジオも全部聴いているわけではないです。
タイミングが合って気が向いたら聴くという感じです。

なので声優好きーと言っていいのかもちょっと迷いますし、
声優さん好きな方に、そんなんじゃファンじゃないといわれても、
まあしょうがないかなと思いますが、
でもそれでも管理人は、やっぱり声優さんが好きです。

作品についてもそうです。
管理人は二次創作が好きです。
人によっては二次創作は原作を冒涜していると感じられる方も多いと思います。
キャラ萌えが大嫌いな方の気持ちもとてもわかります
(まあ、管理人もキャラ萌えだけの作品ってそこまで好きではないんですが(汗))
でもそれでも、私は作品が好きです。

「好き」って本当に人それぞれだと思います。
ここまでしなければ本当に好きだとはいえないというものではないです。
その人が「好き」という気持ちをもっていれば、
それでいい、と思っています。

おわ。前書きからして長くなった・・・
すみません。。。でもこれ書かないと分かりにくいので。


管理人が声優さんに興味を持つ前、アニメを見る基準は
自分にとってストーリーが面白いか、でした。

なので、好きな声優さんが出ているからと、
アニメを見たり、ドラマCDやゲームを買ったりする人が
よく分からなかったんです。

だって、作品をみる基準ってストーリーでしょ??
なんで声優さんが基準になるの??


そんなことを思って、声優さんファンってよくわからないなあと、
自分とは違う人達なんだなーと思っていました。
そして正直、ストーリーを見ずに声優さんで見る作品を選ぶことって
作品に対して失礼じゃないかなって思ってもいました。

でも友人に、声優さん好きな人ができて、
その子と話をするうちに、段々と声優さんについて興味がでてきました。

彼女と話していると、
あのキャラとあのキャラは同じ人が演じているんだ!!とか
好きなキャラを演じているのは、こんな人なんだ!とか
色々知ることができて、とても面白かったです。

アニメを見ていてストーリーも楽しく追っているのですが、
それと同時に、「お。この声はあの人かも」と気付いて
けっこう楽しくなったりしてました。

少しずつですが、アニメを見る時、
ストーリーは好みかはわからないけど、
あの声優さんがでているからみてみよう、
そんな基準も加わりだしました。

ラジオも少しずつ聴きだしたり、
彼女に誘われて、声優さんのイベントにも行き始めました。
声優さんのイベントに参加するって、
自分の中では結構ハードルが高いことだったんですが、
でも思い切ってっ参加してみたら、本当に楽しくて!!!!
観客の皆さんの雰囲気もいいなーと思いましたし、
こんなに楽しいのならもっと早く参加するんだったと思ったりしました。


・・・まあでも、初めて参加したときは、周りの方達の雰囲気の違いにびっくりしました(笑)
いや、なんでこんなに普通の子たちが多いんだろうって(え)

即売会などに参加されている方はわかると思うんですが、
やっぱり雰囲気違いますよね。

・・・まあここ最近のブーム??なのかわかりませんが、
ここ数年、即売会に参加される方の層は変わってきて、
こちらも「なんでこんな普通の子たちが参加しているんだろう??」
と思う雰囲気になっていますが
※「普通」というと語弊があると思いますが、
 これ以上に適切な言葉がでてこないので、これで通します。

もちろん、外見的にぱっと見て違いがあるというわけではないです。
ファッションやその他もろもろとかは同じ感じですし。
でも雰囲気がなんとなく違うと思います。

声優さんイベントに参加している方って、
アニメが好きとかゲームが好きとかっていう雰囲気よりも、
そう、アイドルとかミュージシャンのイベントに参加している
人達の雰囲気に近いのかなと思いました。

声優さんのグラビアを携帯の待ちうけにされている方や
画像を一生懸命集めたりする方々・・・
初めは正直、びっくりしましたが(え)、でも今は、
それくらい好きなんだなーと、
そこまで好きになれることがあるって凄い素敵なことだよなーと思っています。

そういう方を見ていると、こちらにも
楽しい気分のおすそ分けをもらえますし、
見ていてとても微笑ましいなあとも思って、
ほんわかします(*^_^*)

でもそうやって声優さんに興味が出るうちに、
だんだんと作品を見る基準が変わってきたんです、

ストーリーが自分とって面白いか??
監督さんや脚本家さんが好きか?

などに追加して、

好きな声優さんがでているから

という基準も加わってきました。

これは結構戸惑いました。


ストーリーに関係ない要素で作品を選ぶのって、作品に対して失礼だと思ったから。
やっぱり心のどこかで、声優さん好きーに自分がなるとは思わなかったから。
自分が声優さんを基準にして作品を選ぶことがある、って思わなかったから。



声優さん好きな方って自分とは違う人達だなと思っていたので、
自分がなったことにびっくりなことと後一つ。


声優さんファンの方をあまり好きではなかったんです。


え。ちょ。お前、どの口がいうと思われると思いますが、
実際そうだったんです。

なんでかっていうと、

これは違う印象をもたれる方もいらっしゃると思いますが、
まず、声優ファン自体に良い印象がなかったから。

自分が読んでいたブログさんやサイトさんで、
声オタの子達がくるとライブやイベントのチケットとかとりにくいとか、
声オタはマナーが悪いとか
を読んでいるうちに、自分の中で、
声優さんファンに対して悪い印象ができてしまっていたんです。


それと後一つ、
一部の声優さんファンの方の感想ブログをみて、
違和感を感じる、嫌だなーと思う感想に結構出逢ってたからなんです。


こんだけ声優さんをそろえたら買わざるを得ない!
とか
声オタを狙った作品だけど、好きな声優さんがでているのでしょうがなく買った


それが自分が好きな原作なほどこういう感想は嫌だなーと思っていました。
その原作は元々人気があるから原作ファンの人も買うのに、
まるで声オタしか買わないというように書かれてしまうのがとても嫌でした。


でその作品を読んだ・プレイした結果


ダメな作品なので、声だけ楽しむことにしました



と書かれると、とても不快感を持ってしまって。

作品を酷評した上に、声だけ楽しみましたと書かれている感想って、
往々にして、この場面のキャラの心情を
この声優さんはこうやって演じてくれていて・・・
という感想ではなく、

この声優さんの甘い台詞がよかったとか、
美声に酔いしれたとか、が多くて、
そういうのを見るとなんか、
声だけ楽しみたければ、好きな作品で堪能すればいいじゃない、
と思ってしまいます。



後はこれは不快感は感じないんですが、違和感は感じる
言葉で、

こんな作品にでてくれた出演声優さんに申し訳ない
とか
こんな演技を声優さんにしてもらって申し訳ない

もやっぱり違和感を感じていて。

ダメな作品、質が高くない作品って沢山あります。
なんでこの原作をドラマCDにしたの?というのなんて沢山ありますし、
逆に続きを聞きたいのに中々でない作品
(G線上の猫とかさ・・・!!続きだして!!)
も沢山あります。

また、管理人、BLゲープレイするので、やっぱり
「うわあ・・・ってすごっ」という演技を聴く時があります(笑)

好きな声優さんがエ/ロ関係のものに出ていることが
嫌な方もいらっしゃると思います。
以前に拝見したブログさんで、
好きな声優さんがBLCDにご出演であることを知って、
とてもショックを受けていた方もいらっしゃいました(汗)
気持ちはとてもわかるんですが、

でも、やっぱり

シリアスな大作だろうが、楽しい作品だろうが、
萌えアニメだろうが、B級作品だろうが、
キャラ萌え中心だろうが、エ/ロ中心だろうが、
18禁BLだろーが(笑)、なんでこんな作品になっちゃったの?だろーが

作品は作品です。それ以上でも以下でもないです。


そして声優さん。

作品があって、そのキャラの声の演技をするのが、
「声の俳優」である声優さん。

いっくら恥ずかしい台詞だろーが(笑)、なんだろーが、
そこにキャラがあったら、それに声の演技で命を吹き込むのが
声優さん。それが役割。

作品は作品。役者は役者。
それ以上でも以下でもないです。

もちろん、声優さんだけでなく、役者さんって本当に凄いと思っています。
演技をする・・・それは凄いことですし、
そして競争率もとても高い。
そんな世界でのし上がってきた彼ら、
時間を費やして、努力を沢山してきてたと思います。

でも、作品を創る要素として、声優さんって一要素でしかないと思います。
でもとても重要な一要素です。
この一要素がだめだったら全体に影響を与えます。

でも、作品の一要素だからこそ、変に凄いとか、偉いとか、
持ち上げるのってちょっとなあ、と思っています。

ぐっじょぶありがとう!!なら分かるんですが、
申し訳ないって、作品に対しても、
そして、役者さんである声優さんを
ないがしろにしている感じがしてしまって・・・


まあ、多分こういう言葉に違和感を感じるのって、
声優さんを作品の一部としてしか捉えていない管理人の限界なのかもしれませんが、

でも一部の声優さんファンの方の感想を読んでいると、
作品よりも声優さんの声だけがきければいいのかな(@_@;)とか
思ってしまって、だから声優さんファンってあまり好きではなかったんです。


今でもこういう言葉に違和感は感じます。
それはもうしょうがないと思います。
管理人も色々感想を書いていますが、
管理人の感想に不快感を持たれる方もいらっしゃると思いますし、
お互い様だと思っています。


でも声優さんに興味をもって、
積極的に色々と感想を読むうちに、
声優さんファンの方の感想って凄い!と思う感想にも
沢山、沢山出逢いました。
・・・実際、嫌だなーと思う感想よりも、凄いよ!と思う感想の方が
多いんですが(笑)

声優さん好きの方の感想だと、
その役者さんの細かい演技までちゃんと注目されて、
なおかつそれがその作品にどういう意味をもっているのか?
までちゃんと書かれているものが多いです。

私がアニメやドラマCDを見て色々考える場合、
その「キャラがどうしたー」が中心になります。
感想もキャラがどうしてああしたで、それは何でだろうが中心で
書いています。

役者さんの演技について色々考えるのは、その後です。
例え、好きな声優さんでもそうなってしまいます。

そして、好きな声優さん、例えば私にとっては福山さんの演技のラインは
細かく気になります。やっぱり好きですし。
でも好き声優さん以外で、気になっている方とかの演技のラインまでは
管理人の耳ではわからないです。

でも声優さんファンの方の感想って、
その作品の主要人物の役者さんの演技について、
細かいラインまでちゃんと聴いていらっしゃって、
その役者さんが気になるとか知っている程度でも、
ちゃんと丁寧に書いていらっしゃいます。

私には、そこまでできないです。
正直、本当に凄いと思います。

そうやって凄いな!と思える感想を沢山読むうちに、
声優さんファンに持っていた苦手意識が薄れてきました。

声優さんファンの感想ブログとかを
ちゃんと見ることもせずに、
ただ周りのイメージで、
勝手に声優さんファンに対して悪い印象を持っていた
自分が恥ずかしいなって。
カテゴリーに囚われて中身を見ようとせずに
安易に評価する人が嫌いなのに
同じことをしていたんだなって・・・


私は二次創作が好きなんですが

二次が好きな人って、
今では腐女子で、
ちょっと前だと801で
十把一絡げの印象(もちろん良くない印象で)
話されてしまうことに嫌だなー思っているのに、
自分が嫌だなーと思っていたことを
そのまま声優さんファンにしてしまったんだな・・・・と
反省しました・・・

そうしたら段々、自分の中で
声優さんを基準に作品を選ぶということが
無理なくできるようになってきました。

今まではストーリーを中心に物語を見てきましたが、
そこに役者さんの演技が加わったことで
物語の楽しみかたがとても拡がっていきました。

で、そうやって声優さんファンであることを
自分の中でいいじゃない!!てなったら
今度は気になってくるんです。



じゃあ、作品をちゃんとみているという
作品ファンってそんなに凄いのかって。

いや・・・我ながら天邪鬼・・・(@_@;)


作品ファンの方の中には
声優さんファン以外でも、キャラ萌えの人、
二次創作している人とかに対して、
作品をみていない、とおっしゃる方もいます。

管理人は二次創作好きーなので、
作品ファンの人に作品を冒涜しているって思われても
まあ、そうだよねとしかいえないです。

キャラ萌えや、腐の視点から書いた感想を見て、
萌えられればなんでもいいんでしょ!と思われるかたも
いらっしゃると思います。
・・・一腐女子から言わせていただきますと(え)
萌えの視点と作品のストーリーを楽しむ視点って別にあるので、
結構皆さん、ストーリーは普通に追っていって感動するところは感動しつつ、
別視点でここは萌えるー!!と言っていると思いますが(笑)
てか作品が良くないと萌えるものも萌えられ(ry)

でも例えば今、腐女子がはやっていますが(笑)
よく、このアニメは腐向けだから中身がないから、
だから見ないという感想を読むと、

ちょっとそれは違う、と思います。

作品を見た上で、自分の嗜好とは合わないから見ない、
というなら分かりますし、作品紹介の時点で自分の嗜好とはあわなさそうだな
と思って見ないことにした、もわかります。時間もったいないですし。
私も実際に作品紹介の時点で切っているアニメ作品も沢山あります。


でもストーリーも何もちゃんと見ないで、
所詮そっち向けの作品でしょ?だから中身なんてないんでしょ?・
と切ってしまう方をみると、
本当に作品をみているのかな、と思います。
また、視聴の途中で、腐向けだから中身はなくなったというように
切ってしまわれる方にもそう、思います。

声優さんが豪華で、ちゃんと作品として素晴らしい作品なんて沢山あります。
腐向け作品??
腐向けって思うのってその嗜好を知っている人が気にするのであって、
気にしない人は普通にストーリーを楽しんでいますし、
腐向け作品といわれる中で、素晴らしい作品は沢山あります。
もちろん、作品中でキ/スとか直接的に描写があったら知らない人でもわかると思いますが、
でも多くの作品ってそこまで描きません(中にはありますが)
キャラ萌えもあるけど、ストーリーがとても面白い、そういう作品も沢山あります。

一通り作品を見た後に、
結局なにも伝わらなかった・・・キャラ萌えの作品でしかないとか、
というのなら分かります。そういう作品も沢山ありますし(笑)

でも安易に、
キャラ萌えや声優に媚びている、腐に媚びている作品だから・・・と
カテゴライズして
その作品を分かった気になって、そんな作品は中身がないというのは
それって作品をちゃんと見ている、とはいえないと思います。


でもじゃあ、「作品をみる」のがそんなに凄いのかとも思います。


「作品をみる」って
ストーリーやキャラの心情を捉えて、
作品が言いたいことを考えて・・・
というものだと思っています。

なので、ストーリーを追って、キャラの心情を捉えていって
この作品の言いたいことを考えていかないと、
作品をないがしろにしていると思っていました。
だから声優さんファンに対して違和感を覚えていた部分もあって
また自分でも腐関係のみの感想を書くと、うーんと思ってしまう時もあったりしました。

でも作品の楽しみ方ってこれだけじゃないよなと。
極端にいえば、「作品をみる」ことをしなくても
作品は楽しめるよねって。
・・・いや、本当に天邪鬼ですみません(@_@;)

管理人はやっぱり物語が好きです。
そこから沢山の想いをうけとっています。
だからやっぱり、作品のストーリーやキャラの心情を
ちゃんと書いてくれている感想を読むのが好きです。

でも、作品って結局は楽しむためにあります。
人を幸せにするために存在するものです。
だからその人なりの楽しみ方をすればいいのかなって。
「同じ作品を楽しむ」という行為に、
価値の高低なんてないよねって。


全体としての作品の完成度を中心にみる楽しみ方もあるし、
どれか一つ、自分の心に残ったものがあれば
他の完成度が低くても自分にとっては素晴らしい作品だ!とか
美声ぞろいで素晴らしいとかvvv

いや、でも声だけを楽しみます!という感想を読むと
やっぱり嫌だなーと思います。

でもそれはその人の一つの楽しみ方だよなって。
それに対して私が言う権利はもちろんないですし、
私の楽しみ方だって、誰かが不快におもっているはずだから、
お互い様っだからいいかなーと思います。

こうやってグダグダ考えてた結果、
結局自分のたどりついた結論って
とてもシンプルなもので


「作品を楽しむのに決まりはないよね」

ということ。


原作を読んでからドラマCDやアニメを見てもいいし、
好きな役者さんがでているから見てみようで見てもいいし、
キャラソンだけ聴いていてもいいし、
でている関連商品を全部集めてもいいし!!

ストーリーに感動して泣いてもいいし、
それと同時に色々萌えててもいいし(笑)
声優さんの演技に魂もってかれてもいいし

作品を娯楽として片手間にみてもいいし
本気でその作品にはまってどっぷりみてもいいし!!

良い作品って沢山の方向で楽しむことができます。
だから色んな方向で楽しめばいいのかなって。
作品を楽しむ方法に、価値の高低なんてないんだから、
自分なりに楽しめばいいじゃないと!!
そう思うようになりました。


・・・普通の人ならこの結論に至るまで、
全く時間がかからないと思いますが、
グダグダ考えていた結果、こうなりまし・・・た

本当・・・なんだろう。。。。。
なんで色々考えちゃうんだろう・・・


これからも、軽い感じでも楽しめるけど、
でも本気で嵌ることもできる質の高い作品が、
沢山、沢山うまれることを祈りつつ。

ここまで読んでくださってありがとうございました!!!

関連記事
スポンサーサイト

2009/06/10(水) | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/136-17bd6d10
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。