QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

薄桜鬼 第3話 「宵闇に咲く花」 感想

ということで見ました!薄桜鬼3話!!
感想書くように録画したんですが(保存用録画は水曜日に)

何度も繰り返し見てしまって、感想書き上げるのが遅くなりますた(´・ω・`)

だって、だって凄い綺麗だったんだもん・・・!!
あんな場面やこんな場面が、うわあああん!!


このままだとDVD買いそうな勢いです。
やばい、どうしよう。
でもどうせなら、ブルーレイでてくれないかな・・・
※DVDや動画配信の情報をまとめた記事はこちら 
 長くなったので別記事にしました

では3話感想はmoreからどうぞ~!!

※中途半端に薄桜鬼の謎は知っていますが、プレイしてないので
 全ては知らないです
 一部、本編謎に関係すると思われる部分は文字を反転しています
※ネタバレはご容赦ください
※アニメ本編で名前が明かされていないキャラは名前を伏せています


【OP前】

元治元年六月

池田屋に踏み込む近藤隊(近藤・総司・平助・永倉達)


近藤「会津中将殿お預かり新選組!詮議のため宿内を改める!!
手向いすれば容赦なく切り捨てる・・・斬れいいい!!」


池田屋キター!!!
今回も作画に気合入っていてこれは、期待大・・・( ´艸`)!!



【前半】


池田屋に踏み込み、池田屋に潜伏している長州浪士と
戦いになる近藤隊

大声で討ち入りを知らせる近藤さんに対して

総司「わざわざ大声で討ち入りを知らせちゃうなんて、すごく近藤さんらしいよね」
永倉「いいんじゃねえの?正々堂々と名乗りを上げる、それが討ち入りの定石ってもんだ」


総司と永倉~!!背中を合わせながらいうんじゃありません(/ω\)!!
萌えちゃうじゃないか!!


平助「自分を不利な状況に追い込むのが定石?」

近藤隊は1階の長州浪士を倒していきます


戦闘場面に見入る管理人。
ブルーレイででてくれないかな( ̄~ ̄)
女性向けってあまりブルーレイで展開って無いですよね・・・


一方で千鶴は四国屋にいる土方隊へと走ります


途中で敵がいないのは気にしない(オイ)
走れー!!走れ千鶴ー!!


サブタイトル「宵闇に咲く花」

総司と平助は池田屋の2階へ突入し、
2階のある部屋を盗み見ると、そこには
庭で新選組と長州浪士との戦闘場面をただ見ている、
金髪の男と大柄な男がいました。

平助と総司はその部屋へと入ります



キター!!!金髪キャラキター!!!
OPとEDで見た時から気になっていた金髪のお兄ちゃん。

キタ!キタよо(ж>▽<)y ☆
綺麗系な感じが大好きなんだ・・・!!

この時代で金髪っていうのも
結構気になっていたりする。
OPとEDで土方さんと因縁があるのかな?って感じだし(´・ω・`)
どちらかに加勢することなく、ただ戦闘をみているだけっていうのも
気になりますし・・・!!

本編で名前が明かされていないので

金髪の男と、大柄な男

のままで通します。

※管理人は名前は知っていますが、彼らが何者かは知りません~
 中途半端な知識だ本当。。。


一方で、四国屋にいる土方隊の元へ、
千鶴が到着します

千鶴「・・・本命は池田屋!」


走れ~!!池田屋まで走れ~!!


一方池田屋の2階では、平助と総司がそれぞれ
大柄な男と金髪の男と戦っています

平助 VS 大柄な男

平助と互角、それ以上にやりあう大柄な男

平助「バケモンか?」
大柄な男「よせ、私には戦う理由がない。君が引くならむやみに命まで奪うつもりはありません」
平助「あいにく俺らには理由があるってんだよ。長州の奴らを見逃すわけにはいかねえんだよ!」
大柄な男「頭から私を長州と決めつけるのは関心しません」

大柄な男が平助の額を攻撃し、平助は気を失います


ってことは長州ではないってことですかね??
平助がやられるって結構強い・・・!!


金髪の男 VS 総司

金髪の男「少しは歯ごたえがあるのだろうな」
総司「油断してると何も噛めない体になるよ」


キタ!キタ!!
すごいかっこいいいい!!
戦闘場面、すごいきれいいいいい!!
金髪の男がちょっと髪の毛を切られた場面とか大好きだ・・・!!


金髪の男は総司と互角、というよりそれ以上に強いかも~


金髪の男は総司の隙を狙い、蹴りで総司を蹴飛ばしました
蹴り飛ばされた総司は、喀血・・・


うわあああんん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
やっぱり血を吐いた・・・

今回のサブタイトルの「宵闇に咲く花」は
やっぱり総司の喀血なのかな(´・ω・`)


で、もしかしたら
↓以下反転 
総司の喀血って、薄桜鬼に関係しているものなのかな~と思います。
史実だと肺結核だけど(※池田屋で喀血というのは違うという説もあります。てか有力?)
今回の喀血は、薄桜鬼に関する理由かなと思っとります
↑反転終わり



土方隊が池田屋に到着し、隊士達に動きの指示をしますが
そこに応援を要請していた会津役人達がやっときます

土方「今頃来やがって・・・斉藤、中はまかせたぞ
腰の重てぇ役人共には新選組副長が直々に挨拶してやる」

隊士達は池田屋へと突入し、
池田屋の前には、千鶴と土方が残されます

土方「伝令ご苦労だったな。先手を打てるのはお前の手柄だ」


千鶴って結構役に立つ行動をしているんですよね~
土方隊へ池田屋が本命だと知らせるのが遅ければ、手柄はどうなっていたかわからない


会津藩役人「新選組か、ご苦労であった。後は我々会津藩がお引き受け致す」

土方「局長以下、我ら新選組御用改めの最中である。一切の手出し無用
・・・池田屋には立ち入らないでもらおうか。あんたらの為を思って言ってやってるんだ」



ぎゃー!!怒ってる土方さんかっこいいい!!
普段はツンツンしてても、仲間の手柄を守るために
行動するのは、凄い仲間思いだからだと思うんだ・・・!!



近藤隊に斉藤達が合流し、形勢は一気に新選組側へ
ですが新選組側も死傷者がでています

原田「よくやったな奥沢・・・立派な死に様だ」

一方、土方と会津役人達

土方「隊服を着てない奴がうかうか入り込んだら、中にいる隊士に切られるぞ。
命が惜しかったらここでじっとしてるこったな・・・
今一度言う、一切の手出し無用。」

見守る千鶴に対して、合流した山崎が

山崎「このまま役人が踏み込めば、長州浪士制圧は彼らの手柄。
先に踏み込んだ新選組の武勇などなかったことにもなりかねない」
千鶴「そんな・・・」
山崎「それだけ我ら新選組が軽んじているということだ。
副長はたった一人で新選組の盾となり仲間の手柄を守ろうとしている」



土方さんの背中がとても、カッコ良いんだ( ´艸`)
隊士達を守るって感じでとてもカッコ良いんだあああ!!


怪我をした隊士が池田屋の中からでてきて

千鶴「大丈夫ですか?」

怪我をした隊士に近寄る千鶴、中にはまだ怪我人がいると聴いて
思わず中には入りますが

永倉「お前なにやってるんだ?」
近藤「君はこんなところにきちゃいかん」



まあそりゃ言われる・・・


総司が血を吐いてると聴き、総司がいる2階へと行こうとする千鶴に対して
長州浪士が刃を向けてきます

千鶴「・・・!!」
ですが、間一髪で斉藤さんに助けられます

斉藤「あんたに死なれても寝覚めが悪いが、俺の仕事はあんたを守ることじゃない
勝手に飛び込んできたんだったら、自分の身ぐらい自分で守れ」
千鶴「・・・うん!」

決意して2階の部屋へ行く千鶴。
そこでは総司と金髪の男の対決が睨み合っていた


ここら変、なんで無事とか、なんで助けてくれるっていうのは
乙女ゲーだからと、主人公補正だからしょうがないんだ。
どー考えても自分の身は守れないと思うけど、まあ良いんだ
※戦闘はもう終盤に近づいているし、新選組が優勢なので
 そこまで身の危険はないのかもしれません

助けた斉藤さんがカッコよかった~!!
から良い・・・!!


【後半】


金髪の男 VS 総司


総司がおされています・・・
やっぱり喀血が響いているのかな(ノ◇≦。)
息が苦しそうだ・・・

千鶴「沖田さん!」
金髪の男「この程度の腕か・・・
お前もそ奴の仲間か。邪魔立てする気ならお前も切る」

それを聴いて千鶴を庇う総司

総司「あんたの相手は僕だよね、この子に手をださないでくれるかな」
金髪の男「おろかな。そんなざまでは、盾の役にすら立たん」
総司「僕は役立たずなんかじゃない・・・!!」
千鶴「ダメです!血を吐いてるのに・・・」


ここも戦闘場面綺麗でしたо(ж>▽<)y ☆
役立たずじゃないっていう総司に涙がでりゅ(ノ◇≦。)


金髪の男「ふん・・・お前達が踏み込んだ時点で、俺の勤めも終わっている」


勤め???気になります~
新選組が来た時点で勤めが終わる・・・メモメモ

金髪の男は総司達を一瞥し、去っていきます
総司「僕はまだ・・・戦える」
気を失う総司


去り際の金髪の男がカッコいいんだ!
総司は役に立てないってことに、なんでこんなに
強迫観念的に怖がるんだろう・・・


一転朝。

池田屋にいた尊皇攘夷の過激派労士は捕られましたが、
新選組の被害も小さいものではなかった。
死亡1名。重傷2名・・・そして沖田が喀血・・・

なんで自分を守ってくれたと
戸板で運ばれる総司に聴く千鶴。
邪魔になるなら殺すっていうのにと疑問に思う千鶴ですが

総司「そういえばなんでだろう」


多分、なんでだろうがその先の感情に行くんじゃないかな。

誠の旗印が京の街を進む
ですが京の住人は怯えた目を向けるだけ

住人「・・・あれが、新選組」


池田屋で過激派の長州浪士を捕らえたけど
でも京都の人々にとっては怖れの対象でしかないんだな~
と思う場面かな。


屯所の広間にて、総司や平助や山南さんたちに
薬が渡される

山南さんは、左腕の怪我はとうにふさがっているといいますが
副長命令とあればと薬を飲みます

この薬は石田散薬。
土方さんの実家で作ってる薬で、切り傷打ち身になんでも効くらしい


本当に効くのか?という平助に対して
試してみるか?と静かに怒りを燃やす土方さんが
やばいww楽しすぎるwww

↓以下反転 
実際にこの薬って、平助が言う通りなのかな~?
山南さんに飲めっていうのは、まだ心配だから飲めっていっているのか
違う理由があって飲めっていっているのか・・・
↑反転終わり


平助・総司に怪我を負わせた二人組の男についての話題に

斉藤「そいつらは長州ではないと言ったそうだな
だがあの日は池田屋人払いをしていたはずが
何らかの目的で潜入していた他藩の密偵かもしれない」


長州ではないと言っていたし、また戦闘をどちらに加勢することなく
ただ見ていただけでしたし、彼らの目的が気になります。
新選組が踏み込んだ時点で、勤めは終わったって言ってたので
なんでいたんだろう・・・


食器を下げて廊下を歩く千鶴に
土方が原田の巡察についていけと言います
今日は千鶴が巡察の日ではありませんが・・・


後から色々わかる、土方さんの気遣いwww

巡察にでかける原田達ですが
京の住人に避けられています
京都の人たちは、幕府嫌いの長州びいきだからだそうです。


あ、そうなんだ。メモメモ

原田達に永倉も合流します。
まだ千鶴のお父さんの情報は集まらないんですね~
そして永倉が、長州の奴らが京に集まってきているという
情報をゲットしてきています


ふーむ。メモメモ

ここで、他の隊士を原田が帰します
原田「新八、お前もつきあえ」

原田が新八と千鶴を連れてきたのは
祇園会の後の祭り(?)でした

千鶴「きれい~」

永倉「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす おごれる人も久しからず
ただ春の世の夢のごとし たけき者も遂には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ
・・・平家物語っていう軍記物の冒頭だ。お囃子を聴いてたら思い出しちまった」

原田「どんなに栄華をほこってもいつかは滅びる
いつまでも同じようには続かないって意味だ」
千鶴「いつかは滅びる・・・」


新選組のこの先を知っていると、色々と考えてしまう言葉だ・・・

ちょっとしんみりとした雰囲気になりますが
原田が永倉が実はこのお囃子を祇園精舎の鐘の声だと勘違いして
していたとばらしたり、永倉は平助がそう言ったから~と
言い合い始めたのを聴き、千鶴が笑い、明るい雰囲気へ


原田「もっと近くみてみようか」
道草していいのか?副長にどやされるぞという永倉に対して、
ところがその道草を指示したのが土方さんだという原田

原田「お前への褒美のつもりじゃないか?
ああ見えて細かい気遣いする人んだよ」


ちょ。ツンデレ土方さんの本領発揮( ´艸`)



じゃあいくかと、永倉と原田は
千鶴の手を引っ張って祭りへと


乙女キターо(ж>▽<)y ☆!!!!
すんげええ甘い~!!!
キラッキラッな効果もあるし


両手に花(違)??
甘すぎて、砂吐ける(/ω\)

元治元年七月 屯所にて

近藤「会津藩り正式に命が下った
長州制圧の為出陣せよとのことだ」


新選組の池田屋での活躍が認められたからの命。
なので、土方にいちはやく池田屋が本命だと
伝えに行った千鶴の行動って大きいんですよね~

参加する気満々の平助達ですが
怪我人は大人しく屯所で待機ということに

屯所には、平助・総司・山南さんが残ります

そして千鶴ですが・・・
現状だと一人でも人でが欲しい、伝令や治療で活躍して欲しいと
いわれます

土方「無理にとはいわん。行くか行かないかは自分できめろ」
千鶴「私・・・私でも何かの役にたてるなら、行きます!」


土方さん、無理にとはいはないっていうのが
気遣いの人だなと思うんだ!

千鶴が行くことで、ストーリーが一気に進みそうな気がします。

この話し合いの後、廊下に出た山南さんが
自分の左手が震えてるのを見ているのが気になる・・・
何かあるのかな・・・

「かわいそうな方」とか池田屋の時に奴らは動かせない~と言った
ことに関係あるのかな~


近藤「我ら新選組はこれより京都守護職の命により、出陣する」

元治元年7月

これが後に金門の変とよばれる、京の都中を巻き込む激しい戦いのはじまりだった


あわあわあわ・・・次回も凄そう・・・


次回予告 闇より来る者

天子様の御所に討ち入るなどと、長州は一体なにを考えておるのだ
天に唾した者がどうなるか見せてやる


来週も戦闘場面がありそうですね~
そして金髪の男もキタ!!
屯所側にいる総司達も描かかれて、
千鶴が何かをはっきりと言っている・・・

「闇より来る者」って誰なんでしょうか??
気になります~!!
一応反転します↓
薄桜鬼に関係する話がでてくるのかな??
もうそろそろ、薄桜鬼オリジナル部分がでてこないと
1クールだと、この先ちょっと不安ですね~
反転終わり↑



3話は意外に史実にそった場面が多くてちょっとびっくりしました。
史実を上手く絡めた作品は大好きなので、こういう傾向は歓迎ですが
此処から先も史実にそったままだと単なる「新選組の歴史勉強会」になってしまうので
多分もうそろそろ変えてくるかなと思っています。

ここからどう「薄桜鬼」になっていくのか楽しみです~!!

結構、自分が思っている以上に、薄桜鬼好きな自分に、気づいた管理人ですた

関連記事
スポンサーサイト

2010/04/19(月) | 薄桜鬼 | トラックバック(11) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ふぉろー

『』

えっ?
たしか薄桜鬼って2クールだったはず・・・。

2010/04/19(月) 12:58:40 | URL | [ 編集]

『☆ふぉろーさんへ☆』

ふぉろーさんへ
コメントありがとうございます~!!

DVDが各巻2話収録で全六巻=全12話なので、1クールかなと。
テレビアニメだと、「~クールです」と告知してくれる作品の方が少ないので
DVDの発売予定から判断しています。

私は関係者じゃないので正確な話は知らないですが
2クールという話があるのなら、もしかしたら分割2クール(1クール+1クール)
なのかもしれません。

個人的に2クールだったら結構嬉しいなあと思います~!!

2010/04/20(火) 02:01:54 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/237-b8fb1665

薄桜鬼 第3話「宵闇に咲く華」

薄桜鬼の第3話を見ました。第3話 宵闇に咲く華確実に情報を伝えるために、山崎とともに千鶴も屯所から出発すると、二人の前に浪士達が現れる。「雪村くん、何があってもこの道を走...

2010/04/19(月) 08:33:59 | MAGI☆の日記

薄桜鬼 ー新選組奇譚ー第3話「宵闇に咲く華」

第3話「宵闇に咲く華」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201004/article_34.html 注意事項 こちらからは...

2010/04/19(月) 09:56:25 | しるばにあの日誌(新館)

薄桜鬼 第3話「宵闇に咲く華」

薄桜鬼 第1巻 [DVD](2010/06/23)桑島法子三木眞一郎商品詳細を見る 新選組に詳しくない人達の間でも有名な池田屋の切り込み騒動。維新の志士側から...

2010/04/19(月) 20:45:48 | 破滅の闇日記

薄桜鬼 第3話 「宵闇に咲く華」

新選組と言えば池田屋事件というメジャーなエピソードです。 少数で池田屋に突入する近藤や沖田たち。 そこには長州の者と違う謎の強敵が…...

2010/04/19(月) 23:56:40 | SERA@らくblog

薄桜鬼~新選組奇譚~第3話「宵闇に咲く華」

池田屋事件-------------------!!千鶴は土方に池田屋での事を知らせようとひた走る。「斬れぇぇぇぇ!!」近藤の討ち入りの声に一斉に走り出す隊士たち。今回は荒っぽく血生臭い斬り合...

2010/04/20(火) 08:22:24 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

薄桜鬼 第三話『宵闇咲く華』

池田屋回。 名乗りを上げての正面突破も豪快ながら、 会津藩士ですら隊服を来てないから切り掛かられると足止めされる中 決然と乗り込んでいった千鶴には見ててハラハラしました…無謀な(汗) そして今回、ラスボスっぽい謎の2人組とも初邂逅。 薄桜鬼 第1巻 [DVD]出

2010/04/20(火) 13:10:16 | 風庫~カゼクラ~

薄桜鬼 第03話 『宵闇に咲く華』

沖田が血を吐いたぞ・・・ 病は着々と進行しているようだけど、まだ死なないよな…。 吐血した沖田も気になる所ですが、この場面で気...

2010/04/20(火) 13:31:50 | リリカル☆スアラ

薄桜鬼 第3話 「宵闇に咲く華」

 千鶴の表情が凄くよかったです。かわいいですよね。

2010/04/20(火) 22:21:20 | つれづれ

薄桜鬼~新選組奇譚~ 第三話「宵闇に咲く華」

池田屋へと乗り込む近藤勇。池田屋が本命と知った、山南敬助から伝令役として四国屋の土方歳三の下へひた走る雪村千鶴。池田屋は近藤を始めとして沖田総司・永倉新八・藤堂平助池田屋にいた2人の屈強な相手。2人は長州藩ではないという事。藤堂平助は天霧九寿に敢え無く...

2010/04/21(水) 00:10:27 | 無限回廊幻想記譚

薄桜鬼 第3話 宵闇に咲く華 レビュー

近藤が沖田、永倉、平助の3人を含む10人だけで向かった池田屋が本命 だったため、千鶴は屯所を襲おうとしていた浪士達と闘う山崎の代わりに 土方の元に伝令に走る。そうこうしているうちに、近藤達は少人数のまま 池田屋に踏み込み、すぐに尊攘過激派志士との激しい闘

2010/04/21(水) 22:26:24 | ゴマーズ GOMARZ

◎薄桜鬼新選組奇譚第三話宵闇に咲く華

そして、池田屋襲撃。二階に強そうなのが二人いた。そして、ヒジカタさんに本命は池田屋だと伝える。二階の二人の強さは異常だった。そして、殴り飛ばされる。そして、遅れて、役人...

2010/07/12(月) 15:23:45 | ぺろぺろキャンディー

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。