QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

青少年保護育成条例改正案 継続審議へ

とりあえずは、一安心。(3月30日に正式決定)

ですが廃案ではないので、「議論した結果、反対意見の方も納得してくれました」
っていう展開で、改正案をちょっと変えただけで通ってしまう可能性もあるので
引き続き見ていかないといけない問題です

継続審議って前代未聞なことらしく、
そうなったのは様々な団体が反対を表明したことと
1人1人が自分の意見を送ったから。
1人の意見は小さいかもしれないけど、それが集まれば大きな力になります。

がここでちょっと自分の表現規制についての考えについてまとめてみようと
メモ程度ですが纏めてみました。
また、ツイッターでの動きを見ていて思ったこともメモリました。

これらの続きはmoreからどうぞ!

※3次元創作物については詳しくないので割愛します。すみません。
※創作物規制なので、全創作物が対象ですよ~
 女性向けは関係無い、エ/ロがなければ良いって人も見かけますが
 多分今回の規制ターゲットは女性向けかと。
 
---------------------------------------------------------------

政治的な記事を書くって本当に難しいなあと思いました。

管理人の力量だとどうしても一方の意見になってしまうし、
リンク先の情報が正しいかどうかも判断する知識もない。

だからただ、管理人の意見を書くだけになったし、
管理人の意見だけだと、当たり前だけど偏るし。
なので色々とリンクを貼ることで、ちょっとは意見が補完できるかなと思ったけど
正直、規制賛成の方々のトンデモ論理を貼る気にはならなかったし。

でも今回、規制反対の動きが大きくなったことで
色々な分野の人たちが表現規制について意見を表明してくれるようになったのは良かったなと

やっと、議論をするベースが生まれたのかなと
今までは、規制賛成派がいきなり法案提出しちゃうから反対しないと!ってなってたけど
これでようやくちゃんとした議論する余地が出たかなと!

管理人は、科学的根拠をないがしろにし自分達の価値観を押し通そうとする人達とは
議論する必要は無いと思いますが、
それ以外の人たちとは議論することによって、よりよい表現規制が生まれるんじゃないかなと思っています。

嫌いだから規制賛成、好きだから規制反対ではなく

色々な意見を見ていて、管理人的に一番中立の立場で書かれているなあと思う
意見のリンクを貼っておきます

Economics Lovers Live (管理人:田中秀臣さん)
※先生つけるべきか迷いましたが「さん」にしました。
規制賛成派のトンデモ理論に言及しつつも、規制反対の過熱姿勢にも言及されています。

田中秀臣さんによる東京都「非実在青少年規制法案」問題へのツイートまとめ
ツイッターでの田中さんの発言を一部纏めたものです。

こいう意見がでてくる余地が生まれたことは、本当に嬉しいなと
やっときたよここまで!という感じです

ちなみに、各団体が表明した反対意見で一番分かりやすくかつ納得したのが
図書館協会がだした
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」について(要請)
です。
リアル図書館戦争と思ったのは内緒(笑)

自分的メモを兼ねてますので論理的ではないですし、感想程度です

管理人の立場

児童ポルノ根絶には心から賛成してるし、子どもの権利は守られるべきだし
守って当然だと思っている。

でも今回の改正案では実際の被害児童が守られないから意味がないし、
安易な表現規制につながるから反対。
既に法案でポ/ル/ノ関係は規制されているわけだし、また自主規制もされているし。
※現状の児童ポルノ法案で逮捕者でてるし

表現の自由って内心の自由のもとにもなる
他人の意見を聴いて初めて自分の意見ができたりするし。
だから内心の自由って、実は表現の自由と表裏一体

また、報道の自由のもとにもなるし。
報道の自由ってかなり幅が認められてる。
なんでかっていうと「権力の監視役」って意味があるから

なので、表現の自由に権力が介入すべきでない、という考えは変わりません。
でもじゃあどんな表現でも「表現の自由があるから守るべきだ」とは
管理人は考えていないです。

例えば、意味の無い差別的な表現

差別的表現をあえてすることで、様々な問題点を呈示している作品は沢山あります。
何かを表現するために、あえて差別的な表現をするのは問題ではないと思います。

でも意味の無い差別表現は?

何が意味があるのかっていうのを規定するのは本当に難しいです。
でも、作品性に関係のない差別表現はできるだけしない方が良いと思います。
※この部分はゲームや映画や漫画など創作物では自主規制項目に入っています
 なので私達が普通に作品に接する時には凄い差別的な表現は無いです

表現って、表現するだけで相手にも自分にも、大小様々な影響をもたらします。

ある表現を見て、生きる勇気をもらったという人もいれば、
一方で傷つく人もいます。

多分、誰もがみて何も思わない表現があれば、それはもう表現としては意味がないと思います。

表現の自由に最大限配慮しつつも、やっぱりある程度は表現を規制していく必要があると思います。
それは自主規制によってであり、権力側が規制するべきではないと、思っていますが。

現状の自主規制やゾーニング。

世の中に出回っている作品は自主規制されたものです。
同人誌でも、同人業界の自主規制があります
(例えばコミケではスタッフさんが「見本誌」をチェックして表現を確認したりします)


今回の改正案の議論で、私も含めて色々な内容の創作物があることを知った人も多いと思います。
嫌な書き方をすれば、うん、下品だよねとか性的だよねとかそういう内容。

でもそのような創作物を見て、
「こんな内容の漫画があるなんて知らなかった。規制すべきだ」
って思ったっ人はちょっと待って欲しい

それは「普通に生活していれば見なかった・知らなかった」ということ
つまりそれは「ゾーニングが上手く行ってるから、見なかったし知らなかった」ということ


個人的に、ゾーニングは甘い部分も多いと思いし
表現の問題は社会で考えていかなければならないと思うけど、
各出版社や同人業界はちゃんと自主規制をしています。

無制限じゃないんですよ。

出版社や同人業界の自主規制を知ること無しに
こんな作品が野放しにっていうのは、乱暴な議論だし、
現実をみていない議論だとそう思います。

でもじゃあ今のゾーニングが十分かとは思っていないです。

管理人自体がゾーニングやレーティング問題について詳しくないので
これ以上は書きませんが(てか書けない)、
もっと良い方法がないかなと思います。

表現の自由って自由だけじゃないんですよね。

「表現の自由には責任が伴なう」

心の中ではなにを思ってもいいと思います。
でもそれを表に出した時点で責任が伴なうと思っています。


またツイッターで色々な意見を見ていて思ったこと

・意外に表現規制について知らない人が多いってこと
出版関係者も知らない人がいたりしたのは驚いた。
児童ポルノ法案のゴタゴタもあったのに、意外に知らないんだな~
もちろん知っている人は知っているけど、表現でご飯たべてるんだからさ、と思う。

またコミケに言ってる人達も知らない人がいるのにも・・・
うーん。コミケのパンフには表現問題についてのコラムもあるし、
また二次創作をするってことは著作権や表現の自由に敏感になると思うんだけど。

・知っても自分と関係ないって思うこと
漫画アニメなんていう文言はないし、図書館が反対してるんだから創作物全般なのですが。
エ/ロ見ないから自分達には関係ないからいいやって人も多いなあと。
一旦規制が入ると結構なし崩しに規制されると思うんだけど
関係ないって思った人は、いざ自分達が規制されることになった時に、
どう思うのかな~

・自分が嫌いだから規制して当然って人
表現規制派なこんな感じの人が多い。
でも、この態度って創作物スキーでもそうだなと
気持ちは分かるけど・・・
BLが好きで、成人ゲームもプレイするのに
ショ/タやロ/リや学園物の創作物はダメっていう人の意見は
よくわかんなかった。自分が好きなものは規制されないとか、
社会に認められてるとかって思ってるのだろうか。。。

・相手に対して自分の意見を強制したり、メール送るなど行動すべきだっていう意見
表現規制に反対するのは分かるけど、意見強制は逆効果だと思った。
相手を完膚なきまでに叩きのめすのではなく、説得するのが重要であるのに、
叩きのめしたら逆効果ではないかと思う。
(話が通じる人のみだけど)

また、行動すべきっていう意見も多かったけど。
ネットでただ反対意見を述べてても確かにあまり意味はないけど、
でも行動するかしないかは、個人の自由じゃないかなと思う。
人って周りに他の人がいれば、相手がやるだろうと思って何もやらないから
(責任拡散)言いたくなる気持ちはわかるけど、
ちょっと強制が強すぎたかなという意見も
もちろん、自分はやったよ!ってだけの意見の方が多かったけどね~

もちろん建設的な意見の方が多かったし
ここまで動きが大きくなった一因にツイッターとmixiもかな?もあると思うから、
ネットの善の面が凄く表れたのかなと思ってます。

でも一方で、議論が過熱しすぎる面もあったのは否めないと思います。
ちょっと行きすぎだよなっていうのはあった。
流れが速い分、過熱するのも速いのかなと

でも逆に言えば、冷静になるのも速かった(笑)
ちょっと冷静になろうよ!っていう雰囲気になると、だだだーっと冷静になろう!
って感じになったし

ネットで面白いなあとそう思った管理人でした!
関連記事
スポンサーサイト

2010/03/30(火) | 青少年保護育成条例改正案について | トラックバック(0) | コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/218-616d29b0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。