QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

青少年保護育成条例改正案について考えてみた 1

本当は戦国バサラフェスの感想を早くアップしたいんですが、
そうもいってられないので(汗)
何ブログかわかんないなあ最近。。。
でも、でも、アニメ感想ブログとして、そして
創作物好きとしてこの問題は無視できないです。

・・・この改正案についてピンとこない方へ。
あれです、リアル図書館戦争の世界に突入するかもな
感じの法案です。

青少年保護育成条例の改正案に対する石原都知事の
「漫画・ゲーム・アニメは根絶する」等のとてもなんというか
香ばしい発言を読んだので、この改正案に反対って書いた以上
記事に書こうかなと思って調べてたんですが、
まあ、ちょっとネットで調べる内に
色々とページを見つけたので調べた内容を簡単に記事にしようと

まずはこちら
「第28期東京都青少年問題協議会答申素案及び都民意見の募集について」の結果概要

このページには都民から募った今回の改正案についての賛成意見と
反対意見がのっており、また反対意見には協議会からの意見がついています。

・・・反対意見への協議会からの意見を一方的に記事にするというのは
公正ではないと思いますが、このページをみていると、

協議会は
「(協議会が考える)青少年が健全に育成できる環境をつくるのは何よりも重要であり、
その為には他の権利が侵害されても仕方がない」

というのが基本姿勢なのかなと思いました。

それに対して管理人は、もちろん反対です。

だって彼らが目指す世界は結果的に
「青少年保護という綺麗な言葉を用いながら、実際に行われるのは言論統制であり
かつ、実際に現実の青少年が救われる保証はない」


なのですから。

続きはここから

・・・本音いうと青少年保護うんぬんっていうなら、まず
待機児童を0にしたり、産婦人科を増やしてくれよおお!!

また、青少年保護育成条例に反対する方々でわかりやすく説明されていたり
実際に行動されている方々の記事があったのでリンクを貼っておきます
(まあGoogle先生で検索すれば上の方にでてくるんですが(汗))

■[法律][政治]東京都青少年育成条例改正案における表現規制の危険性について語る
空気を読まない中杜カズサ 管理人 中杜カズサ様)
この法案の問題点がわかりやすく説明されています。


「青少年健全育成条例」の改正「答申案」への反対意見(参考リンク集)
大丈夫、それは2次元だよ。人が傷つく事はないさ。管理人 茗荷汁様)
署名活動のリンクやどのような視点から表現規制に反対するかの記事があります。


【パブリックコメント】第28期東京都青少年問題協議会答申素案に対する都民意見【青少年問題協議会の暴走を止めよう】
弁護士山口貴士大いに語る 管理人 山口貴士様)
弁護士の方ということもあり、法律上の観点からこの改正案への反対意見が述べられています
論理的でわかりやすかったです

※当たり前ですが、署名活動などは御自身の判断でお願いします
 管理人は責任はとれません。

本当は石原都知事の発言について書こうと思ったのですが、
調べていくうちに 協議会の方々が大変香ばしい方々だったので(汗)
そちらを記事にしました。

今更知りました・・・!!!本当に今更だ・・・!!すみません

・・・あ、石原さんへの反論は
え、創作物全般ですよね?映画や小説はもちろん入りますよね規制対象に。
てか日本は芸術作品は除くって言ってないから貴方が認めなくても
入りますよ(キラッ)
てか、東京マラソンをのほほんと開催するほど危機管理ができないなら
都知事を辞めてほしい。都民の一人としてとても怖い・・・。


・・・青少年保護育成条例を初めとした
表現規制派の中にでなんで表現の自由を守りつつも
児童を守るためにどのようなことが出来るかを考える
方がでてこないんだろうと思っていたんですが、

上でリンクを貼りました、東京都の今回の改正案について都民から募った意見に対しての
協議会の反論の記事を読んで、この人達は「表現の自由」に対して
すこぶる無知で何も考えていないからなんだなあと。だから、でてこないんだろうなと
(・・・実際は表現規制派の人達の中にも、
表現の自由を守りつつも、児童の権利を守る為に奔走する方々も
沢山いらっしゃると思います。ただ、表にでてこれないだけなんだろうなと)

でこのページについてなのですが、うーん。
・・・これは何とも言えない形式で・・・

まず、賛成意見に対して反対意見を詳細に書いていない

まさか一文だけで送る人はいないだろうし、
すごい端折っているなあという印象。

そして一番まずいのは
反対意見に対する協議会の意見を乗っけているということ


ということ。
だったこの記事書いたのって東京都でしょ?
自分たちが反対できそうな部分を抜粋(もしくは改ざん)し
で、自分たちの反対意見だけ載っける


改正案に反対した方々の反論の機会は無しに

これは公正ではないです。
明らかに、協議会の意見に誘導する記事と言ってしまって良いと思います。

また反対意見も論理的ではなく、証拠を述べていない
裁判で判決があるってどんな裁判で?それに対する意見は書かないの?とか


で、上でも簡単に書きましたが、
この改正案への反対意見に対する協議会の反対意見を読んで思ったのが

彼らの中では「(彼らが考える)青少年が健全に育成できる環境をつくるのが第一で
その為には他の権利が侵害されても仕方がない」

ってことなのだろうと。

表現の自由っていうけど、でも青少年が健全に育成できるなら
全部我慢すべきだよね?だから成人指定すればいいってわけではなく、
そんな創作物は消えるべきだよね?


という姿勢だと思うので、

そりゃあ表現の自由の侵害だ
っていっても彼らには通じないんだろうなあと


だって彼らが考える青少年が健全に育成できる環境は全ての権利に勝るのですから


管理人も、子どもはみんな、健全に子供らしく成長してほしいです。
周りのことや、大人のことやお金のことなんて考える必要なく、
ただ、「子どもらしく」成長できる環境にいて欲しい。
・・・正直、管理人は恵まれている環境ではなかったので
もしすべての子どもがそうやって生きていけるなら
それは歓迎したいです。

協議会の方々もただ、青少年が健全に成長して欲しいのだと思います。多分。

でも、協議会の方々が目指す世界は管理人には受け入れられない。
創作物のコントロールを公権力が行うことは、つまり言論統制。
エロ本だけが関係あるんでしょ?というわけにはいかないです


だれがそれをわいせつ物だと判断するの?
それは現場なんじゃないの?

つまり
「青少年保護という綺麗な言葉を用いながらも
実際に行われるのは言論統制」

である

ということが大問題なのですよ。


彼らにとっては表現の自由は重要ではありません。

ですが、管理人にとっては表現の自由はとても重要です

そして管理人だけでなく、創作物に関わる方々、報道に関わる方々は当たり前として、
他の沢山の人達、それは現在だけでなく、過去にも沢山の人達にとっても、
ー表現の自由を求めて戦って、中には亡くなった方も沢山いらっしゃいますー
表現の自由が大切であると思います。

そして表現の自由は国民に認められた権利です。

管理人は彼らの意見も認めるし、彼らが意見を表明することも良いと思います。
それは表現の自由であり、言論の自由だからです

でもそれと同時に私にも意見を言う自由があります

・・・なんでこの法案はもっと議論できないんだろうと。
とても重要な問題なのに、なんでもっと社会にその問題点が提示されないんだろうと。
もし、もっと議論が深まれば、もっと社会全体の問題として取り組めば
もっと建設的な意見もでるかもしれないのに。


・・・これ管理人の私見なんですが
協議会の方々は本心から青少年が健全に育成できる環境を望んでいらっしゃるんじゃないかなと思いますが(但し、彼らが望む世界を受け入れることはできない)、
それを利用して規制強化をしたい人達がいるのかなと思ったり・・・
表現物規制だけでなく、アクセスコントロールとかってなんかもう
利権問題だよねと思ってしまう。。。確実にお金からんでるよ・・・ね??協議会の方の偏見や差別発言などをみる限り、彼らは自身の正義に溺れているだけなんだろう
関連記事
スポンサーサイト

2010/03/04(木) | 青少年保護育成条例改正案について | トラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/214-6960ae7b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。