QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クラッシュゲート※追記しました

先月あたりから、F1で大問題になっている、
ルノー八百長疑惑の、クラッシュゲート

管理人がいつもF1ニュースでお世話になっている
F1通信さんで、これについて記事がアップされていました。

該当記事です↓↓
ルノー、八百長レースを認める: ブリアトーレとシモンズが辞任

今月21日にこのことについて、FIAで評議会が開かれると聴いていましたが、
その前に、ルノー側がこの疑惑について異論は無い、としたそうです(@_@;)
※評議会は予定通り、開かれるそうです

ちょ。え。まじで。

ま、まじでぇえええええええー!!!!!!!

まさか本当だとは思わなかった(汗)
ピケジュニアが嘘を言っているとかではなく、
ちょっとした意見の行き違いかなーぐらいに思ってました。

だって、クラッシュを意図的に指示って、
そんなことはありえないと思っていたから。

チームオーダーとか、うにゃうにゃはよくありましたが
※チームオーダーは今は禁止事項だそうです
でもクラッシュってさ。。。

悪質すぎる。。。

下手したら、怪我をされる方や、亡くなってしまう方も
でた可能性があるのに

とりあえず、続報を待ちます

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

公聴会、開かれましたね。
そして、ルノーへの処罰内容が決定しました

ルノーF1チームに対するWMSC臨時会議 裁定全文: FIA公式プレスリリース

ルノーに寛大な処分: 世界モータースポーツ評議会
※上でリンクさせていただいた、F1通信さんの記事になります。
※F1通信さんでは、他にもクラッシュゲートについての記事があります

正直、びっくりしました。

2年間の執行猶予付きですが、
事実上、チームに何も処罰がないって・・・

今までだって、チームがあずかり知らぬところで
不正があったとしても、
全体責任として、チームへの処罰はしていました。

ブリアトーレやシモンズへの処罰はとても厳しいものだとは思いますが、
でもルノーチームに何もないというのはちょっと・・・

マクラーレンやホンダなどに、
今までしてきた処罰は一体なんだったんだ、という気になります。
今までの事件1番、F1に対してダメージを与えた事件のわりには、
ちょっと処罰が甘すぎる・・・

もしくは、2年間の執行猶予っていうことは
シモンズが抜け、ブリが抜けて弱体化しても
2年間撤退は許さないってことなんですかね??

今の状況だとそっちの方が、厳罰(え)??
関連記事
スポンサーサイト

2009/09/23(水) | モータースポーツ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/163-d4a87fce
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。