QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

戦国BASARA弐 3話 『慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!』 感想

おおお。追いついたとです!戦国バサラ弐3話感想になります
では続きはmoreからどうぞ~!!


※管理人は1期アニメを視聴済みです。
なので1期アニメのストーリーも扱うので、見ていない方はネタバレ注意です
また、バサラゲームもプレイしていますが、ゲームのネタバレの部分は原則白文字反転で表記します

3話まで見て思ったのですが、

1期は基本、勧善懲悪(第六天魔王の信長をみんなで倒す)の流れでかつ、
そんなに筆頭やユッキーたちはコテンパンにやられなかったですが、
でも今回は、秀吉には秀吉の正義があり、それに賛同する利家たちもいるってことで
勧善懲悪ではないですし、また、筆頭がピンチに陥いるし、小十郎も捕らわれるので
前とは違って主要キャラがピンチに陥る展開があるのかなと

1期でキャラの説明はしていますし、キャラ同志の関係性も十分に説明しているので、
2期はちょっとひねったストーリーのほうが面白いのでこういう展開は歓迎です

あ、なので1期みていない人は、1期見たほうがよいと思いますよ~
キャラの関係性がより分かるので。

また、1期はゲームBASARAのエピソードをある程度取り入れて進んでいましたが
弐は、一部キャラはいなくなっているので、アニメオリジナルの部分が強くなるのかなと

脚本家の人は力があるので、燃えるし萌える展開になるんだろうなあと期待しています~


【前半】

上杉勢では前田軍の対応策を

かすがが謙信様に
「お見立ての通り、利家とまつは、鉄砲隊を含めた持てる兵力すべてを真正面から迎えてくる」
って報告していましたが、
お見立ての通りなので、利家達の動きは、この時点で謙信に見抜かれているってことだと思います。


慶次は利家達を止めに行きますが、

利家「止まらぬぞ、まつ、このまま行く」

止まって自分の話を聴いてくれっていう慶次の言葉は彼らには届かない・・・

そして慶次にかすがが

かすが「謙信様に任せておけ、どこへなりと旅へでろ。
我々にとっても邪魔でしか無い。
できるだけのことをすると、あの方はおっしゃっている」


慶次ってどこにも属していない人間なんですよね。

だからこそ自由に動けるんですが、でも一方でこういう
それぞれの正義(謙信は越後を守るため、前田軍は豊臣の為)がぶつかり合う場面には
自由に動ける者であるからこそ、部外者になってしまうのかなと思います。




利家とまつvs謙信

利家達に、すぐに引けという謙信
謙信は、杉の全軍を加賀へと差し向けましたこと
城を落とすことはむろんのこと、民を傷つけるのも厭わない、
それが豊臣に与し、越後に攻め行った報いであると言います

信じられないという利家たちですが
そのうち、そなたらの石膏が火急の知らせをもってくるだろう、だがその時には時すでに遅しという謙信様


持てる兵力を全て持ってきている前田軍なので、大軍に対応する勢力は加賀には残っていないだろうし、
おそらくですが、大軍が向かっていることを確認する術もないんじゃないかなと。
忍びとかがいればどーにか確認できると思うんですが、そういうことしてなさそうだし。

利家達の動きは初めから謙信に見抜かれていたので、こうなってしまうのはしょうがないのかなあと思います。


結局は利家たちは加賀に戻ることにしましたが、
引き返す道の先には、上杉軍が

謙信様は川に上杉軍を忍ばせていました。



おおおお。ゲームでもいきなり上杉軍ってでてきますし(忍び系の敵は隠れてます)
こういう再現は好きです~!!!


まつ「犬千代さま、もしや上杉殿は無血にて我らを降伏させようと・・・」

こう囲まれてしまえば、降伏するしかなくなります

利家「心ある武人、しかしながら・・・ここで、この槍をおくわけにはいかぬ」


利家の頭によぎるのは、信長の蛮行
信長に与していた利家にとっては、その贖罪も込めて
強い日の本をつくりたい、民が笑っている日の本をつくりたい、
そのためには、秀吉に天下をとって欲しいと、信念のような強さで思っているんだろうなと思います

前田軍VS上杉軍

直江兼続「俺は無敵の主人公う!1年かけて名をあげた!
上杉一番隊、直江兼続。・・無敵なのにやられたあ」


ああ、確かに1期での扱いよりも大きくなったよwwww

まつも鷹を使って戦っております。

まあ、ゲームだとまつは強いからな~!ガチで戦ったら、勝つだろうなと思いますww
・・・多分、人によったら最強キャラなんじゃないかなあ~

囲まれた利家とまつの元に慶次が

利家「慶次!!・・・加勢にきてくれたわけではなさそうだな」
慶次「そっちがその気なら、俺も力づくで止めようと思ってね
・・・前田の勝ちは豊臣の勝ちだ。俺はそいつをどうしても、黙って見過ごすわけにはいかねえんだ」
利家「・・・わかった」


自由な慶次ですが、そんな彼だからこそ、
彼がこれは譲れないという思いは強いのかなと思います。

【後半】

慶次「力で相手をねじ伏せたって、いつかだれかに力でねじ伏せられちまう
なんでわかってくれないんだ」

利家「そうならぬためにも、力による理不尽を二度とくりかえさないためにも
其れがしは今戦わなければならんのだ。
豊臣は強き国をつくろうとしておる。豊臣の天下になればもう二度とあのような・・・」

慶次「あいつがつくろうとしているのはトシが願っている世の中じゃないんだよ」


利家の頭には、信長の蛮行が。
利家は信長に与したわけだから、民が虐げられた責任は自分にもあるって思っている、
だから簡単に倒れることはできない。
慶次にいくら攻撃をうけても、倒れそうなのにそれでも立っているのは
こういう想いがあるからなじゃいかと。


一方で慶次は、旧知の仲であるが故に、秀吉のことを良く知っている。
頭によぎる女性の姿、そしてその女性が倒れている姿と秀吉の姿
こちらも倒れることはできない

反転します↓↓
おおおでてきましたね~ねね様。
秀吉は、強くあろうとするが故に、弱さを認められないタイプなんだろうなと思います。
だからねねを殺して、自分の弱さの部分をなくした。
慶次としては、初恋の人のねねを殺された恨みもあると思いますし、
弱さを切り捨てることしか出来ない秀吉が、
民が笑う国をつくることはできないと思っているのかなと
でもねねはどうだったのかな~納得ずくで死んでいったっぽいんですよね。
そこら辺の話もえがかれるのかな~

反転終わり↑↑

うぬぬぬ。哀しい戦いっていうのはこういうことなんだろうな・・・
ついでに、音楽も哀しい・・・

結局、利家は慶次に深手を負わされて倒れ、まつが慶次に槍を向けますが

謙信「引くのです、まつ殿。前田の大将は深手を負いました。
愛しき者のため、その明日のため、剣をとるものとらざるもの、
そのどちらもが是。そなたの甥はとらぬことを選び、かつての殿は取ることを選んだ
そなたの夫もまた・・・
皆は一つ、万民太平を願う心は利家殿も慶次も同じ。なんと皮肉な・・・」


同じことを願うもの同志の、信念の違いによる戦いほど哀しいもんはないですね・・・
でもこういう台詞みると、謙信様って人間できてるなあと思うです。
かすがじゃないけど「けんしんさま~!!」って言いたくなるのはわかるwww


一方伊達軍


独りで立つ筆頭。
無事でよかったあと思いながらも、あれ、もしかしてみんな死んだとか
え、モブズも死んだとかはいやだああ!と思っていたら
筆頭のウェイクアップガイズ!でのそのそと立ち上がるモブズ!!!

みんな生きててよかったと思うと同時に、
筆頭英語で起き上がるのが伊達軍だなと思うですwww



筆頭「お前らよくぞ生き延びた。ひとまず奥州はとり戻したぜ」

とりあえず奥州は平定した筆頭。よかった~
でも背中の傷が(´;д;`)モブズも泣いてるし・・・

伊達モブ「筆頭の背中は、片倉様にしか守れないんだ」


そうだよそうだよねええ!!小十郎はやくかえってこいいいい!!


筆頭「戻って、出陣の用意をする。豊臣をつぶす
小十郎を連れ戻すついでにな」


小十郎を連れ戻す「ついでに」豊臣を潰すっていうのがよいなあ(*´∀`*)

てほっとしていたら、あれ、なんかキタよ来たよ
秀吉がきたよおおおお!!えええええ!なんでええええ???(´゚д゚`)


前田軍が越後を攻められなかったから??
伊達が勝ってしまったから??

なんで大将が来たのかが結構気になります

筆頭「豊臣秀吉・・・!!!直接挨拶にくるのはいい心がけだ。大阪までいく手間がはぶけるってもんだぜ。」
秀吉「蛇とは存外しぶといものよ、器の小さきにかかわらずな」
筆頭「ふん、そういうあんたの器こそ、図体のわりにしれてるぜ。
部下に任せた蛇退治の顛末をわざわざてめえで確かめにきちまうあたり。
あんたのその目に、あいにくしっかり俺は龍にみえてるってことさ」


筆頭が言うとおりの理由なのかな。やっぱり
わざわざ大将の秀吉が出向く必要があるとも思えないんですよね~
うーん

秀吉「へらず口を。我に歯向かうと申すか。鱗を全てはがされ、右目をも奪われたその身で」

筆頭「そうかい、あんたを買いかぶり過ぎてたみてえだ。
要は見分けがついてねえ、そういうこった。
・・・教えてやるよ、龍の鱗っていうのはクタバルまではがれねえんだ。・・・一枚たりともな」


おおおおおお!!筆頭かっこいいいよおおおお!!
戦闘で体力消耗しているのに、決めるところは絶対に決める、筆頭はかっこいいと思うんだ。まる。(*´∀`*)

戦闘の結果は次回っぽい・・・


幸村一行は近江の国の途中で・・・



ん??なにこの小十郎に似てる人。
しかもなぜアップが多い。そしてなぜに声優さんが古谷さんwww

名前はEDを確認すると小山田信繁という人らしく

小山田 信茂ーWikipedia

どうやらお館様の従兄弟に当たる人みたいです

実はOPでユッキーの後ろに小十郎に似た顔のキャラがいたので
小十郎が何かしらの理由で、幸村と行動を一緒にするのかなと思っていました( ゚д゚ )

そうか、別人だったのか・・・

でもなんで小十郎にキャラデザ似せたんだろう・・・
も、もしかして、今回は小十郎全然本編にでないフラ・・・グ???。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。


近江へ入ってから民が皆、朝も昼夜もとわず働き続けている、
しかも、女性や子ども、ご老体の方が多い・・・
疑問に思う幸村に対して、
小山田が、豊臣の徴兵によるものであると説明します。

どうやら豊臣は、一つのところに男性を集めて想像を絶する修練をつませているようで
で、その結果男手が取られてしまい、女性や子どもやご老体が働いていると・・・


「秀吉の目指す強い日の本」の歪みの部分ですね~
民の生活はよくなっていないと・・・

倒れた女性に、使命があるから民草のことは気にかけてはいけないと思いつつも
手をかしてしまうユッキーが大好きですwww

って。あ。なにこの泣き声。あれ、もしかして、市・・・!?


市「ごめん・・・なさい・・・」
幸村「この。声は・・・」
市「みんな、みんな・・市のせい」


まさかの市きたー!!!!!


あれ、1期最終回で死んで・・・いないですね!
佐助が最後に抱えていたので、生きていたってことなのかああ!!
びっくり・・・


次回予告

市のターンでした

このお城は、兄様の墓標
だから静かに眠らせてあげて・・・ああ、次回もみんな市のせい

久しぶりに聴くと怖っ。市、こわっ
そして映像を見る限り、筆頭がまずそうだ・・・
大丈夫かな・・・

次回、「安土城の亡霊?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」にも期待しています!

ここまで読んでくださってありがとうございました(ノ▽〃)

関連記事
スポンサーサイト

2010/07/26(月) | 戦国BASARA弐 | トラックバック(7) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/264-ca8127e2

戦国BASARA弐 第3話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

竜の鱗ってのは剥がれないんだ、くたばるまでなっ――! 慶次の制止も虚しく、利家たちの軍勢は謙信の前に。 謙信は軍勢を加賀に向わせたと...

2010/07/26(月) 09:21:24 | SERA@らくblog

戦国BASARA弐 第3話 「慶次対利家!手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

豊臣の命により、越後へと全軍を進行させる利家。 以前と変わらず平和主義者の慶次は義兄を止めようと立ちはだかりますが、国を背負う利...

2010/07/26(月) 18:19:07 | 黄昏温泉旅館

戦国BASARA 弐(ツー) 第三話『慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!』

慶次 対 利家にきっと切ない思いをするんだろう…と予想してた通りだったけど 最後のあのお方のセリフに全身鳥肌が立ってしまった…。 ホラー作品じゃないハズなのに!! Naked arms/SWORD SUMMIT(初回生産限定盤)(アニメ盤)(DVD付)アーティスト: 井上秋緒,浅倉大介出版

2010/07/26(月) 21:25:52 | 風庫~カゼクラ~

戦国BASARA弐 第3話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

「前田の勝ちは豊臣の勝ちだ、俺はそいつをどうしても 黙って見過ごすわけにはいかねぇんだ」 慶次vs利家!! そして、筆頭の前には秀吉が…! ...

2010/07/26(月) 21:30:11 | WONDER TIME

戦国BASARA弐3話

無敵なのにやられたー!というわけで、「戦国BASARA弐」3話悲しき対決の巻。立ちはだかる慶次をスルーし、上杉領へ攻め入る利家とまつ。しかし謙信様はすでに先手を打っていた。引き返...

2010/07/27(火) 09:47:35 | アニメ徒然草

戦国BASARA弐~第3話 感想「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

戦国BASARA弐ですが、前田利家とまつは上杉謙信に戦いを挑みます。軍神・謙信は少ない手勢で前田軍を迎えますが、本体は加賀に向かっています。前田慶次は何とか両者の激突を止めようと奔走しますが、利家と一騎打ちすることになります。 伊達政宗は何とか奥州奪還...

2010/07/27(火) 23:44:14 | 一言居士!スペードのAの放埓手記

◎戦国BASARA弐第三話「慶次対利家!手取川に咽...

前田利家とマツが上杉謙信を全勢力で攻める。前田ケイジは止めに行くがスルーされる。カスガはケンシンさまに任せておけとケイジにいって消える。前田利家と上杉謙信が対峙する。謙...

2010/11/18(木) 03:15:43 | ぺろぺろキャンディー

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。