QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

青少年保護育成条例改正案について考えてみた 3

青少年保護育成条例の改正案について
6日から議論が始まるので色々と
参考にしたサイトさんやニュースなどをまとめてみました

都側は色々と弁明していますが、人によって解釈の余地がある改正案自体がだめだと思います…

また、表現の自由関連で、外務省機密漏洩事件について
感想程度ですが、ちょっと書きました。

では続きはmoreからどうぞ~

ちなみに、この問題をわかりやすく理解したい方は図書館協会が出した声明が一番良いかなと

「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」について(要請)

※私は政治的には中立の立場であり、また、特定の政党は支持していません。
政治的な議論には対応はできません。私が戸惑うからです。
また、細かい議論ができるほど私は政治的な知識はありません。
政治学を専攻したわけではありませんし。なので要所要所、論理が曖昧な点があると思います
ですので、申し訳ありませんが、この記事に対するコメントは閉じさせていただきます。
すべては管理人の政治的知識がないことに由来します。すみません。
何がこの記事を読んで思うことがある方は、ご自分の判断で良識を以て行動なさってください。




青少年保護育成条例の改正案にはネット規制もあります
記事では細かく触れていませんがネット規制にも私は反対しています。
ちなみに条例案のトンデモ度はネット規制も凄いです…
反対を表明した団体が、表現規制関連も沢山ありすぎてわからなくなったけど
ネット規制も、グーグルやMSや楽天やmixiなどなど、こっちも沢山反対している団体があります
ネスケ関連とかを見ると特にMSを敵に回したら怖いと思うんだけど。またグーグルを敵にか~怖そう

ネット規制に関してはこちらがわかりやすいです

ネット事業者らが一斉反対--東京都「青少年健全育成条例」改正は何をもたらすか:スペシャルレポート - CNET Japan

東京都“非実在青少年条例改正案”FAQを公開~しずかちゃんの入浴、綾波レイのヌードはOK
(産経新聞
) iza!より

※ちなみに2次元児童ポルノという単語は造語です。

 児童ポルノ禁止法により、児童ポルノは既に規制され一般の国民が触れることはありません
 児童ポルノを販売したりすると捕まりますし、 
 また、「児童ポルノを他人に見せた」ということでも捕まります
 
 つまり、創作物には児童ポルノがあるから取り締まるべきってのは全くの誤解
 表現規制したい側が、創作物の性描写に対して、2次元児童ポルノと言っているだけです
 
 また2次元児童ポルノっていう言葉のとおり、この条例案では次元の実際に被害児童がい る児童ポルノは規制されません。…本末転倒じゃんか
 

まあ、必死で弁明しようとしているんだろうなあと。

このままだと都民の反対が凄いことになるという危機感を持つのは良いことだと思うけど
悪いが滑稽にしかみえないです。

単なる都の一職員が、「こういうのは規制しませんよ」っていったところで
条例が通ったら、その条例の文章の通りに実施されますし

※そもそも条例の文章通りに実施されない条例は意味がないし
 恣意的運用をされる危険性があるので、条例文通りに実施してもらわないと困る

それについては以下の記事が詳しいです
法律の「説明」に価値など無い 北へ。の国から

人によって解釈の余地を残してしまう条例の文章って、そもそもダメでしょう。
都側も必死に弁明するなら、条例文を改善したりとか廃案にするとかを考えたら
どうでしょうか


漫画家を参考人招致へ 泥沼化する「2次元児童ポルノ規制」で都議会 
(産経新聞)
 yahooニュースより

6日から議論が始まりますね~

自民側は「作品を見ればこの程度の規制は当たり前」とする。しかし、民主幹部は「(規制対象となる18歳未満と想定できるキャラクター)『非実在青少年』の定義をはじめ、条文のあいまいさを修正する必要がある。場合によっては9月議会で審議してもいい」とし、都側が修正をしない場合には、条例案の再度の先送りも示唆した。

自民側の「当たり前」っていう感覚は、それは個人の感覚であるし、
だからこそ規制というのは科学的根拠に基づいて行わないと
イデオロギーの対立になり、結果狂信者の対立になるしかないのですが。

そういうこと…わかってるのかな?

ちなみに田中秀臣さん(先生とつけるべきか迷ったけど、「さん」で)のブログと発言がわかりやすいです~
田中秀臣さんによる東京都「非実在青少年規制法案」問題へのツイートまとめ
Economics Lovers Live(管理人:田中秀臣さん)

でもまさか政治家の先生が知らないわけないしなあ。多分

そして都議会民主党
この記事を読むと、正直とても失礼ですが、民主党がここまで頑張ってくれるとは
思ってなかったです。議員の先生方、申し訳ありません。


管理人は、無党派層ですがこの一連の動きを見ていると
民主党を応援したいなあと思う。


また、

条例成立に向けて課題は山積するが、修正を主張する民主側も具体的なアイデアを持ち合わせていないのが実情。自民側からは「なぜ自分たちで修正案を出さないのか」との批判もある。都議会では漫画家らの参考人招致に向けた準備を急いでいるが、先行きは不透明なままだ。


ってありますが、あのですね「なんで修正案を出す必要があるんですかね?」
廃案でいいじゃないですか


図書館が月の法案提出時に声明をだしていますがそこに、
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」について(要請)

一.条例案は、「児童ポルノの根絶に向けた気運の醸成及び環境の整備」を掲げていますが、既に「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」(以下、「児童ポルノ禁止法」という。)に基づく規制が行われており、屋上屋を重ねる過剰な規制となることが危惧されます。

五.条例案は、都民に対し「児童ポルノをみだりに所持しない責務」を定めています(第18条の6の4)。これは単純所持を規制するものであり、現行の児童ポルノ禁止法が過剰な規制を抑制するために採用していない規制であって、条例案から削除されるべき規定です。
  条例案には、「非実在青少年」として、コミックなど創作物も不健全図書として規制できるとしています(第7条の2ほか)。これは先に引用した児童ポルノ禁止法の保護法益とは無縁な規制であり、現行の児童ポルノ禁止法が過剰な規制を抑制するために採用していない規制であって、条例案から削除されるべき規定です。


もう、青少年保護育成条例ってあるんですよ。すでに実施されていますし
そこに、また表現規制関連の条例は、過剰な規制でしかない
※一緒にするのもなんですが、大阪府のBLとTL雑誌の規制は現行法で行われたものです


自民党側の「修正案を出せ」っていうのを読むと
「たとえどんなアホな条例でも修正案がでなければ通ってしまう」

ということを肯定してるってというように読めるのですが。

つまり都側が提出した条例は、通すことが前提で
よりよい者があれば条例を修正したり、一旦廃案にするってことは
考えてないってことですかね?

どういう文脈でいわれたのかわかりませんが、この文章を読む限り
私はそう捉えます

政治家って、様々な人々の意見や想いを聴いて
社会がよりよくなるように行動するのが仕事じゃないのかなあ。
そういう仕事の人って、より柔軟な考えを持っていないと
狂信的な活動家にしかならないと思うんですが。

正直、ひとつの正義を信じきっている政治家って、
武力を持って行動する活動家とメンタリティは変わらないと思う

彼らは武力を持ってて、政治家は権力を持っているだけの違い


もちろん、自民党側にだって優秀な議員さんはいらっしゃると思います
でも、現状を見てると、なんか、都議会に振り回されているだけな気がしてしまう

個人的に、

都は小説について、「絵の方が視覚的にインパクトがある。性交や性器を表す言葉は多岐にわたり、どんな子供でもすぐにその意味が理解できるものではない」と説明するが、民主幹部は「文章では絵を上回る表現ができないということか。漫画家はもちろん小説家にも失礼だ」と話すなど異論が噴出した。

確かに…!!小説家を馬鹿にしてるよなあこの改正案と思うww
文字書きが読み手に与える想像力は、漫画を下回りますか。そうですか
小説スキーとしてはムカつくのですが


ちなみに図書館の声明ですが、凄い納得できることを言っています。

四.条例案は、曖昧かつ広範な規定として論議されているいわゆる児童ポルノに該当しない「青少年を性的対象として扱う図書類」を「青少年性的視覚描写物」と名付け、その「まん延抑止」を東京都の「責務」とし、図書類の頒布を業とする事業者にそのために「適切な措置をとる」義務を課しています。都民に対しては「青少年が容易にこれらを閲覧又は観覧することのないように努める」としています。
  このことは、青少年と性を扱う図書類一般を、公立図書館を含め社会から排除することになりかねず、深く危惧されます。


読むと、「青少年と性」を扱うこと自体、文化として必要なんだよなあと
文学作品には沢山でてきますしね。人間とは?を考えるときに「性」は
切り離せない問題ですよね

六.条例案は、「青少年の性に関する健全な判断能力の形成を著しく阻害するおそれ」(第7条の2ほか)を不健全図書の指定基準に新設しています。
  子どもの性に対する判断能力の形成は、親が一義的に責任をもつものであって、行政や警察ではありません。「子どもの権利条約」第18条の1「締約国は、児童の養育及び発達について父母が共同の責任を有するという原則についての認識を確保するために最善の努力を払う。父母又は場合により法定保護者は、児童の養育及び発達についての第一義的な責任を有する。」を尊重し、当該基準は削除されるべきです。


色々見ていてなるほど~と思ったのが
子どもを持つ親御さんが「そんなに私たちは信頼できないのか!」と怒っていたこと
性に対する判断能力だけでなく、どういうふうに子どもと接して
どういうふうに育って欲しいと願うかは、親御さんの責任においてなされるべきで
国が介入すべきではないですよね~※ただし虐待などは別

もし、悪質なものに触れても「それはダメだ」ということにより
子どもに「そういうのはダメなんだな」と教えることができる
でも、何もダメなものがなければ「何がダメなのかすら教えられない」

表現規制だと、ゾーニングの徹底とかを考えると同時に
「青少年と性」を扱うとはどういうことか?文化とは?芸術とは?
を考えないといけないんだろうなあと思います。






都とは違う話しで、国の話しですが
今、民主党政権じゃないですか。

管理人は無党派層ですが、児童ポルノ法案の一連の流れを見ていると
議会の場で国民の権利を全く重視していない態度をとった
自民党が政権にいるのはとても違和感を覚えました
※民主党の枝野議員が、自民党の議員さんを追求しているんですが
 いやーもうね。国会コントかなとしか思えないww
 枝野さんに「あ、今目薬さしましたね」って言われたのはなんかもうねえ~
 詳しくは、多分保坂さんのブログにあると思います


今の状態で、民主党政権が良いっていうと、
反論をされるのかもしれないけど、
でも自民党や公明党が政権ととるよりもよっぽど良いと思っています


表現の自由関連で、外務省の機密文章がでてきましたが

西山事件-Wikipedia


色々な意見はあるけど、でも「国民の知る権利」をないがしろにした事件だと思っています

※この事件について、NHKの 追跡 A to Z の密約問題の真相を追う ~問われる情報公開~
 が凄い興味深かったです。
これまでの放送:密約問題の真相を追う ~問われる情報公開~(動画あり)|NHK 追跡!AtoZ
 
 簡単な感想~
 国民の知る権利は、、国民が政治に興味を持って行動することにより効果をもつんだなと思 いました。
 報道の自由の観点だけでなく、じゃあ「情報公開」はどうすべきかということまで
 踏み込んでて面白かったです。アメリカで実際に機密文書を公開した方の例がでたのですが
 その方は「公開し、国民が知る状態にする方が国益になる」という考えで
 刑罰を恐れることなく公開に踏み切ったそうです。再放送希望

西山さんが判決後にどっかのニュースのインタビューで

「民主党に政権交代してたかが六ヶ月だ。六ヶ月でなかったはずの密約の文章がでてきた
 それは政権交代の効果だ」


というようなことをおっしゃっていたんですが、
西山さんのこれまでの処遇を思うと、とても重い言葉だなと思います。

もちろん、現政権も色々な問題を抱えまくってるし
このままでは良いとは思わないけど。

でも、急激によくなることっていうのは逆に怖いのかもと思っています

すんごーい昔に、現政権についての街頭インタビューがあったんです。
どの政権か忘れちゃったんですが、
まあやっぱり「期待してたのに、良くなっていない」っていう意見が大多数
だったのですが、その中で、普通のおば様が
※ショッピングに来たと思われる普通のおば様

「やっぱり一気に変わって欲しい、良くなって欲しいって思うけど、
逆に言えば、それは独裁的ってこと。
確かに一気に良い変化が起これば楽だけど、でもやっぱり
大変だけれど皆が努力してだんだんと良い方向に変化するのが、一番良いことだと思いますよ」

ておっしゃっていて。多分、普通の専業主婦の方だと思うんですが
このおば様がおっしゃてたことは忘れられないです

一人ひとりがもつ力は小さいけど、でも社会が良い方向に行くようにと行動していくのが
とても大事なんだろうなあと思います。

とりあえず、選挙に行くことは必要だと思うんだ
※選挙権を行使しないという判断を否定するわけではありません。
 てか投票率100%って、それこそ全体主義だって

関連記事
スポンサーサイト

2010/05/05(水) | 青少年保護育成条例改正案について | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/247-95fec0d8
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。