QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自民党  参院選マニュフェストで「青少年健全育成基本法」の制定を明記


またまたお久しぶりです!
アニメ感想ブログから遠ざかっている気がしますが(汗)、表現規制についてはアニメはとても関係あるのでまあいいかな・・・

ツイッターみてたら

自民党が公約した「青少年健全育成基本法」の中身が東京都の規制よりスゴイ内容らしい
「漫画・アニメ・ゲームなどの各メディア業界に「青少年有害社会環境対策センター」という天下り機関を設置し
「青少年に有害と思われる作品」を監視・規制していく」
@lain_the_wiredさんの発言より ※リンク先は消去



でこんな情報が流れてきたので、ブログでも個人的メモの意味が強いですが記事にしとこうと~

青少年健全育成基本法案は、元々は自民党から青少年有害社会環境対策基本法案って名前で提出されたもので
個人情報保護法案・人権擁護法案と並ぶ「メディア規制三法」とマスコミなどでも激しい批判にあった法案です。
でも批判にあっても、あったから?名前を変えて再提出したけど、廃案になって・・・というまあ、いわくつきの法案かと思います

青少年有害社会環境対策基本法案 ---Wikipedia
※表現規制の問題だけでなく、青少年有害社会環境対策センターが天下り団体になることの問題点や、
 改善勧告を行われた事業者はの反論権は認められていないなど(つまり、反論する機会が無いということ)が
 述べれられています

ただ、もちろん再提出している側である自民党は成立を目指す方針は変えていません
(これはいつものことです。)

で、今回の参議院選挙のマニュフェストで自民党はこの法案の制定を述べています

自民党政策集 J-ファイル2010 マニュフェスト

マニュフェストの14ページ156項目から引用

「近年の青少年の非行や犯罪被害等の深刻な状況に対し、青少年を健全に育むことができるよう、「青少年健全育成基本法」の制定をはじめ有効な法整備を図るとともに
青少年を取り巻く有害社会環境の適正化のための事業者等による自主規制のあり方など総合的な施策を推進します。」


てあるので、自民党は選挙に勝ったら「青少年健全育成基本法」の制定をする


ってことと理解して良いと思います。
もともと自民党が提出した法案ですし、表現規制賛成側なので(自民党の全ての議員さんが賛成側ではないと思いますが)
まあマニュフェストにあっても不思議ではないですよね。


「非実在青少年」っていう言葉がなくても、今まで表現規制に関する法案はありました。
多分もう、「非実在青少年」なんて分かりやすい言葉で、表現規制側は動くことはないと思います。
実質6月の時点で、内容は変えてませんが、「非実在青少年」という単語は修正されましたし

東京都青少年条例、「非実在青少年」の言い替えの修正とは?--保坂展人のどこどこ日記

いつの間にか表現規制の法案が通るって可能性もあるので、
ある程度アンテナ貼ってないと(有名サイトさんをRSSするとか)いけないなと思います。



政治に文句を言うのなら、選挙権がある身として、また国民の1人として、
政治に興味を持ち、できる範囲で関わっていくことは義務であると自戒を込めて


では!今度こそ、アニメ感想アップする!
関連記事
スポンサーサイト

2010/06/26(土) | 青少年保護育成条例改正案について | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/253-a7432e85
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。