QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 26話 江漣 感想 + 総括

とうとう終わりました、ファントム!!

色々動揺しているので
いつも以上に感想がとりとめもなくなっていますが
それでも大丈夫な方は、moreからどうぞ・・・!!!
※管理人は原作未プレイです

まずは、これは書かないと


マグ様登場場面があって、本当によかったデスо(ж>▽<)y ☆



・・・え、これ?というツッコミは却下です(え)
管理人的には大問題だったのデス。


下手すると最後まで登場場面がないかなーと思っていたんですが
ちゃんと登場してくれました・・・!!!!

マグ様の生存確認ができただけで、もう十分です(≧▽≦)
しかも、1話登場場面と同じく、
オサレ風呂に入りながらシャンパンを飲んでいましたしvvv

1話でのマグ様登場場面を見て、、
まさか原作がエ/ロゲーのアニメで、
男性キャラの入浴場面※大切なところは泡で隠したZE!!的な
場面がでてくるとは思わなかったので、大層びっくり&いやっほう( ´艸`)
となったのを思い出しました(笑)

でも1話と違うのは、その時マグ様の周りにいた側近
サイスや、クロウディアやワイズメルはもういないんですよね。。。
マグ様一人だけ。カワイソス(´・ω・`)

が、それでもオサレ風呂を満喫しているマグ様を見て、
インフェルノのトップであるマグ様の残酷さを垣間見た気がしました。
マグ様、てっきりただオサレなだけであんま強くないんじゃないかと
思ってたんですが(え)、やっぱりそこはインフェルノのトップでした。
この残酷さがラストのあの場面に、つながっていくんですが。。。

マグ様の中の人、千葉進歩さんの演技も
綺麗なんだけどドスが効いててマグ様の怒りが伝わってきて
ガクガグブルブル(((( ;°Д°))))になってました。
進歩さんスキーなので、この場面はお気に入りですvvv


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

量産型ファントムとの対決で、
レイジがキャルのオルゴールをトラップに使って
量産型ファントムを倒した場面で、
レイジがキャルに「最後まで頼って、ごめん」
ていうところで、
最終回にキャルのことがチラッとでてきて、
うわああああん(T_T)よかったよ・・・!となったり

サイスとの決着で、エレンが自分の意志で、
貴方が憎いから、あの人を傷つけた貴方を許せないからと
サイスに銃を向けた場面では、
レイジと出逢ったことでちゃんと自分の意志を取り戻せたんだなと
なんともいえない気持ちになったり。

サイス=マスターが満足そうに死んでいったのは
自分の筋書き通りにはならなかったエレンを見て、
これこそ成功だ!!!私の追い求めていたものだ!!
と満足したからかな・・・
流石、変態(@_@;) と思ったり


サイスをエレンが涙を流して撃つ場面は
本当に綺麗で、
自分の心を守るために感情や意志を封印してきたエレンが
自分の意志で銃を撃てるようになったことの重みを感じたり
(サイスの相手がレイジじゃなくてよかったです。
やっぱり、エレンに決着をつけて欲しかった。)

エレンの故郷をみつける旅で
エレンが空を見上げて
エレン「ここまでで、いい。この空に見覚えがある
何度も夢にみたことがある。それだけで、もう」
言う場面では、
空を見上げるエレンがとても綺麗で、
何度も夢にみた空をみつけたことに
よかったあああ・・・!!!と思いながらみたり。

その後、
あなたとの記憶だけあれば十分に生きていけるというエレンに対し
君の本当の笑顔を取り戻すというレイジの独白を見て、

過去に幸せな記憶があるからもう大丈夫と
不確定な未来ではなく過去を向いてしまっているエレンが
君を本当に笑わせると未来を向いているレイジと一緒にいることで
いつかエレンも、記憶があれば十分ではなく
あなたの笑顔を守りたいとか、
そういう未来への希望をもって生きていけるようになるのかなあ・・・!!!

多分そう長く生きれないと思うけど(殺し屋だしね)
でもそれでも2人には、幸せを掴んでほしいなあ・・・!!!


と思っていたら


そうしたら


あれ。ちょ。なんか、プシュッて音が


って、レイジが倒れたってええええええええ・・・!!!!


になったので、

今までの感動がすっとんだ(汗)


幸せを感じている瞬間にレイジが死ねたのは
よかったのかもしれないけど。

安易にみんな幸せハッピーエンドならば
残酷なまでに救いがないバッドエンドを選びます。
でも、同様に安易な死亡やバッドエンドは嫌いなんですよね(汗)

悲しくて切ないけど、でも素晴らしい死亡エンドやバッドエンドは
いつまでも心に残り、
ハッピーエンドがかすむほどの印象を抱くし、、
死亡やバッドは、好きなキャラが死ぬってだけで
見ている人には衝撃を与えてしまうので、
だからこそ、死亡エンドやバッドエンドはハッピーエンド以上に
丁寧に描かないと、見ている人に何も伝わらないじゃないかと思います。

ちょっと最後、唐突すぎたと思います。
レイジを死亡させるなら、もっと丁寧に描いて欲しかった。
せめて後5分・・・
どうとでも解釈できるラストを呈示するなら、それなりの描写がなければ
見ている人は、ぽかーんってなりますし。。。

ファントムは必要以上のことをわざと描かなかったアニメですが、
でも必要なことはちゃんと映像で表現していました。
だらこそ、ラストのあの唐突な死亡エンドは、
最後にとってつけたような印象を持ってしまいました。

他のアニメはわからないけど、ドラマや映画だと
幸せエンドだと思っていたら、死亡エンドでしたって結構あるので
最後の最後に、ありきたりなエンドになってしまった。。。という印象があります。
視聴者にラストの展開をぼかして、
ご想像にお任せしますラストも他の作品で山のようにありますし。

ちゃんとレイジとエレンを描いてくれたら
ありきたりなエンドとは思わなかったと思うんですが。残念・・・



が、これだけだとなんなので


管理人的に、最後の場面を補完&妄想してみました(笑)
いや、だって半年見続けたアニメなので、最後はちゃんと自分の中で終わらせたい(汗)


ここから先、管理人の解釈&妄想なので
ここは違うという突っ込みは無しでお願いしますm(__)m
このラストは見ている人によって解釈が全く違うものになると思いますし。


まず、マグ様のお風呂場面での発言で

マグ様「そうか、サイスとファントムが」
執事「いかがなされますか?」
マグ様
「旧態依然としたシステムを破壊し、新たな秩序をつくるのは、若さだ。
儚く散りゆく花、存在さえしない亡霊、たとえ泡沫の夢だとしても
・・・我々にはなすべきことがある」



我々にはなすべきことがある。っていうのは
理由がなんであれ、インフェルノを裏切った
エレンとレイジを生かすことはできない→暗殺指令
だと思います。

マグ様としては、サイスをエレン達がが倒すのは
新たな秩序をつくるのは若さだし、そこまで気にしていない。

それに、彼らファントムという存在は
儚く散りゆく花であって、存在しない亡霊でしかないので
インフェルノの敵に回らない限り、そんなに脅威には思ってない。
(ここ、よくわからなかったので適当です(汗))

でもインフェルノの裏切った者を生かすことはできない。
そんなことをしても意味はない=泡沫の夢だとしても
でも、なすべきこと=暗殺実行はしないといけない

ってことかな。凄い適当(汗)


なので、最後にレイジを撃ったのは、インフェルノの刺客

生存本能バリバリのレイジが撃たれてしまったのは
(レイジならば気付く)
サイスとの戦いが終わり、エレンの故郷がみつかったことで、
これからは暗殺者として生きるのではなく
エレンの本当の笑顔を取り戻すために、生きていこうと
幸せな気分でいたから、危険を察知する能力が一時的に鈍ってしまったんじゃないかと。

撃たれた後、夕空を見ながら
幸せで満足そうだけど、泣きそうな顔をしていたレイジは
何を感じながら死んでいったのな。。。
ただ、エレンの笑顔を切望しながら死んでいったのかな(T_T)

そしてエレン

見ているときに、同じ場所にはいないと思いました。
ちょっと離れた場所にいるのかなと。

なのでエレンとレイジはちょっと離れたところにいる。
(サイレンサーの音や、レイジがいきなり倒れたことには気付かない距離)


レイジが刺客によって撃たれ倒れたちょっと後に、
エレンはレイジの方を、本当の笑顔を向けて振り返ったところで
刺客によって暗殺されたのかな、と思います。

エレンが暗殺者に気付かなかったのもレイジと同じ理由。
自分のルーツをみつけられて、
レイジとの記憶があればそれだけで生きていけると
そう満足してた彼女もまた、
危険を察知する能力が鈍ってしまっていた。

夕空にとけていくエレンの笑顔の後に流れた
草むらにねっころがって夕空をみているエレンは
初めに見たときは、空をみているのかな、と思ったんですが
よく見ると、微動だにしないし表情も無い

その後映った花には一つ花びらが無いのは
初めはレイジが死んだという暗喩かな、と思ったんですが、
エレンが暗殺されて死んでしまったということかなと思っています。

そしてラストにうつる薬きょうが一つ。

これも初めレイジを暗殺した薬きょうかな、と思ったんですが
でもレイジの場合、サイレンサーで銃の音の演出がありました。
ファントムは必要以上に描くことをしないので、
サイレンサーの音&レイジが倒れる=レイジが暗殺された
ということを描いているとしたら、
ラストの薬莢は、エレンが撃たれ暗殺された、ということを
暗喩しているのかな、と思います。


なので、管理人の好き勝手な解釈は

マグ様、エレンとレイジに暗殺指示

レイジ暗殺される

エレンは、レイジが取り戻したかった本当の笑顔で
レイジがいる方を振り向いたところで暗殺される

エレンは故郷の夕空を見ながら、
最期を迎える
(血を流している描写がないのは、お約束で)



ってことかなー

レイジが切望していた、エレンの本当の笑顔
エレンがレイジに振り向いた時に、
本当の笑顔だったので、レイジがその約束を果たしたんですが、
でも、レイジにはその笑顔が届かなかった
多分、レイジはエレンの笑顔を見ることなく、死んでいったと思います。

そしてエレン
振り向いて撃たれたなら、レイジが死んだことを知ったはず
あなたのいない世界には生きていたくないって前にいってたので、
多分エレンは、レイジとの記憶があれば生きていけると独白でありましたが、
レイジがいない世界に積極的に生きていようとは思わないんじゃないかと。

なので、エレンは、自分の故郷の夕空を見ながら
レイジがいない世界に未練を残すことなく、
これだけあれば生きていけるといった、レイジとの記憶を胸に抱きながら、
最期の時を迎えたのかな、と思っています。

キャルは、教会でレイジと対決して殺されたけど、
でも最期には唯一ずっと欲しかったレイジのことを手に入れて
もうこれ以上いらない・・・と死んでいった

ファントムアニメの副題は、
Requiem for the Phantom
ファントムへの鎮魂歌


この物語は、ファントムとして生きることしかできなかった
エレンやレイジ、キャルへの鎮魂歌である


よし。納得できた。うん。


個人的に納得できたから、オールオッケーだ!!!



【総括】

感想、途中書かなかったですが、
なんだかんだいって、楽しくみていました。

見たきっかけは、ニトロプラスだからという理由だけでしたし
(妹ブランドのキラルが好きなんですvvv)
黒田さんが脚本ということで、
ダブルオーが頭をよぎって、大丈夫なのかな??と思ってたんですが(オ)
でも、最後まで見続けてよかったな、と思います。

最後にえええええ!!!となりましたが
それ以外は、総じて質が高かったんじゃないかな・・・

マグ様のオサレにえええええ!!となったり
クロウディアの太ももだと思ったら、マグ様の太ももだったり(@_@;)
サイスの変態ぷりには大笑いしましたしvvv

作画も、多々崩壊してましたが、
でも重要な場面やドアップの静止画は
綺麗だったので、押さえるところはちゃんと押さえてくれましたし

ファントムで特に好きだったのが、演出でした。
特に、「静」の部分の演出が好きでした。
音楽もファントムの世界観にとてもあっていたのもあると思います
(ヤ/ク/ザ音楽とか笑えるのもありましたがvvv)
サントラ欲しいなあと思いました!!!

全体的に、ターゲット層の年齢が高かったと思うので
説明過多な部分が無く、また、静かで厳かな雰囲気だったなあと思います。
大人のためのアニメ、という感じでした。

またこのアニメでも声優さんって凄いなあと、思いました

エレン役の高垣さん、管理人存じ上げなかったのですが
底力がある声優さんだな!と思いました。
エレンの演じ分け、本当に凄かったです!!!
これからどういう風に役者として大きくなられるのか、
とても楽しみです・・・!!!

そしてレイジ役の入野さん。
正直、ファントム見る前は、すげえええ!!と
思うことはあまりなかったんですが(え)
でも、レイジが普通の学生から、
暗殺者へとだんだんと変わっていくところや、
感情をむき出しにした場面など、
入野さん、凄い・・!!と思い知らされました(*^_^*)
これからの活躍を楽しみにしたくなりました!!

キャル役の沢城さん。
流石だな、と思いました。
管理人の好きな女性声優さんのお一人なんですが、
演技の幅も広いし、キャラの心情の演技もとても上手いし
小さい頃のキャルの可愛さ
ドライとしての残酷さの中にある、キャル本来の、純粋さや素直な心
そしてレイジへの葛藤
とても難しいキャラだったと思いますが、
全力で表現していただいたなという感じです。
これからも追いかけますvvv


もちろん、千葉さんズや久川さんなど、
ベテランさんの演技も凄かったです・・・!!!

進歩さんはマグ様のあの、なんともいえないオサレだけど
でも残酷さもあるインフェルノのトップとして演技を、
一伸さんは、変態、サイス=マスターにぴったりの演技を
見せ付けてくれたなーと思います。

ヘイ・・・じゃなかった、志賀役の保志さんも良かったなあと思います。
個人的に、保志さんって美少年役もいいですが
(空の境界の里緒、素晴らしかったです・・・!!!)
青年役も結構好きです・・・!!!

クロウディア役の久川さん。
クロウディアの悪女の側面や、
リズィの前でみせる女友達としての側面
またインフェルノの幹部としての側面や
ロメロを想う側面・・・
色々なものを内包するキャラの微妙な心情が
演技に現れてて、本当に凄いなあと思いました!!
リズィがクロウディアを殺す時、リズィに
「ごめんね」っていうところの演技が特に大好きです・・・!!

クロウディアがとても好きなキャラになったのも
久川さんが演じてくださったからだと思っています。
久川さんの悪女役にはまりましたもん、管理人vvv
是非、是非他の作品でも悪女を演じていただきたい・・・!!!!

そして、前半ではOP、後半ではEDを歌われた、KOKIAさんもこの作品で知ることができました。
ガンスリンガーガールのOP曲は好きだったんですが
アーティストの方まで調べなかったんです。

でもファントムの感想を調べているうちに、
KOKIAさんのことを書いているブログにぶつかり、
そこでは、フランスでもとても人気がある方で、
まさに本物の歌姫といっていい実力の持ち主であって、
この人の歌を聞くと、日本で歌姫って言われている人達の曲は
聴けなくなるほどすごい・・・!!と絶賛されていたので、
試しにアルバムを借りてきたんですが

これが、凄い・・・!!!
凄い上手い・・・!!!


声がとても透き通っていて透明感がとてもあって
そして歌唱力が凄く高い・・・!!!
歌を聴いていて、これは本当に歌唱力が高い人ではないと
歌いこなせないよ!!!という歌も沢山収録されていました!!
これは、普通の人はカラオケでは歌えない(笑)
※もちろん、私達のような普通の人でも歌える歌もありますよ!!

KOKIAさんの曲を聴いていると、
音楽って本当に素晴らしいと思えます。
彼女自身、音楽がとても好きなんだなあという気持ちも伝わってきますし!!

まだアルバムを聴いたことがない方、
まずはベストアルバムのpearl-The Best Collection-を聴いてみてください(*^_^*)


総評はこんな感じです。

半年間、スタッフ&キャストの皆様
お疲れ様でした&ありがとうございました!!

また、ファントムの感想ブログの皆様も、
楽しい感想をありがとうございました!!
トラックバックなどでもお世話になりました(*^_^*)

最後に、途中の話数の感想がないにも関わらず、
管理人の拙い感想を読んでくださり、ありがとうございました!!
またお付き合いしていただければ幸いです。

独り言
ファントムの後番組が、あまりにも違う雰囲気のアニメで笑った(オイ)

関連記事
スポンサーサイト

2009/09/25(金) | Phantom ~Requiem for the Phantom~ | トラックバック(15) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

かぼちゃ

『』

 なるほど、そういう考えもありますね。 でも、個人的には2人仲良く殺されるより、エレンだけ生き残ってるほうが鬱っぽさは増す様な気がしますw
 結構このEND悪い意味で評判になってますねw 
某便所の落書きには「黒田ゆるさなぇ」、「原作の真ENDかと思わせておきながら最後の三分で鬱ENDに突入」など色々参考になる話が載ってましたw 
 つまり原作では救われているわけです。良かったです。
 
副題については僕もずっとそう思ってました。「人狼」しかりレクイエムという単語が紹介文や副題にのっていたら今後は視聴を控えたいと思っておりますw

 長文ご苦労様です。僕にはこんなに書けませんw それではまた遊びに来ます。失礼します。。

2009/09/27(日) 11:58:08 | URL | [ 編集]

『☆かぼちゃさんへ☆』

コメントありがとうございます!!
嬉しいですо(ж>▽<)y ☆

>  なるほど、そういう考えもありますね~

確かに、2人綺麗に死ぬより、エレンのみが生き残るほうが
鬱度は高いですね。
あのラストは、見ている人がそれぞれが納得できるように
解釈するのが、一番良いと思います(*^_^*)

>  結構このEND悪い意味で評判になってますね~
>つまり原作では救われているわけです。良かったです。

原作で救われていたなら、余計にあのラストは
色々な解釈をもたらしそうですね・・・
 
> 副題については僕もずっとそう思ってました。~

副題を見たとき、なーんか嫌な予感はしていたんですが、
まさか本当にレクイエムになるなんて思わなかったので
ちょっとびっくりです(汗)

>  長文ご苦労様です。~

いえ、ただつらつらと考えていること書いてるだけですし、
本当は、短い文章で的確に内容を伝えることが
できるのが、一番良いと思います。
もっと精進します(汗)

>それではまた遊びに来ます。失礼します。。

ありがとうございます!!
ご訪問、お待ちしています(*^_^*)

2009/09/28(月) 00:11:47 | URL | [ 編集]

白夜

『』

夜なかなか寝つけずにTVをつけた時
偶然このアニメに出会いました。
あれから半年のめり込んでPhantom見ていました。

原作やゲームがあることも最終回見終わってから知りました。

最後のエレンをどう解釈したらいいかわからなくて
ラストシーンを何度も見返しました。
生きてるようにも死んでるようにも見えて。。。

この2、3日いろんな人のブログ、感想を読みましたが
このブログが一番納得できたのでコメントさせて頂きました。

過酷な人生を歩んできた二人だったから
個人的には幸せになってほしかった。。。
レイジが打たれた時は本当にド肝を抜かれました。
エレンは。。。腑に落ちなくて。。。

でもこのブログを読んで
この二人の安息は死ぬまで訪れなかっただろうし、
一番幸せな死にかただったんじゃないかなって思えました。

この作品とこのブログに出会えた事に感謝です。

2009/09/30(水) 21:38:35 | URL | [ 編集]

『☆白夜さんへ☆』

初めまして、白夜さん!!
コメントありがとうございます!!

記事は、自分がアニメを見て思ったことを好きに書いているので
読んでいただけるだけでも嬉しいのですが、
記事を読んで頂いた上に共感までして頂いて、本当に嬉しいです!!
ありがとうございます(*^_^*)

私も、やっぱり怜二が撃たれた場面は
初め見たときは、何があったか分からずに、
びっくりしてしまいました(汗)

でも色々考えるうちに、ファントムとして生きていた2人が、
「死という安息」を与えられたというのは
ある意味で、救いがあるし、幸せな結末だったのかなと思います。

原作ゲームは、今度はアニメ版のキャラデザで
XBOXで発売されるそうです(^_-)-☆

百夜さんのように、
偶然ご覧になった作品が、のめり込める程の素敵な作品だったって、
とても素敵だなと思います(*^_^*)
狙っても、のめり込めるほどの作品に出逢えるって中々ないですし。

またよろしければご訪問下さい(^^)v

2009/10/02(金) 04:02:03 | URL | [ 編集]

『感想』

なるほど、ラストはそんな意味でしたか。
死んだことに気付いていなかったと思いたいですよね。

僕は一章までは楽しんで観ていました。
二章に入って、レイジがチャラ男になって、
等身がおかしくてデジキャラットみたいなキャルが出てきて興醒めしました。
一章でレイジが溺れたはずなのに二章に入って普通に復活してるし(笑)
三章でキャルが年齢不詳の悪女になってて更にテンション落ちました。
二年であそこまで変わらないだろ!と、ストーリーに入れなくなりました。
作画は落ち着いてましたけどね。

ダーカーザンブラックを観た後だったので、余計に粗が気になったのかもしれません。

失礼します。

2013/07/17(水) 02:09:20 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/171-abe4d34f

ファントム-Requiem for the Phantom- 第26話「江漣」

また一つ、記憶に残るアニメが増えちゃったな。

2009/09/26(土) 00:57:12 | White wing

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第26話 江漣

 衝撃のラストでした。その後どうなったのか気になりますね。

2009/09/26(土) 00:57:59 | つれづれ

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第26話 「江 漣」 感想

4月からスタートのアニメで世界観や雰囲気で楽しんできた作品も今週で最終回。視聴者の満足の行くラストは迎えられるのだろうか。 二人にとって最後の戦い。 二対一という状況でも圧倒的な強さで勝利した江漣 勝

2009/09/26(土) 01:25:44 | 幻想領域 -unlimited delusion-

Phantom -Requiem for the Phantom- 第26話 「江漣」 (終)

キャルは悲しくも玲二の腕の中で息を引き取った。残る玲二と江漣を襲うサイスの 最終兵器達との戦いに突入のアニメ「Phantom -Requiem for the Phantom-...

2009/09/26(土) 03:03:50 | ゆる本 blog

Phantom~RequiemforthePhantom~ 第26話「江漣」

Phantom~RequiemforthePhantom~の最終話を見ました。第26話 江漣「俺は殺す、生きるために殺す」サイスが作り出した兵士達が攻めてきて、キャルが息を引き取る瞬間を見届けた玲二はエレンと共に戦う。「エレン」「行くわよ」二人で協力しながら兵士達を倒していく玲二...

2009/09/26(土) 05:42:28 | MAGI☆の日記

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第26話(最終話)「江漣」

 もがき続けた二人、多くの人々          感想も書かずに密かに(?)観続けていたphantomの最終話を観終わりました。  思えば、こ...

2009/09/26(土) 08:22:44 | アニメを考えるブログ

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第26話「江漣」

オレは殺す…生きるために、殺す――。 襲いかかる量産型ファントム相手に、玲二とエレン最後の戦い。 ファントム同士の戦いにご満悦のサ...

2009/09/26(土) 09:24:22 | SERA@らくblog 3.0

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第26話「江漣」

ファントム最終回 俺は殺す。生きるために殺す 生きる決意を新たにする怜二。その最後の相手はサイス。 正直サイス&ツァーレンシュヴェス...

2009/09/26(土) 10:46:56 | ドラマティックオンラインライフ

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第26話「江漣」(最終回)

ファントムもいよいよ最終回。 有無を言わせずの銃撃戦でスタート。 サイス切り札の量産型ファントムでしたが、 レイジはてこずったもののエレンはファントム無双。 圧倒的強さで難なく粉砕。 自分を撃てないというサイスにも鉛弾をぶち込み、 予想外というか…あ...

2009/09/26(土) 12:20:07 | のらりんクロッキー

(アニメ感想) Phantom~RequiemforthePhantom~ 第26話(最終回) 「江漣」

Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-4 [DVD]クチコミを見る いよいよ最後の舞台・・・。玲二とエレンに遅いかかるサイスの人形達。果たして二人はサイスの呪縛から逃れることが出来るのか・・・。 *今週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」では、「Ph...

2009/09/26(土) 12:32:07 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第26話『江漣』(最終回)

背筋を正して最終回に臨んだ作品は久しぶりな気がします。 そしてこんなに色々考えたり思わされた作品も久しぶりだったかもしれない。 様々な要因に巻き込まれ利用されてきた“ファントム”。 そうか…こういう結末を迎えましたか。 Phantom~Requiem for the Phantom~Mis...

2009/09/26(土) 23:02:29 | 風庫~カゼクラ~

アニメ★Phantom最終回・第26話「江漣」感想(続)

ラストの衝撃がようやく収まってきたので最終回、もう一度観直しての感想です。 ●アインとツヴァイどっちが強い?  ドライ(キャル)との早撃ち勝負では無類の強さを見せて勝利した玲二でしたが、  一度に複数の敵と対峙するツァーレン・シュヴェスタンとの対決では  ...

2009/09/28(月) 00:40:38 | 偏愛日記

Phantom~RequiemforthePhantom~第26話「江漣」感想

最終回。《送料無料》七瀬光(音楽)/TVアニメPhantom~RequiemforthePhantom~オリジナルサウンドトラックVol.2(CD)早速サイスが変態プレイ大爆発。ってかその面ではワイン飲みづらいのでは??エレンとサイスのご対面。なんか完全サイスがRPGでのラスボス状態だな。...

2009/09/28(月) 22:09:23 | 物書きチャリダー日記

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第26話「江漣」(最終回)

ついにサイスの変態も見納め! サイスのせいで悲壮感も何もない最終決戦がはじまりました。 サイスはいちいち言動が面白すぎです。 仮面が...

2009/09/30(水) 17:35:39 | 空色きゃんでぃ

ファントム 26話 「江漣」

生きる意味・生きた証を手に入れても続く永遠の螺旋

2009/10/01(木) 06:15:34 | 穹翔ける星

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。