QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨルムンガンド 第2話 「PULSAR」 感想


2話もすごい面白かったです・・・!!
てかまさか、シリアスだろうなあと思ってたヨルムンガンドで
笑うとは思わんかったwwww
社長おもしろすぎたwww
ココが何者なのかもちょっと触れられたし、
ちょっとずつ謎が明らかになるのがよいですな~

個人的には結構面白いし、アニメ終わったら漫画買おうかなあと思ってますが、
なんか宣伝がちょっと弱い気がしないでもない・・・。
ニコニコで公式アニメ放送が始まったので、勢いがついてくれればいいなあと思いますがうーむ。

それでは、感想は続きを読むからどうぞ~

※管理人は原作未読です。ネタバレはご容赦ください

Ambivalentidea TVアニメ「ヨルムンガンド」EDテーマAmbivalentidea TVアニメ「ヨルムンガンド」EDテーマ
(2012/06/06)
やなぎなぎ

商品詳細を見る




依頼人の元へ商品を届けるココたちですが、赴いた先はパイプライン利権を争う戦場と化していました。
携帯などの通信基地も破壊されているので、外部と連絡がとれません。


整理すると、この場所のもともとの責任者であり、ココたちに武器を発注した中佐は逃げており、
少佐がこのパイプラインの場所を取り仕切っている。
で、このパイプラインの利権はロシアも狙っている※後半でロシアが攻撃してくる
ロシアとの紛争地域なのかな。

パイプラインの利権で色々とドロドロしてそうな感じなのかな。
中佐が逃げたって言ってたけど、それも本当に逃げたのか少佐が殺したのかはわからないですが・・・
だって、山を超える人=この場所の事を知る人は、民間人でもジャーナリストでも殺してるって
ココが指摘してたし、うーむ。

ココは少佐の軍資金が枯渇していること、でも喉から手が出そうなくらいに武器を欲しているから
後払いでの追加注文をしてくると踏みました。

でも、ココとしては後払いの注文なんて受け取れない。
少佐は紛争に勝ったお金で払おうとしているけど、そんな後払いはダメ出し、
それにココはこの場所はあと2日したら膠着状態に陥ると予想しています。

なので、この場所からはとっととトンズラしようと思ったら・・・

なんかうさんくさい人キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!


この変な人は社長はカリーといい、ココと同じ武器商人。でも所属はライバル会社。
護衛としてミルドとルーをつれています。

話し合いのテーブルにつくココと少佐、カリー社長。
少佐からは追加注文の話が早速でて、それをココはその商品は用意できないといいますが、
カリー社長が「海運の巨人フロイド・ヘクマティアルの実子であり、HCLI社ヨーロッパ・アフリカ兵器運搬部門の
現場担当の一翼を担う貴方にできないわけない」とさらりと責任をココに押し付けますwww

ココの表情にわらたwwwしてやられたって感じがして面白かったですwww
てかココは、そんなすごい人の娘なんですね。
今回、ココは学校というものには通ったことはない、でも武器とはずっと付き合ってきたといっているので、
武器商人としての英才教育みたいなものを受けてきたのかなあ~
ロシアが対人ヘリを出した時に、一目見てその武器を特定してたし。


状況分析も正確、武器の知識も豊富、交渉術にも長けている、
ココの武器に対する知識と対応は並大抵の人ではできないし。
カリー社長とやりあってるのも、普通、社長とココみたいな若い女の子が台頭にやりあえないだろうし。

また、ロシアの対人ヘリが来た時に、少佐側の兵士が対人ヘリが来ている最中ずっと
ココは笑ってたよなこいつ、って言われていました。
ココの心情とか価値観とかどうなってるのかなあ。
まだ2話ですが、彼女の内面に結構興味がでてきました!
あの笑顔はどうやってつくられたんだろう・・・

少佐から護衛という名の首輪をつけられて、峠を超えるココ達。
カリー社長も同じで、少佐からの護衛がつけられています。

峠を降り切り、トージョ達が護衛を捕獲したところで、ココたちはトージョたちが隠れていた建物に一旦潜伏します
ちなみに、カリー社長の方は護衛が四の五のうるさいということで、勝手にミルドが殺しました。
これが後で色々影響してくるんですが。

ココたちが潜伏している建物に、カリー社長ご一行も登場www
机に足なげてカリー社長を挑発するココが可愛かったですwww

ミルドとバルメの戦闘は、ちょ、バルメ強すぎるwwwッて感じでした。
片目見えないのにあのナイフでミルドに勝つとかすごすぐる!
二人の会話を聴いてると、ミルドとバルメは腐れ縁みたいな感じなのかな???
ミルドはバルメに挑むけど、でもバルメ強すぎて倒せない、な関係をずっと続けてるのかなあ。

少佐一派もココとカリー社長に追いつきます。
少佐一派の兵士としては、同じ仲間を殺したカリー社長を赦せない様子。

カリー社長とココは話あい、なんとここでココ達が敵をひきつける役を引き受けます
ココはカリー社長に借りをつくるからっていってますが、こんな危ない役を~って思ってたら

おもいっきり裏切ったココwwwww

少佐一派の兵士に、お前らのなかまを殺した3人は建物の中だと大声で指摘し、
カリー社長たちに兵士を引き付けますwww

この場面わらいましたwwwええええ!裏切ったよ!でもココだから
まあ、このくらい考えてるよなwww面白い(/ω\)イヤン


おもいっきり逃げるココ一行。
紛れも無い戦場なんだけど、運動会みたいにみんなで走るのがなんか面白かったです。
彼らにとって戦場は日常だからなあ、こんな感じに日常チックな感じになるのかなあ実際。
あと、ヨナが笑顔をみせたのも(´;ω;`)ブワッ・
ここは戦場なのに、自分は一回も銃をうたなかったと。
なんかこう、うん・・・

飛行場でのココ一行。
あの戦場は、ココの予想通りにロシアとの膠着状態に入ったと告げるニュースが流れています。
そして、なぜか汗だくのカリー社長がwww
逃げるの苦労したんだろうなああwww
最後までココに振り回されてるし、社長。

次回は前後編になるのかな~楽しみです!

関連記事
スポンサーサイト

2012/04/21(土) | ヨルムンガンド | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/309-48003f23
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。