QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コードギアスR2 TURN23 シュナイゼル の 仮面


さてやってまいりました、シュナイゼルの仮面!
題名からしてきな臭い感じがしますが(笑)

今回も細かい感想ではありません。すみません。
なんか色々書きますー!!とかいっときながら全然かけてない・・・

毎度のことながら、ルル視点が強い感想になってます。

そしていつにもまして妄想が強くなっております(笑)
・・・考察じゃないですよ!!妄想レベルですよ!!

ではでは、それでも大丈夫だぜ!という方は続きはmoreからどうぞ!!



今回もいつもにまして、スピードが速い回だったと思います。

私はやっぱり、「反逆のルルーシュ」なので、
この物語はルルーシュの話だと思っています。

なので、今のルルーシュにそこまで関係していない部分は
特に説明せずに今回のように、最後の決戦に向かうであろう人々の場面を
音楽と場面のカットのみで流してもよい、と思います。

今まで見ていて、コードギアスはキャラの心情などを
数秒の場面のみで表してしまうことをやってのけていますし、
だからこその、スピード感であり、ギアスの面白さの1つ、だと思っています。

今更、話のスピードを緩めてじっくりとキャラを描かれても
なんか微妙ですし。

でもそれでも、やはりいつもよりスピードが速くなっている分、
ルル達に比べて、他のキャラがあまり描かれていない部分があるなあと思いました。

コードギアスは元々、キャラの背景や心情を物語に必要でない部分はそぎ落としてきましたが、
今回は、特にこれを感じました。

じゃあどうするか。


描かれないなら、妄想すればいいじゃないー!!


ということで、管理人、いつにもまして妄想することにしました(笑)

なので、この先、管理人の妄想大爆発ですよ!!


ちなみにR2の部屋、9月から福山さんに戻ったのですが、
上手いことストーリーをまとめて説明してくださっているので、
内容把握に役立ちますよー。



●シュナイゼルという虚無

シュナイゼルとコーネリアの会話の場面を見ても、
私にはシュナイゼルが本当は何をしたいのかが、よくわからないんですよね。

平和を実現するために・・・とはいっていますが、
本心からそう思っているのかなー?と。

シュナイゼル役の井上さんが、淡々と演技をなさっていることもあり(褒め言葉です!)
シュナイゼルがどの程度本気で平和を実現させたいのかなー?と疑問に思ってしまうのです。

今回の題名は「シュナイゼルの仮面」ですので、この場面は彼の仮面に隠された本心を描いていると思いますが、
私はこの場面をみても、シュナイゼルは「平和を実現しようとする仮面」を被っているのかなーと思ってしまいます。

ディートハルトがシュナイゼルのことを

「ゼロのカオスをも凌駕する完璧なる虚無、多用なる変幻」

と言っていますが、まさにこんな感じ。

シュナイゼルの仮面の下には、虚無しかない、と思っています。
虚無だからこそ、何者にもなれるし、どんな仮面も被れる、ということなのかなと。

そして虚無だからこそ、人の感情や想いをトレースして演じることはできるけど、
本当の意味で、人の想いの強さを知ることはできない、と思っています。



ここからは(ここからもか)言葉を拾って妄想していきますー!!!(笑)

ちなみに管理人は、「生まれつき彼はこういう性格だった」というキャラ像が
コードギアスにおいてはあまり好きではないです。
(他の話だと大好きな設定大好きなものもありますが)
なので、シュナイゼルが何でこういう風になったのか、を妄想していきたいと思います!!
(妄想の関係上、言葉の順番を変えています)


「人々の願いはなんだい?飢餓や貧困、差別、腐敗、戦争とテロリズム。
世界にあふれる問題をなくしたいと思いつつも、人は絶望的なまでにわかりあえない。」

「戦争を否定する民間人だって、警察を頼りにするよね?
みんな分かっているんだ、犯罪はとめられないと。人それぞれの欲望は否定できないと。」

「だったら心や主義主張はいらない。システムと力で平和を実現すべきでは?」



恐らくはシュナイゼルは「情報」として世界の人々がこれらの問題で苦しんでいることを知っているだけだと。

で、なんで彼がこういう風な人になったのかと考えていきます!!



「人は絶望的なまでにわかりあえない」

小さい頃ルルには守るべき存在であったナナリーがいて、そして親友のスザクがいました。
でもシュナイゼルにはこのような存在が今までにいなかったんじゃないかなあと・・・。

どんなに自分のことを受け入れて欲しくてもてわかってほしくても、
彼を理解し受け入れようと努力した人がいなかったんじゃないかなーと思っています。


私も、人は絶望的なまでにわかりあえない、と思っています。
でもだからこそ、人は対話をし、そのなかで人と少しでもわかりあえたら
それは奇跡のような美しい瞬間、と思っています。
(すみません、管理人もひねくれてます(笑))

でも、シュナイゼルは「対話」を放棄したのかな・・・と。
だったら、わかりあおうとなんてしない、他人の存在なんていらない、
という選択肢を選んだのかなーと(妄想大爆発(笑))


「人それぞれの欲望は否定できないと」
「だったら心や主義主張はいらない。システムと力で平和を実現すべきでは?」


ということは、人それぞれの欲望で手酷い目にあったのかなーと。
父親は現実世界から逃避してるし(汗)、皇族ですので
いつ命を狙われてもおかしくなかったと思いますし、
そうでなくとも権力闘争に幼い頃から巻き込まれてたのかもしれません。

そのようなこともあって、人が持つ欲望が嫌になったのかなーと思います。

欲望があるから争いが生まれる
 →だったら欲望や感情を否定すればよい
 
みたいな感じになったのかなーと。
シャルル達は人々に争いを起こさせる原因=神であるとして神殺しをして、
争いの無い世界を創ろうとしていましたが、
シュナイゼルは、人々が争いを起こす原因=人の業であると考えているので、
人の欲望を否定し、完璧なシステムを作ることで争いの無い世界を創ろうとしているのかなと。

まあ、なんで彼が争いの無い世界を創ろうとしているのかは不明ですが(汗)



「平和というのは幻想だよ、戦うことが人の歴史。
幻想を現実にするためには、躾が必要では?」
コーネリア「人類を教育するつもりですか?そんなの神でなければ許されない」
「だったら神になろう。人々が平和を私に望むのなら・・・」



多分誰も貴方に平和を望んでいないと思うけど。

ということはおいといて(笑)

平和というのは幻想だということには賛成しますが、
そんなどこかのヒーローがでてきて世界を平和にしたよー!!
なーんて出来るわけないじゃん、と思いますが(汗)

というかそんなことをしては絶対にいけないと思いますが、お兄様。
それは単なる恐怖による支配でしかなく、それは平和とはいわないのですよー!!

でもじゃあ、シュナイゼルは人々が彼に平和を望まなかったら、このような行動はしないのでしょうか?
うーん・・・



で、一応管理人なりに、管理人のシュナイゼル像をまとめてみますと


他人の存在の必要性を切り捨て、人の想いや欲望、感情もいらないものとして切り捨てた人。


という感じになります。

そして、他人の存在を切り捨て、人の想いや欲望を切り捨てた人は、
なんとなくですが、生きていこうという気力や欲望を失くし、
そして自分の感情にすら気付かなくなるのかなーと思っています。

だから、シュナイゼルの仮面の下は「虚無」でしかない、と思います。
自分の欲望も感情すらも何も無い、存在。

で、そんな彼がなんで平和を創ろうとしているのか。
彼みたいな存在なら、平和を創るなんて面倒くさいことをしないと思うのですが・・・。

うーん。ここはよくわからないので保留にしておきます。


でもそんなシュナイゼルでもルルには嫉妬に近い感情を抱いているのかなーと思っています

「でもそのほうが幸せじゃないかな?ルルーシュに忠誠を誓う人生よりかは」

なんでここまで言い切れるか、彼がルルを目の仇にしているのかわかりませんが、
おそらくは、ルルに嫉妬に近い感情を抱いているからかなーと。

そして今、シュナイゼルが唯一抱いている感情は、ルルへの嫉妬、なのかなーと。


で、カノンだけが、そんなシュナイゼルを見抜き受け入れて側にいるのかなと思います。
カノンが「涙を流せるうちは大丈夫」と言っていたので、
彼には涙すら流せなくなるようなつらいことがあって、
そしてその結果、シュナイゼルに仕えているのかなーと思います。

カノンだけが、シュナイゼルに理解の手を差し伸べていたけど、
でもその時にはもう、シュナイゼルはもう、他人からの手を取ることはやめてしまったのかな、と。


・・・・・

・・・・・・・・・・・。


我ながら妄想が激しくて(以下略)



●ルルーシュとスザク

今回の内容をみて、本当にルルは成長したなー!!と思いました。
そして対話って、仲間って大事だなー!とも思いました。


本当はナナリーを守ってあげたいけど、
でも、もう、ナナリー独りの為にとどまることは許されないから、
手は震えてるけど、それでも仮面を被り続けたルル。

前だったら、絶対にボロだしてたのに。。。

でもそれでもナナリーの前では仮面を被れたけど、
やっぱりその後、混乱してしまうんですよね・・・


白と黒のチェスがルルによって、はじかれてますし、
チェスってルルの象徴だと思うので、ルルの精神が乱れを表していると思います

でもでも!今回はスザクがいるんですよね!

そんな混乱したルルに

「ナナリーが生きていたからと言って立ち止まることは許されない
なんのためのゼロレクイエムだ!約束を思い出せ!」


と叱咤してくれるんですよね!!

そしてC.Cはルルの独白を優しく聞いてくれるんですよね!!


初めてではないでしょうか?ゼロであるルルのことを全部知って、
支えるだけではなく、共に同じ目標に突き進む人ができたのは。

スザクが、ルルの剣であり、彼の敵も弱さも排除し、外側からルルを支え
(だからEDでスザクは剣をもっているんでしょうか!)
C.Cが盾となり、ルルを内側から支える。


仲間って大事。支える人がいることって大事。と思った場面です。

そしてルルがそんな仲間を得られたのは、
おそらく、今までのことをちゃんとスザクに話して、
そしてスザクもルルにちゃんと話したから。(ここ妄想ですが(笑))


対話って大事。


ルルはナナリーを失ったと思って、黒の騎士団もなくして、ユフィをこの手にかけ、
スザクはフレイヤを撃ってしまい、守りたかった信念を打ち砕かれて、
2人とも、ずっと自分が守って固執してきたものを全てなくして、
一旦リセットされたから、本当の自分の想いに気づいたのかなーと思っています。

でも。でも、そんな彼らだからこそ、悪をなして自分達が消えていく、という選択はして欲しくないんですよね。

多分、ブリタニアが支配する世界を壊し、ギアスをこの世界からなくして自分達は消え、
その後の世界は、残された人たちが新しい世界を創っていけばいい、と思っていると思うのですが。


・・・屋上で花火!!まだあきらめてませんよー!!



●シュナイゼルとルルーシュの仮面

これまで、ルルの対立軸って、スザクだと思っていたのですが、
今回を見ると、シュナイゼルだったんだなーと思いました。

ルルはラグナレクの接続の回で

「人はなぜ嘘をつくのか。それは何かと争うためだけじゃない。何かを求めるからだ。
 ありのままでいい世界とは、変化がない、生きるとは言わない、思い出の世界に等しい。
 完結した閉じた世界、・・・俺は嫌だな」



と言ってましたので、ルルが今仮面を被るのは、
彼が求めるもののため、ゼロレクイエムの為だと思います。
そして今までもずっと、ルルは自分が守りたいものの為にずっと仮面を被ってきました。

つまり、何かを求めるからルルは仮面を被る、と思っています。


じゃあ、シュナイゼルはというと

ラストで

「仮面を使いこなせない人間に、勝利はない」

と言っていますが、彼が仮面を使いこなす目的がよくわからないんですよね。
なので、シュナイゼルは、ただ仮面を被っているだけ、だと思います。
そこに自分の目的はないんだろうなーと。


そしてそして、ルルは同じくラグナレクの接続の回で

「勝ち負けじゃない! これは願いだ!
 ・・・そう、俺は今こそ自分を知った!
 神よ! 集合無意識よ! 時の歩みを、止めないでくれッ!!」



とあるので、これまでのながーい物語を経て、
ルルはやっっっっと、自分の本当の想いを知ることができた、と思っています。

普通の作品なら、下手すると主人公は初めから自分のやりたいことに気付いてるじゃん、と思いますが(笑)
多分、制作陣はルルに力を与え、そしてその対価としてルルがそれによって得たものを、
それだけでなく彼が守りたかったものを彼から根こそぎ奪った状態にまで突き落とし、
そしてそこからルルが自分の想いに気付いて進んでいく、ということをちゃんと描きたかったのかなーと。
「一縷の望みは、絶望からこそ生まれいずる」をやりたかったんだろうなーと思っています。

私も、本当の願いや自分の意思って、絶望から立ち上がったからこそ、得られるものだと思っています。
(ひねくれてくこと、十分承知してますよ(笑))


でも一方で、シュナイゼルは自分の想いに気付いていない。

シュナイゼルの仮面の下は虚無でしかない、と思いますが、
でも、そんな虚無をずっとずっと掘り下げていけば、シュナイゼル自身の想いや感情が
眠っているんだろうなーと思っています。

できれば、物語中でシュナイゼルの本当の想いがでてくると面白いのですが・・・
多分、無理なんだろうなあ・・・



ルルが「想いの人」であるのに対して、シュナイゼルは「虚無の人」。
シュナイゼルは虚無であり、人の想いや存在を否定しているので、

ダモクレスによる支配→人を記号とするもの→人が人として存在できない世界

とルルに言わせているのかなー。



物語的な対比でいうと、

シャルル:人の争いの原因を神に求めた→なので神殺しで人の争いをなくす
シュナイゼル:人の争いの原因を人の欲望とわかりあえなさに求めた→システムと力で平和を実現する

になると思います。

で、ルルが、多分、シャルルのように神にすがることなく、
シュナイゼルのように人を記号とするシステムにをつくることなく、
人が「人」としてちゃんと存在できる世界で平和をつくる礎になろうとする・・・??


・・・・妄想大爆発です(笑)


●ナナリーとルルーシュ

正直、ナナリーがフレイヤを撃つとは思いませんでした。

シュナイゼルの嘘に簡単にだまされるとも思いませんでしたし。

コーネリアが帝都に住む人は避難させたという嘘に気付いたので、
ナナリーも気付いてもおかしくない、と思います。


スザク「ナナリー、君はシュナイゼルが何をしたのか分かっているのかい?」
ナナリー「はい、帝都ペンドラゴンにフレイヤを打ち込んだ」
スザク「それがわかっていてなぜ??」
ナナりー「では、ギアスの方が正しいというのですか?
お兄様もスザクさんもずっと私に嘘をついて、本当のことを黙っていて。
でも、私は知りました。お兄様がゼロだったのですね
どうして、それは私のためですか?もしそうなら、私は・・・」



の会話を見るに、もしかしたらナナリーはそれが優しい嘘であっても、
嘘をつかれること自体が本当はとても嫌だったのかなーと思いました。

目が見えない分、嘘を言われても普通のひとよりも気付きにくいですし。

そして、フレイヤを兄ルルーシュに撃つなら、
自分で発射スイッチを押して、罪だけは背負いたいといいます。

個人的に、罪を背負いたいなら、フレイヤのスイッチを押す時に
あんな綺麗な庭があるところにいてはいけないと思うのですが(汗)
何その甘い覚悟、と思ってしまいますが。

そんなことはおいといて(え)

ルルは優しい嘘をつく人です。
おそらく、ナナリーは「嘘をつく」=罪であり
下手をすると、優しい嘘と悪意の嘘の違いに気付いていないのかなーとも思います。

自分の大切な存在であるルルが自分に嘘をついていたことで頭がいっぱいになり、
シュナイゼルの嘘にきづいていないのかなーとも。

偽りの弟であり1年しか一緒にいなかったロロが最期にルルのことを理解して死んでいったことを思うと
本当の妹であるナナリーがルルが優しい嘘をつく人だと気付いていないのは、
切ないなーと思うのです。
(この物語的にはとてもよい対比だと思っています)


ルルはナナリーを守ることに必死で、
ナナリーはルルに守られることで兄との関係を守っていたと思います。

お互いがお互いを守ることに手一杯で、お互いの本音というのをぶつけたことがなかったんじゃないのかなあ。
だからこの兄妹は「対話」をしたことがないのだと思います。


ルルにとって自分の存立基盤であるナナリーが敵でも、自分の意思をつらぬけるか?
これは最後に彼に与えられた試練だと思っています。

そしてナナリーにも、最後に試練がきた、と思っています。
ナナリーはずっとルルによって守られてきました。
嫌な世界、汚い世界から、ルルはナナリーをずっと守ってきました。
そのナナリーがルルの庇護下から出て、兄と敵対してもちゃんと自分の足で自分の道を歩めるのか?

ルルとナナリー、お互いが独りの人間として、独立できるのか?
そして独りの人間になった状態で、ちゃんと分かり合えることができるのか?


コードギアスの最後の物語は、この兄妹離れなのかな、と思っています。

個人的には、抽象的ですがお互いがお互いを思う「想いの力」と
「対話」によって彼らが分かり合えたらよいなーと思っています。


おお。妄想ばっかり(笑)


ここまで妄想につきあってくださってありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

2008/09/21(日) | コードギアス 反逆のルルーシュ | トラックバック(1) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/32-0823290c

コードギアス 反逆のルルーシュR2 #23 『シュナイゼル の 仮面』

 ルルーシュが見たのは、求めて已まなかった人物が宿敵シュナイゼルの傍にいる光景だった。  ブリタニア皇帝となり、ゼロレクイエムの成就を目指して進むルルーシュは、トロモ機関を巻き込んで離反し、天空要塞ダモクレスを完成させたシュナイゼルに立ち向かえるだろ...

2008/09/21(日) 14:00:56 | 月の静寂、星の歌

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。