QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世紀末オカルト学院 4話までざっと見てみました

オカルトスキーとして、オカルト学院楽しみにしていましたが、
録りだめしてしまったという不甲斐ない管理人でふ(´;ω;`)

4話までざっと見たので、感想を書きました!
簡単な感想になりますが、それでもOKという方はmoreからどうぞ~

フライングヒューマノイド(世紀末盤)フライングヒューマノイド(世紀末盤)
(2010/08/18)
中川翔子

商品詳細を見る



【あらすじ】公式サイトより引用

1999年、長野県松代にある日本のピラミッド“皆神山”にそびえたつ私立ヴァルトシュタイン学院。

ここでは何かに引きつけられたかのように次々とオカルト現象が起こる。故に「オカルト学院」と呼ばれている。
学長はオカルトの研究に人生をかけ、生徒たちも日々学業と研究に励んでいる。

ある日父である学長が亡くなり、オカルトが大嫌いな一人娘の神代マヤが学院を訪れる。
そこで2012年から来たと言う自称“タイムエージェント”で元・スプーン曲げ少年として名を馳せた内田文明と出会う。
学院の中で起こる様々な怪奇現象に遭遇しながら、文明が1999年にタイムスリップしてきた真相が徐々に明らかになる。



2012年、人類は宇宙人に支配されていて、
その状況を打開するために、宇宙人支配のきっかけとなる「ノストラダムスの鍵」を破壊すべく
内田文明は1999年にタイムスリップしてきたと・・・

うむ。マヤ文明の滅亡の予言(2012年に世界は滅びる)とノストラダムスの予言(恐怖の大王)を
組み合わせているんでしょうね~

実際は恐怖の大王はこなか・・・

( ゚д゚ )ハッ

コノアニメダッテ1999年には目立つ変化はオキナカッタヨ
ッテコトハ2012年ニハ、モシカシタラコノセカイモウチュウジンニシハイサレルノカモ( ゚д゚ )


閑話休題~


原則1話完結で、タイムスリップしてきた内田文明と、主人公のマヤが学院で起こる
怪奇現象を解明していきながら、ノストラダムスの鍵を破壊するために動くって感じかと。

1話時点でオカルト学院に秘密があることは提示されたので、
伏線回収もオカルト学院内+松代という土地の秘密(皆神山の秘密など)で十分かな?
なので1クールでちゃんと収まると思います。・・・多分


4話まで見た感じですが、散りばめられる伏線に注意しながら見る必要はあまりなく、
それよりも、オカルト情報にふむふむとしたり、
マヤと内田のやりとりや他のキャラとのやりとりを、オモシロイナーと思いながら
みる作品かなと思います。


深夜にさらっと見る作品としてはぴったりかなと
個人的に、内田のヘタレっぷりが面白いwww
また、キャラデザがいわゆる萌えキャラではないので、
萌えキャラ苦手だって方も楽しめるんじゃないかと思います

あと、20代以上の方には1999年の描写が懐かしいと思いますwww
当時流行った音楽が次回予告に流れるのが面白かったり。
1999年はモーニング娘の全盛期だったのか・・・時の流れは速い・・・



マヤは元々オカルト好きな女の子でしたが、父親がオカルト研究にのめり込み、
結果、母親と離婚してしまったことからオカルトは嫌いっていうようになったと。

でもマヤはオカルト知識は豊富なので、父親に対する微妙な感情が
オカルトなんて大嫌いって言わせてる感じがします。

父親が死んでから見つかった手記(反対勢力に利用されないように術がほどこされていた)から、
父親がオカルト研究にのめりこんだ理由の1つに「ノストラダムスの鍵」を壊すためだったこと、
そして危険なオカルト学院からわざと、妻子を遠ざけたことがわかったので、
これから父親との確執もなくなっていくのかな。
父親の残した手記を元に怪奇現象を解決していますしね~

そしてどうやら、オカルト学院にも不思議な力はありますが、
長野県松代の土地自体に特殊な力がありそうです。
世界樹があるってすごい場所だwww
4話で世界樹ある場所でNO5の携帯があったので
松代という土地の秘密もそのうち明かされるのかなと思います


後、内田の正体も気になります。

4話までみると、どうやら1999年にはスプーン曲げ少年としてもてはやされていましたが、
どこかの時期でその能力がなくなってしまい、
今まで持ち上げていたマスコミや取り巻きの人々がいなくなった

母親だけが自分の名前をちゃんと言ってくれたってことは
同年代の友達とかはいなかったのかな・・・

内田がタイムスリップに選ばれた理由はまだ描かれていませんが
1話のOP前で「残りの「あべみのる」は何人だ?・・・あと一人、No.6」という会話の後
内田文明の写真が表示されたので、この「あべみのる」がなんなのかが説明されるとわかると思います。

内田自身、なんで選ばれたかはわからなかったみたいなので、
「あべみのる」である自覚はないのかなあ。
多分、元超能力者であったことが「あべみのる」である要因の1つだと思うんだけど。


あ、でも1999年にスプーン曲げは流行っていないとおもうよ、うんwww


話のテンポも良いので、楽しくみれそうな気がします。
管理人は視聴決定しました!感想は時間があったら短いのを書きます~




おまけ 真田関連がでてきてすんごい喜んだ管理人はバサラスキーですwwww


スポンサーサイト

2010/07/27(火) | 世紀末オカルト学院 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/265-f57a0b8a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。