QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CODEGEASS COMPLETE BEST 感想(ネタバレなし)


ということでギアスコンプリートベストの感想です。

本当は今日、じっくりと書こうと思ったのですが、
先日受けたマッサージで老廃物がでていったため
異様に疲れてしまい、本日眠りこけていました(泣)

いやー。やばいです、自分の体(汗)

なのでまず、ネタバレなしの全体感想を書こうと思います。
そしてその後に、ネタバレありの感想を別記事で書きます。

え?コンプリートベストでネタバレ??と思われると思いますが、
ショートストーリーやモノローグがあるので、ネタバレ配慮感想をつくりました(笑)


またネタバレありの細かい感想は、書き上げるのが遅くなるかもしれません。
管理人、コードギアスについてはぐるぐると考えてしまうので(汗)
だってまだ最終回の感想書ききってないし(え)

とそんなコードギアス大好きな管理人が書いた感想になります。
ネタバレに配慮していますが、まっさらな状態で聴きたい&読まれたい方はご注意ください。
やはり感想になるので、内容にはネタバレにならない程度には触れています

ということで、続きはmoreからどうぞ!!

※コードギアス本編のネタバレを含みます
※ジャケ絵に関しての感想は普通に書いています。
 ネタバレも何もないと思いましたので。



商品内容はこんな感じでした

・1期とR2の全OPとEDと、合間にC.Cのモノローグの入ったCD
・OPとEDの全バージョンが収録されたDVD
・CODEGEASS STORY BOOK
・谷口監督の各OPとEDへのメッセージがついている、歌詞カード
・regret messeages
・ポストカード8種類

になります。

管理人、ギアスコンプリートベストは買わないという選択肢はなかったのですが(笑)
それでも、買って本当に良かった!!ありがとう制作スタッフさん!!
と思うほど、とてもクオリティが高い商品だと思います。

今までもコンプリートベストはありましたが、
曲の合間にキャラのモノローグがついたり、書き下ろしショートストーリーがついたりなどは
初めてなのかな??

このちょっとした制作陣のサービス精神が嬉しかったです。

DVDもOPとEDの全バージョン収録なので、
途中で絵が変わったバージョンも収録されていますし、
1期ラストや最終回のみでながれたバージョンもちゃんと収録されていました。
WORLD ENDなんて、ルルが最後に手を空にかざす場面が
夜の空と朝の空の2パターンがちゃんと収録されていましたし。

歌詞カードもただ歌詞が収録されているだけでなく、
谷口監督がなぜこの曲を選んだのかのメッセージがありますので、
それを読むことで、なるほどーと思えます。
だからFLOWでアリプロで・・・と。

CDも別に曲のみを収録するだけでも十分だと思いますが、
そこにちゃんとC.Cのモノローグをつけてきている。

このちょっとした追加部分で、コードギアスという作品をより深く堪能できるようになっています。
ちょっとした追加です。モノローグもそこまで長くないです。
でもこれがあると無いとでは、この商品の完成度って全く違うな、と思いました。

以前買った種運命のコンプリートベストは、
DVDに収録されたOPとEDは、ノンテロップですらなかったでしたし(汗)

この商品は今までのOPとEDを集めた商品ですが、
買って書き下ろしのショートストーリーや、ストーリーガイド、
またCDを聴くうちに、ギアス小説や漫画やDVDと同じレベルの
クオリティを持っている商品だよなーと思いました。

単なる、OPとEDを集めて書き下ろしが少しありますよ、という商品ではなく、
「CODEGEASS COMPLETE BEST」というコードギアスの1つの作品であると思いました。
ストーリーガイドブックなんて文章だけで20P弱はありますし。

もう、それくらいよかったですー!!!
4500円と普通のCDと比べるとまあ、高いですが
それでもコードギアスがお好きな方なら、買って損はなしですよ!!
期間限定生産なので、是非!!!

そして商品全体を通してみると、
ああ、反逆ってそうか・・・そういうことかー!!!ルルーシュー!!!!(泣)
となります。少なくとも管理人はなりました(笑)

また、細かいですが、開け閉めがとても楽(笑)
蓋と箱という構造ではなく、横にぱかっと開く構造になっているので
開ける時に苦労しないです(笑)


ということで簡単ですが、個別の感想にいきます。


●CD

構成は

C.Cモノローグ→COLORS・勇侠青春か(漢字がでませんでした・・・)→
C.Cモノローグ→解読不能・モザイクカケラ・瞳ノ翼→
C.Cモノローグ→O2・シアワセネイロ→
C.Cモノローグ→WORLD END・我がろうたし悪の華→C.Cモノローグ

という感じです。
みるとお分かりのとおりに、一つの区切りごとにC.Cのモノローグが入っています。

このモノローグ、あると無いとでは全く違うと思いました。

ネタバレは避けるので細かくは書きませんが、
このモノローグがあることで、バラバラなアーティストの曲が
「コードギアス」という一つの線によってつながっている、という感じがします。

C.Cのモノローグを聴いて、色々と思い出して、そして歌を聴く、
そうするとその歌が使用されていた物語の場面が思い出されて
すごく感慨深くなります。

このちょっとした追加がここまで影響もつとは思いませんでした(汗)
また、これスザクやルルでもなくC.Cのモノローグということがまた効果が高かったです。

特に最後のC.Cモノローグは・・・泣けます・・・
うわあああってなります。そうか、そういうことだったのかコードギアスってー!!!!
となります(笑)


●歌詞カード


曲に関係しているということで、まず。歌詞カード。
谷口監督の各OPとEDへのメッセージついていまして、
なんで谷口監督初め、制作スタッフさんがこの曲を選んだのかがわかって
とても興味深く読めました。

作品にとってこの曲はこの点が必要だから使うという話だけでなく、
どうやってお客さんであるファンの人にこの作品をみてもらえるのか??
という点も語られています。

お客さんの方をちゃんと見ているのが、なんか谷口監督らしいなあと思いました。
これ以上書くとまたネタバレになるので別の記事で。


●CODEGEASS STORY BOOK

今までの1期からR2までのストーリーがまとまったものです。
書いているのだれなんでしょう??大河内さんかな??
ちょっとそこまで分かりませんでしたが・・・

実は単に今までのストーリーをまとめただけだと思っていたのですが。
読んでみたら。
そんなことはなかったです(え)

この1つのブックで、書き下ろしストーリーのクオリティがあると思います。
アニメーションという表現でコードギアスという作品は描かれてきました。
(派生作品として小説・漫画などがありますが、管理人はメディアミックス展開のものは
原則アニメ本編では別作品捉えています)
今度は、文章で(小説ではないですよ)コードギアスという作品を描くとこうなるよ、というものだと思います。
それくらい、このストーリーブック、質が高いです。

このストーリーブックは、ルルーシュを中心にコードギアスという物語が描かれています。


彼にとって、反逆とはなんだったのか


本編では映像で描かれていた部分が、文章として再度描かれるとまた違う感想をもちました。
そして、アニメだと様々な登場人物がでてきていますが、このブックではルル中心なので、
より深く、ルルの心情や想いが分かりますし、伝わってきました。

でもまあ。まあそこどうよと思ったのは。
R2って最後の方の展開は、もう安全装置が外れたジェットコースター並に展開が早かったと思います。
ですのでやはり、最後の方の場面を見ると、

あ、そうだったのね(汗)

というのがわかって、なんだかなーという気分にはなります。
管理人の理解力の無さも原因ですが、
アニメ本編見ているだけでは??な部分が分かったりして
それはちょっと、どうよ、と思ったりしてました(笑)

●regret messeages

regretって(泣)

まあいわずもがな、regret messeagesって、彼へのregeretですよね(泣)

このregret messeagesは加納さん(ニュータイプでギアスのショートストーリーを書かれていた方です)
の書き下ろしでした。

この構成は、コードギアスのOPとEDごとに各キャラが
彼へのregeretメッセージ紡いでいるというものになっています。
(一部のぞきますが)

もう、このregret messeages、反則です。
マジで泣けます・・・

特に、スザクとロロ、C.Cの彼へのメッセージは泣けます・・・

それぞれが抱く、彼への想い。
放送中には描かれなかったものや、また本編終了後のキャラの視点から描かれたものもあります。

そうか、ロロにとって、スザクにとって、C.Cにとって、カレンにとって、
彼はそういう存在だったんだよね・・・と
色々とぐるぐると読みながら考えていました。

これ以上はネタバレするのでこの記事ではかきませんが、

管理人としては、このregret messeagesとCODEGEASS STORY BOOK、音声化してCDとして売り出してくれないかな
と思いました。

特に、regret messeagesはキャラを演じてくださった声優さんの声で、
文字だけでなく、音声としても聴いてみたい!!と思う内容でした。

管理人、ロロとスザクを聴いたら、まじ泣きする自信があります(え)


●DVD

上でも細かくかきましたが、まさか前パターンのOPとEDが収録されているとは思いませんでした(驚)
こういう細かい配慮、大好きです!!

●ポストカード

今までCDのジャケ絵になったたものや、書き下ろしのもの、
そして今回のコンプリートベストのジャケット絵までありました!!

これは嬉しかったですー!!
特に今回のジャケ絵はとても好きなので!!

ルルが暗闇にいて、そのルルが指さした方向には、
光ある方を向き、明日への希望の剣をもったスザクがいて。

まるでルルが「往け、我が騎士よ」と言っている感がして。
またルルは暗闇にいますが、その彼がみているのは
光がある方向です。

まさに夜明け前。
本編終了後のコードギアスの世界が「生まれる」夜明け前の絵。

夜の部分にはルルがいて、そして彼が創った世界で未来をつくっていくのはスザクだから
スザクは光の部分にいて。

夜明け前が一番暗くて、一番寒い。
そんなことを思い出す絵だなーと思いました。

とネタバレなしはこんな感じです。

コードギアスファンの方には是非手にとっていただきたい作品になっていると思います!!
ここまでよんでくださってありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

2009/01/19(月) | コードギアス 反逆のルルーシュ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/78-96243a26
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。