QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

戦国BASARA弐 2話 『失われた右目 斬り裂かれた竜の背中!』 感想

すごい怖い内容の題名だ・・・
では2話感想行きます~続きはmoreからどうぞ

※管理人は1期アニメを視聴済みです。
なので1期アニメのストーリーも扱うので、見ていない方はネタバレ注意です
また、バサラゲームもプレイしていますが、ゲームのネタバレの部分は原則白文字反転で表記します

戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]
(2010/10/06)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る


【前半】


半兵衛VS小十郎

半兵衛「君に豊臣の一員になってもらいたい。」


小十郎は、
甲斐の虎の戦法を模倣して他ならぬ武田をだしぬき(1期1~2話ぐらい)
織田軍妥当ために集まった東軍をまとめる器量をもち(1期クライマックスあたり)
明智光秀を引き受け倒し、主君を織田の元に向かわせた(1期最終話)

1期で幸村と筆頭が織田を倒せたのも、そこには小十郎の活躍があったからだと。
結構前から半兵衛は戦況を確認しているんですね~ふむふむ

そして今回の川中島も、小十郎の一瞬の機転で台なしになったと

半兵衛「かつて僕にこれほどの打撃を与えた人間はいない」


すげえな小十郎・・・あの半兵衛にここまで言わせるのは凄い・・・

半兵衛は、小十郎になんで君は軍をつくらない。君ならつくれたはずなのにと言いますが

小十郎「奥州筆頭は政宗様をおいて他にありえない。
この片倉小十郎、今生・・・政宗様以外にお仕えするつもりはねえ!」


おおおお!小十郎~!!!やっぱカッコいいいいいい!!!


人質をとるなど、そこらの山賊と変わらない卑怯な方法をとりやがってと批判する小十郎に
半兵衛「それほどに君を欲しているということなんだけどな・・・
名もなき領民の命と主君の政宗君への忠義。愚直に君はそれを両方守ろうとする。
すなわち、この場の君に勝ち目はないということになる」


ふうううむ。小十郎は領民の命を見捨てることはできないし、政宗への忠義も捨てられない
つまりここでは、人質を守りながら戦うことになる・・・
多勢に無勢になるから、小十郎に勝ち目はない・・・半兵衛も強いですし

ドS半兵衛様ですな・・・( ゚д゚ )


そして小十郎が・・・あああ倒されます・・・

小十郎「・・・てってめえ。」
半兵衛「僕を卑怯だと思うかい?片倉君。
時間がないと・・・人は急いて見苦しくなる」


・・・半兵衛は自分でも卑怯だということがわかっているのね
でもこの焦りが今後、豊臣の弱点になるんじゃないかなと思う。
急激な変化は、どこかに歪をもたらしますし


筆頭の元に
南部・津軽・相馬が三方から一度に攻めて来たとの報告が
小十郎はどこだという筆頭ですが、そこに小十郎がやられたという報告が
集団に囲まれかつ人質を取られた状態でいたこと、
そして首謀者は豊臣の竹中半兵衛らしいと・・・


丘の畑に小十郎の刀の黒龍が・・・うわああああん(´;д;`)

筆頭は、奥州を制定してから小十郎を取り戻すと言います


・・・もしかして、DVDのミニ戦国バサラが、小十郎なのは
これから、もう、当分、でてこないってことだか・・・ら????
いやあああああああ∑(゚◇゚ノ)ノ


上杉軍。謙信様と慶次、かすがちゃん


相変わらず、ご飯の描写が素晴らしすぐる・・・うまちょう(・∀・)

そして相変わらず、てか夕方5時なのにパワーアップする、かすがのバラwwww
すげえええwww

でも慶次はそんなかすがのバラも気にできない様子・・・

慶次「なんでだろうな・・・なんでなんだろう。
なんでみんながそんなふうに生きられないんだろう。
トシと松姉ちゃんだって、せっかく尾張の魔王さんに縛られない生き方ができるようなったのに・・・
平らでなごやかな日々を・・・」

そんな慶次を見て謙信様は

謙信「かすが・・酒を」


こういう気づいかいできる人格者な謙信様大好きでふ~!!

謙信「豊臣秀吉・・・第六天魔王の禍々しさとはその本質を異にする凄み。
そして・・・織田が瀬戸内より先に九州を攻めるようにしむけた毛利の奇策すら
結果として豊臣の手のひらの上であったといえなくもない・・・
稀代の策士と言われた毛利よりも半兵衛が上かもしれませんね」


・・・え???( ゚д゚ )ちょっとまって謙信様、ちょっと待って、
1期で、織田が四国をスルーして九州を攻めたのは、え、ナリ様奇策だったの??

えええええ!!!まじですか!そんな影で大活躍してたんだナリ様・・・本編にはでてこなかry

毛利は頭が良い武将だから、腹の底はさておき、ひとまず豊臣と同盟を結ぶだろうと慶次。
そしてまず狙われるのは四国の地・・・つまり、長宗我部元親、兄貴ですな


慶次が兄貴とのことを思い出しています・・・が
ナリ様、兄貴、慶次や利家と松の関わりの詳細を知りたい方は、

ドラマCD1巻と
ドラマCD TVアニメ「戦国BASARA」 第1巻ドラマCD TVアニメ「戦国BASARA」 第1巻
(2009/10/07)
ドラマ石野竜三

商品詳細を見る


戦国BASARA DVD7巻(テレビ放送はされていません)
戦国BASARA 其の七 [DVD]戦国BASARA 其の七 [DVD]
(2010/01/06)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る


にのっております~

ドラマCD1巻が、1期本編アニメとDVD7巻をつなぐ話になっていて、
DVD7巻は、織田包囲網の瀬戸内の動きがなぜ形成されたのかがわかる話になっています

7巻の作画レベルが、IGが本気だしたらこうなるんだよ!という凄い高いレベルで
アニメ映画みている感じでしたし、ドラマCD1巻も、これをアニメで見たかった・・・という高いレベルなので
バサラスキーの方は是非!
ちなみに管理人は両方もっていますwww

慶次「元親・・・」
謙信「古き友と新しき友が殺しあう・・・耐え難きことでしょう」

ここでかすがが伝令を
謙信「そうですか・・・豊臣秀吉がそなたと会うことは無いでしょう
いまのそなたを分かっているから」


てことは  一応、ネタバレ反転↓↓
謙信様は慶次と秀吉との確執をしっているってことですかね???
どうなんだろう・・・

↑↑反転終わり

謙信「この越後からは一刻もはやく離れなさい。
前田軍がこの越後に迫っています」


ええええ。ええええええ!(´゚д゚`)
秀吉についた前田がせめて来るのか・・・
それは辛い展開になりそう・・・

謙信「やむおえません。利家殿の決意は硬い」


日の本の力を低下させた信長に自分は組みしていたっていうのが
トラウマみたいになっているんだろうなあと思います


【後半】


豊臣の潜伏侵略をうけ、南部・津軽・相馬の各軍に対して
均等に戦力を分割して戦う伊達軍。
伊達軍が優勢でしたが、そこに会津から芦名の軍勢がきているとの一報が

そちらにも兵をふりわけると筆頭は芦名の軍勢の元に行きますが


芦名の軍勢を率いているのは・・・半兵衛 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

半兵衛は筆頭に向かって、
伊達郡の戦力をまともに分散させたのは間違い。
小十郎なら南部・津軽・相馬には最低限の兵のみをあてて拮抗させるか
ぎりぎりまで引きつけてから策を講じていたはずだと

半兵衛「・・・別働隊に攻めやすくするための陽動ではないかと警戒してね」


ああつまり、別働隊は貴方ですよね半兵衛。
半兵衛が小十郎を捕らえた理由はここにあるんだなあと。
小十郎なら対処できたはずが、今は対処できてない・・・
うぬぬ・・・

筆頭は半兵衛に向かっていきます。

馬から飛ぶし、かっこいいいいい!!
やっぱり戦闘場面かっこいいいいい!!
しかも、目が蒼くなってるしwww

ってへ?かんって・・・

向かっていった筆頭ですが、筆頭の兜に半兵衛のムチがあたり、
背中も切られました


え えええええ!!

背中切られた・・・

半兵衛「いつもなら片倉君が守ってくれるその背中、今はたやすく裂ける
彼には厚い処遇を約束するよ。だから君は安心してこの摺上原にちってくれたまえ」


貴方の背中は私が守ると、小十郎は背中を守っていたし、
筆頭も、お前がまもるのは俺の背中だろう?と小十郎に背中を預けていました
だから背中を切られるっていうのは、小十郎がいない状態ではないとありえないし
今までそういうことはな無かった・・・伊達モブも呆然としていますし



本当に小十郎がいないんだなと、この場面で再認識しました・・・
1期アニメとかを知っている分、(´;д;`)になったとです・・・

でもこの演出は好きです。1期アニメを知っているとより、どよーんとなれる演出は
作品を大事にしてくれる感じがして嬉しい。


背中を切られた筆頭ですが、半兵衛に向かっていきます

半兵衛「・・・少し甘くみたか」


まあ、筆頭は強いですからね~


自分達の軍勢がこっちにきたのでと一旦半兵衛は去ります

伊達モブ群は呆然と・・・

伊達モブ「突破されちまったのか」


ここの場面、伊達軍の旗が倒れ踏みつけられたりと悲しくなる・・・


筆頭「・・てんでクールじゃねえな。右目を奪われちまった途端にこのざまか
我ながら反吐がでやがる」


集団で敵から攻撃を受ける筆頭、そして兜が宙に舞いますが・・・

おおおおお!!!兜が取れたモードになってるううう!!
本気モードの筆頭になってる!


敵の集団へと、たった独りで向かっていく筆頭・・・

どどどどどうなるんだろう。まあゲームなら筆頭1人でも敵を倒せるけry
後ろに小十郎がいないのが、寂しい・・・


一方で武田軍

幸村「お館様、真田幸村、これより出立いたしまする」
お館様「うむ。水には気をつけい」



水??変な場所で水のんだらお腹壊すからって思った私はアホだと思います・・・


そこに佐助が

佐助の報告では

奥州で一波乱。伊達が傘下に治めたはずの周辺国と戦禍が開くが、
片倉小十郎は行方不明。
現在伊達軍は摺上原で芦名と交戦中。昨晩の時点で、伊達の不利

豊臣の計略が奥州でも発動したことを知りますが、
お館様は幸村に、

お館様「今敵を憂えるべからず
芦名にてやぶれることあらば、独眼竜はそれまで」


天命亡き者は滅び去るのはしょうがない。
それはお館様は自分にも当てはまるとおもっていて。
そういう器の大きいところが大好きだ!お館様~!!


幸村は九州へと旅立ちます

幸村「真田源次郎幸村、武田軍騎馬隊精鋭と共に、孤軍奮闘せし薩摩勇士の加勢、いざ、まいらん!!」


ゆっきー、初めてのおつかいすたーと!!(違)


出立する幸村を屋根から見守るお館様と佐助

佐助は、よりによって今真田の旦那を向かわせる必要はないのではないかと。
甲斐も周りが反乱を起こしているので、甲斐も危険な状態に変わらいない。

でもお館様は敢えて、今なればこそ、旅にだす好機だと
いかような面構えをして帰ってくるのか楽しみだと

お館様「これが今生の別れとなるもまたよし。幸村よ、いついかなるときも、つねに漢たれ」


おおおおお!!お館様やっぱりかっこいいいい!!

でもここでちょっと呆れる感じの佐助は、やっぱり忍びである佐助だなあと思います。
皆が皆お館様だったりユッキーだったりしたら、危機管理が大変そうだ・・・


大阪城では

秀吉「その手はどうした半兵衛・・・
龍の右目、片倉小十郎を連れ帰ったそうだな。
・・・我には貴様がいればよい」


( ゚д゚ )なんか凄い、さらっと、殺し文句を言う秀吉。


半兵衛はそれに対して、優秀な軍師は複数必要だといいますが

秀吉「変節するとも思んが」
半兵衛「独眼竜が生きていればね」


半兵衛が小十郎を捕らえた理由は、

・優秀な軍師が欲しいから
・伊達軍を壊滅させるため

てな感じなのかな。筆頭が死んだら、豊臣の一員になる可能性もあるとも踏まえていますね~
まあでも小十郎だもんなあ。筆頭が死んだら自分も死にそうだ・・・


半兵衛の頭にあるのは

・越後には前方からを前田軍に、後に後方から伊達を破った芦名に背後をつかせる

・甲斐の武田はひとまず動きを封じていてるから大丈夫

なのでこれらの為に、もう自分が動く必要はないから、

・安芸にむかい、毛利との同盟交渉

↓でそれが交渉おkなら

次に向かうのは四国の長宗我部

な感じかな。つまり、半兵衛は安芸のナリ様に会いに行くと。ふむふむ

ですが


秀吉「半兵衛、そう急くでない・・・
四国を制したらすぐに薩摩にむかうというのであろう」


四国の次は薩摩を考えているっていうのは、
ゆっきーの初めてのお使いは凄い重要だってことですよね。
薩摩が秀吉に滅ぼされる前に、合流して力をつければ、対抗手段になる。

半兵衛「僕は早く見たいんだ。君が統べるこの国の姿を」


半兵衛のこの「時間がない」っていうのがいつか足をすくわれるんだろうなと・・・

一応反転します↓↓

そして秀吉が、半兵衛の病気を知らないのが痛手かなと。
秀吉自体はそんなに急がなくてもと思っているので、この齟齬があとで失策の原因になりそうな気がします

でも半兵衛にしてみれば、自分が死んだあとも秀吉が安泰であるように願っているから
無茶な行為をしているんだろうなと。病気がなければ卑怯な手段で小十郎を捕まえないだろうし
小十郎を捕らえたのは、自分の死後、秀吉の軍師として活躍して欲しいってのもあるのではないかと。


反転終わり↑↑


次回予告

担当は慶次

大切なものは死んで守る
そいつを教えてくれたのは・・・つらいけど次回も絶対に見届けてくれよな

次回予告から既につらい雰囲気が・・・しょぼーん

では次の感想に続きます~
関連記事
スポンサーサイト

2010/07/25(日) | 戦国BASARA弐 | トラックバック(1) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/263-27348879

◎戦国BASARA弐第二話「失われた右目斬り裂か...

片倉は、竹中半兵衛に豊臣の一員になれといってくる。今回の川中島でこれほどの痛手を与えたものはいないといってくる。そして、人質をとって片倉を脅す。そして、戦いになる。半兵...

2010/11/18(木) 01:59:16 | ぺろぺろキャンディー

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。