QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 2話 ツインドライブ 感想

今更ですが、ダブルオー2話感想です(笑)

3話と感想をまとめようかなーと思いましたが、やはりガンダムなので、遅いですが
感想を書くことにしました!!

いつもより短い感想になりますが、それでもいいよ!という方はmoreからどうぞ!!

※気になったところを中心に感想を書く形式です。


今回の次回予告をみましたら、3話でイベントでネタバレされた部分にやっとこさ突入します!
そうです、555フェスでアレルヤ奪還作戦をばらされたんです(泣)

あと一つ、本編で微妙にされていた部分が決定的な描写で描かれていたのですが・・・
この場面は・・・でるかなー。分かりません(汗)

ということで、本編感想、参ります!!


●状況メモメモ

ファーストシーズンででてきた主要キャラがある程度物語の表舞台にでてきたなーという感じがしました。

アロウズ側にマネキン、仮面の男(笑)、ピーリスで
カタロン側にシーリン

という感じですかね。

今回、スメラギの正体をばらされたカタギリと、捕まえられたマリナがどちらにつくのかなーと気になります。


個人的に気になるのは、コーラサワーはどこへいったのでしょうか!!
彼は今どこに!!とても気になります!!


アロウズについてですが、

「攻撃対象は、軍事力を保持する非連邦参加国全て」
「大量虐殺もいとわない組織」

なので、やっぱりまともな組織ではないのかなーと思います。
ですが、早急に世界を一つにまとめアロウズのような組織をつくらなければならなかったのは
ソレスタルビーイングが現れたからで、そしてこの腐敗を許したのもまた、
ソレスタルビーイングという抑止力が表舞台から消えたから、ともいえると思います。


刹那が

「俺は、俺達は戦う。
 世界に変革を促したことが俺達の罪なら、その罪は、再び世界を変えることでしか償えない」

と言う場面がありますが、セカンドシーズンは、刹那達が過去の自分達の行動の結果について
立ち向かっていく話でもあるのかなーと思います。

・・・実は、超合集国と黒の騎士団が腐敗するとこうなるのねーと思った管理人です(笑)


そしてそして、ダブルオーガンダムが登場しました!

太陽炉は相乗効果で力を増強できるシステムだったんですねー。
足し算ではなく、掛け算。

これだと、太陽炉を増産すれば勝てる、というわけではないので、
これから面白くなりそうな設定だと思います


●気になる人メモメモ

・仮面の男

誰だろうー。とても気になるー
乙女座らしいけど、誰だか全くわからないー

中村さんの声がするけど、グラ○ムだとは全く思えないなー
気になるなー


・王留美

ファーストシーズンの時から、あまり好きではなかったんですが・・・
過去に何かがあって、今の世界の変革、というより破滅を望んでいるのでしょうが、
世界を、現実を見下していて、かつ自分は安全な場所で観察者を決め込んでいる
お嬢様が個人的に好きにはなれませんね・・・

彼女は「破壊」を望んでいるのであり、破壊の先にある「再生」は望んでいない気がします。

そんな印象を持ちました。

意外にダブルオーの物語のラスボスは、お嬢様だったりして、と思っています。


・ライル

意外に、すんなりソレスタルビーイングに来てびっくりしました。
性格も、二ールと全然違うかなーと思っていましたが、
今のところそんな描写はなく。

そんでもって、あの刹那のスカウトで、ソレスタルビーイングに来た、というだけで、
ライルは凄い人物だと思われます(笑)

また、ライルはカタロンとは連絡をとりつつ、ソレスタルビーイングに参加する、という立場なので、
カタロンとソレスタルビーイングがこれから協力?というフラグなのかなんですかね??

でも。
これからニールとの違いがでてくると思いますが、
外見を少し変えるとか、声優さんを変えるとかをしたほうがよかったのではないかなーと。


物語のキャラの位置として、ライルとニールがここまで似ていなくても良い、と思うのですよ。


いくら外見が似ていても、ニールはライルの、ライルはニールの変わりはできない、
という展開になるのでしょうが、
この展開が主要キャラで意味を持つのはティエリアぐらいかなーと思ってしまいますし、
しかもそこまで重要な意味は持たないと思います。


三木さんは好きですし演技を聴けるのは嬉しいのですが、
物語としては必要な措置だったのかなーという疑問をもってしまいます。


・・・こんな疑問を持ったことが馬鹿みたいー!!と思える展開を、スタッフさんには期待します!!



●機密情報は守ろう

今回、刹那がものすごい勢いで、機密情報をただもれさせていました(笑)

刹那っぽいといえば、刹那っぽいですし、
ここまで捨て身にならなければ、ライルもソレスタルビーイングにすんなり入ったのか分かりませんし、
スメラギも刹那に全てばらされなければ、今回のように戦術予報士として復帰したのかも疑問ですし。

ですが。

ここで刹那が機密情報をただもれさせたということが、後の展開の伏線になってほしいなーと思うわけです(笑)

展開を速くするだけだと、作品として粗い印象をもってしまいます。
展開は速いけど、伏線もあって面白い、という作品になって欲しいなーと思います。


●理不尽な世界で

今回、沙慈が捕らえられている(というか保護だと思います)場面が凄く印象に残りました


「奴らはもう14件もの、鎮圧という名の虐殺を行った。
 被害は数万人規模。その情報は全て揉み消されている。
 お前も、奴らのやり方は味わったはずだ」
「・・・だから何です!? 連邦政府もあなたたちの武力介入が元でできたんじゃないですか!」
「だから、ケジメを付けるのさ」
「戦えば、また罪のない人が傷付く!」
「戦わなくても、人は死ぬ」


だからなんです?って、オイと思いましたが(汗)


「戦えば、また罪のない人が傷付く!」
「戦わなくても、人は死ぬ」


この問題は、いつまでたっても解決できない問題ですよね・・・
戦ったら人は罪の無い人を巻き込むことになるけど、
じゃあ戦わなかったら罪の無い人は死なないのかというのはそんなことは全くない状況で(汗)


戦ったら人は死にます。でもその破壊の先の再生には今よりも少し、幸せな世界になれるかもしれない。
戦わなかったら、今幸せな人たちは幸せな人生を歩めます。でも、今悲惨な立場にいる人たちは救われない。


ここら辺を、上手く描いてくれると面白いなーと思います。



そして今回、沙慈はルイスを傷つけた機体がスローネであり、
ソレスタルビーイングとは違う、ということを知りました。

私は沙慈には、敵はスローネであって、ソレスタルビーイングは違う、
というレベルにはとどまって欲しくないのです。

沙慈という今まで平和な生活を送ってきたキャラだからこそ、
世界の現実を知り、自分の復讐の想いに苦しみ、世界の理不尽にさらされ、
でも心が折れることなく、それらを全て乗り超えて、個人の復讐のためではなく、
世界を良くするために行動する、というところまで行って欲しいと思います。

そしてその過程で、ソレスタルビーイングの存在も
ガンダムの存在も否定して欲しいなーと思います。

個人的に思うのですが、刹那もソレスタルビーイングにいる人間も、
覚悟が定まっているので、あまりブレないんですよね。


それだとつまらないんです。


もっと、彼らに悩んで迷って欲しい。
それでも武力介入をするのか?ということを描いて欲しい。

今の沙慈には彼らの覚悟をゆるがせる言葉は紡げません。
でも、物語が進むにつれて彼らの覚悟をゆるがせる言葉を紡げるように
なって欲しいなーと思います。

刹那と沙慈。この2人の覚悟がぶつかる展開がくるのをとても楽しみにしています



●人の強さと弱さ

スメラギは4年間、酒びたりだったようで(汗)

こうなるのも分かります。
でも、それでは何も解決できません。

刹那は4年間、世界を自分の眼でみてきました。
逃げることなく。


人には、現実から逃げなければならない時があります。
現実に立ち向かうには力が必要ですし、力を蓄えた上で、現実と立ち向かえばいいだけで。
それが1日で終わる時もあれば、何年もかかる場合もあります。それが人間。

でも立ち向かわないと、あがかないと何も解決しないんですよね(汗)

どん底から無理やり(笑)這い上がらされたスメラギがどのように動くか?
どん底まで落ちた人間だからこそが持つ強さを持って、これから動いていって欲しいなーと思います。


●次回予告

アレルヤ奪還作戦!!やっときましたよー!!!

まだ3話。まだ尺はある(笑)

次回も期待して待ってます!



関連記事
スポンサーサイト

2008/10/19(日) | 機動戦士ガンダムOO | トラックバック(1) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/37-29e040dc

機動戦士ガンダム00 2ND SEASON #02 『ツインドライヴ』

 ソレスタルビーイングが世界の歪み、その根源の一つであったアレハンドロ・コーナーと戦い、打ち破った末に消えて4年。  しかし、刹那・F・セイエイやティエリア・アーデたちソレスタルビーイングの生き残りが見た世界は、表面上は平和を享受しながらも、その裏では...

2008/10/19(日) 06:35:46 | 月の静寂、星の歌

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。