QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空中ブランコ 2話 「勃ちっぱなし」 感想

見てみたので、簡単に感想を~!!
ネタバレがあるので、追記にします。

2話 勃ちっ放し  あらすじ (公式HPより引用)

ある朝、艶かしい夢から目覚めた区役所職員の哲也は
局部の勃起が止まらなくなってしまう。
藁をも掴む思いで伊良部を訪ねるが、伊良部は羨ましがるばかり。
女子高生のいる電車での通勤、
職場での同僚女性からのちょっとした頼まれ事の一つ一つが
社会的破滅に繋がりかねない危機的状況の中、
哲也は上司から区民プール落成記念の女子校生シンクロのビデオ撮影を頼まれてしまう。
仕方なくコートを着たまま撮影しようとするが…



今回は、伊良部が初めの方で、
感情を押し込めてるんじゃない?と指摘しているので、
物語の初めめで、哲也が勃起障害になってしまったのは、
言いたいことを押し込めてるから、ということが呈示されてました。
(※心因性で勃起障害にはならないそーです。)

なので、今回の話は抱えている問題にどうやって気付くか?ではなく、
その問題をどうやって解決していくか?の方が
重視されていたかな~と思います。

「言いたい、でも言えない・・・」な状態だった哲也。
職場の同僚女性からの無理な頼みごとも断らず。
別れた奥さんへ、自分の気持ちぶつけることはせず。

でも哲也が選んだのは、「言いたいことを全部ぶつける」のではなく
「言えないんじゃない、言わないんだ」ということ。

言いたいことを全部相手にぶつけるのは、
本人はすっきりするかもしれませんが、言われた相手が
傷つく可能性があるわけで、
哲也は相手を傷つけることは選ばなかったということかな、と思います。

言いたいと思うことは言う。
でも言わないと思ったことは言わない。

別れた奥さんに、ふざんけんなということはせずに、
でも同僚女性の無理なお願いは、きちんと断る
というラストになったのかなと思います。

このラスト、個人的に「なるほど~」と思いました。
普通だったら「言いたいことをいえるようになりました」になりそうな
ところを、「言わないという選択肢を持つ」にしたんだな~と。

結局は、自分の意志や望みに素直になることが解決策なので
勃起障害も解決~ということでした。



前回見た分、奇抜な演出には慣れたかな~

実写とのコラボ部分の質は高いとはいえないですが、
でもまあ、今回見ていてこの表現もありかな、と思いました。

サイケデリックな色彩は元々好きなので問題ないし、
伊良部が3人いるのも、アニメならではの表現だと思うし。

正直、声優さんの実写とコラボされると、
アニメ好きーとしてはちょっと変な感じになりますが(笑)、
でも声優さんの顔を知らない人も見ているだろうし、
声優さんファンの方の中には、嬉しい方もいらっしゃるだろうし。

2話は内容が勃起障害で、それにあわせた表現がすんごい面白かったので
最初から結構笑っていましたが。


ですが、この表現を原作付きである「空中ブランコ」で
やる必要があったのか、とはあまり思えないです。

原作を読んでいないので想像なのですが、
この作品は、毎回のゲストが伊良部と関わることで、
心の悩みを解消するという部分が、一番面白い部分だと思います。

でもこのアニメだと
表現方法が奇抜な分、それに作品がひっぱられてしまって、
その解消するプロセスが丁寧に描かれていない感じがします。


だから、抱えている悩みも、それを解消するプロセスも
軽い感じでしか伝わってこない。
最後に悩みが解決した時のカタルシスもあまりない。

このアニメを見ながら、原作だともっと
悩みを解消するプロセスが面白いんだろうなあと思ってしまいます。

もちろん、ノイタミナ枠のアニメとして
軽い感じでみれるアニメ、としてみるなら成功なのかなと思います。
普段アニメを見ない層に、「アニメっぽくないアニメ」として
見れるので、視聴する方もいるだろうし。

でも原作付きアニメで、原作の面白い部分を伝えていないのは
原作付きアニメとしてはダメだろうなあ、と思います。

なので、この演出方法でいくのならば、
オリジナルアニメでいくべきだったのではと思います。


難しいですね(@_@;)

多分好きな方は凄く好きな作品だと思うんですが
管理人はそこまで絶賛はできないかな~と思います。

でもなんだかんだで面白いので視聴は続けますが、
まだわかりませんが、感想を書くのは打ち止めかな~
関連記事
スポンサーサイト

2009/10/24(土) | 空中ブランコ | トラックバック(2) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

Q

『』

私も原作未読です。
原作を知らないで、原作通りにやってないから面白くないでは、ちょっとばかり自身の主観が入りすぎじゃないかな?とも思います。
どぎつい演出は結局、個人の好き嫌いが分かれやすい物です。
実際、原作通りで奇抜じゃない普通の見せ方もあったでしょう

これについて個人的な意見ではありますが、アニメとして原作を起こす場合
原作の味をそのまま奇抜さを持たせず描くか、
もしくは原作にアニメとして楽しませる為の試みを付属させるか、
私は後者のやり方が、この作品だと上手くいってるんじゃないかな?と思っています。

例えば障害に合わせたおバカな表現が出来るのも
写真の中で止まった哲也と元妻の時間を自らが動き出し、さようならをしたのも

抽象的ではありますが、私には心に訴えかける物が有りました。

勿論、賛否が付きまとう作品ですが刺激的で楽しんでます
ちょっぴり長い目で見てあげて下さいw

初コメなのに長文失礼しました。

2009/10/27(火) 21:19:22 | URL | [ 編集]

『☆Qさんへ①☆』

Qさん、初めまして(*^_^*)

丁寧で論理的なコメント、ありがとうございますm(__)m

ちゃんとした批判コメントって書くのは手間がかかりますが、
そういう手間をかけて、丁寧なコメントをして頂いたこと、とても嬉しく思っています。

ここからコメントへ返信になりますが、
Qさんの感性や感想を否定する意図は全くありませんので
その点は了解を頂きたいと思います。

また、ここまで丁寧なコメントを頂いたので
これは気合いれて返信せねば!!!と書いていたら
長くなりました(汗)すみません。

>原作を知らないで、原作通りにやってないから面白くないでは、
ちょっとばかり自身の主観が入りすぎじゃないかな?とも思います。


原作未読でアニメや映画を見たとき
「これは原作の方が面白いのでは??」と思われるときって
あると思います。

もっとここは面白い場面じゃないのか?
この謎はもっと面白くなる伏線じゃないのか?
この人物ってもしかしてとても重要人物だったのでは??

とか。

でも原作未読者が抱くこういう疑問は、原作を読んだ時点で解決します。

その場面は、原作でもつまらない場面だった。
この謎はもっと膨らませるべき伏線だったのに!!!
いや、その人物は実はチョイキャラでした(汗)

と、読んだらこんな感じで変化します。

でもじゃあ、原作を読んだから答えが得られるからと言って、
原作未読な人間が「原作の方が面白いのではないか?」
と思うことに意味がないとは、思ってないです。
また、原作を読まずに「原作の方が面白いかも」と思うのもダメだとは思っていないです。

それは、原作既読者の方は原作未読者としての感想を抱くことは絶対にできないからです。

原作未読者が思う「原作の方が面白いかも」ということと
原作既読者が思う「原作の方が面白い」は、全然違います。

原作を一旦読んでしまったら、未読者としての感想は二度ともてません。
だからこそ「原作未読者である状態」の「感想」は意味があると思っています。

私が原作未読な立場の感想を重視するのは
アニメに限らず、ドラマCDや映画、コミカライズなどの
原作からの派生作品に対して「1つの作品として独立していること」を
他の人よりも、求めていることが強いからです。

ですがこの考えは、メジャーな考えであるとは思っていないです。

原作を知らない人間が原作について言及することについては
不快感を示される方の方が多いですし。

恐らく、私の立場は異端に属すると思いますので、
そういう人もいるんだな~という感じで受け取ってもらえれば幸いです

続きます。すみません(汗)

2009/10/28(水) 07:18:03 | URL | [ 編集]

『☆Qさんへ②☆』

原作付きアニメについて、

私は原作の根幹を崩さなければ
オリジナルストーリー入れようが
オリジナルキャラを出そうが、いいと思っています。

アニメはアニメとして原作を表現する。

例えオリジナル展開になったとしても
結果的に原作の良さを引き出すものであれば、大歓迎です。

実際に、漫画などで原作に本当に忠実にアニメ化すると
つまらないですし、
逆にそういう作品をみるとなんでアニメ化したのかが
よくわからなくなったりします。

が、オリジナル展開も大歓迎な一方で、
例え原作に忠実に表現したとしても
原作の根幹が崩れてしまったら、原作付きアニメとしては、ダメだと思っています。

私は原作未読の立場で、空中ブランコを見て
恐らく原作の面白さであろう
「毎回登場する患者が、心の問題を解決していく」
という点があまり伝わってこない、と思いました。

どちらかというと、心の問題の解決よりも
奇抜な表現の方がメインになってしまっている。

だから、原作付きアニメとしてはどうだろう?と思いました。
奇抜な表現にするよりも、もっと違う演出方法の方が、
この作品にはあっていたのではないか?と。

もちろん、原作はもっと奇抜でぶっとんでるかもしれないので
原作既読の方は
「もっと奇抜じゃないと面白さが伝わってこない~!!」
と思われるのかもしれませんが。

ただ私は原作未読者として、原作付きアニメとしては
不十分と思っているだけです。


続きます。最後です~

2009/10/28(水) 07:20:50 | URL | [ 編集]

『☆Qさんへ③☆』


奇抜な演出方法は、実写のコラボ以外は好きですよ~!

伊良部が3人いる、というのはまさにアニメならではの表現だと思いますし!
サイケデリックな色彩も大好きです。
実は福井っちも好きですし(笑)心理学好きーなんで面白く聞いてます。

なのでこの演出方法でオリジナルアニメだったらよかったのに
とも思っています。


もちろん、この演出方法でQさんの様に
心に訴えかけられる場面がある方も沢山いらっしゃると思います。

見ていて賛否が分かれる作品だと思いますし、
多分、好きな人は好きになる作品だと思います。

でも私のように、まだもっと、心の問題の解決場面を
心に訴えかけるものにして欲しかった、という人もいます。

この点は個々人の感性ですし、
伝わった人は伝わった、伝わらない人は伝わらない
そういうことでいいんだと思います。

もちろん空中ブランコ自体はこれからも見ます~
ただ感想は、他作品で感想を書きたいものが
たまっているので、感想は書かないかな~と思っています。


は。すんごい長くなって本当にすみません(汗)

色々と描きましたが、こんな奴がいるんだ~的な感じで
読んでくださったら幸いです。
また、私の考えはちょっとやっぱり、異端なので、
その点も考慮いただければいいなと思っています。

読んでてご不快に感じられる点も多かったと思います。
すみません。
決してQさんを否定しているのではないことは
了承頂きたいと思います。

もしよろしければ、またのご訪問をお待ちしています(*^。^*)

2009/10/28(水) 07:22:43 | URL | [ 編集]

Q

『』

丁寧なコメントレス有難う御座いました

確かにこの作品は受け取り手に委ねられる部分が大きい
ので一定の評価は難しいですね..

どーでも良い事かもしれませんが
「~障害」の「~」部分が禁止ワードだったらしく
コメントを送信出来ずにかなり焦りましたw
また立ち寄らせて頂きます。

2009/10/28(水) 21:14:51 | URL | [ 編集]

『☆Qさんへ☆』

Qさんへ

コメントありがとうございました~!!
返信が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

> 丁寧なコメントレス有難う御座いました
こちらこそ、読んでご不快になられる部分もあったと思います。すみません。

> 確かにこの作品は受け取り手に委ねられる部分が大きい
> ので一定の評価は難しいですね..

多分どんな作品でも受け取り手によって様々な評価があると思います。
なので、自分が好きな作品を好きだと思ったり、
好きだと言ったりすることがとても大切だと思っています。
プロの批評家ではないですし♪

でも感想ブログさんを見ていると、ダメな人はダメですが
好きだ、面白いという感想ブログさんが段々と増えてきていると思いますよ~!!

> どーでも良い事かもしれませんが
> 「~障害」の「~」部分が禁止ワードだったらしく
> コメントを送信出来ずにかなり焦りましたw

まじですかっ!!!!意外です(汗)
もし禁止ワードに引っかかる場合は、
語句の間にスラッシュをいれたりすると良かったりす(ry)

> また立ち寄らせて頂きます。
是非是非、お越し下さい~!!

2009/11/23(月) 00:56:50 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/188-c27b2243

空中ブランコ 第2話「勃ちっぱなし」

今回の患者も腰が引けてます。 こういう症例もあるんですね(A;´・ω・) ただし精神疾患ではないそうです。 なんで痛いのかよく分からない...

2009/10/24(土) 20:06:26 | 空色きゃんでぃ

空中ブランコ 第2話「勃ちっぱなし」

「俺 言わない事に決めたんだ 言えないんじゃない 言わないんだ」 今回は田口@櫻井さんの登場! 自分の意志や望みに素直になる事! Upside Down...

2009/10/24(土) 20:47:20 | WONDER TIME

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。