QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コードギアスR2 TURN13 過去 から の 刺客 感想2

コードギアスR2、TURN13感想第2弾です(笑)
時間がたち、色々な感想サイトさんを回らせていただいて、
自分の感想がはっきりとしてた部分と変わった部分がでてきました。
ですので、第2弾です!!

今回、中心に語らせていただくのは、

オレンジごめんよ
・シャーリーとロロについて


になります。

また、オレンジごめんよの感想の部分は、
コードギアス1期からいつも楽しく読ませて頂いてる、
管理人なっきーさんの、月の静寂、星の歌さんからの影響を多大に受けています。
なっきーさんの考察がとても丁寧で、また、コメントをお書きになる方々の感想も読み応えがあります。
とてもお勧めのブログさんです!!

では、感想第2弾になってしまいますが、それでもよい方はmoreからどうぞ!!
※今回もシャーリー好きな方はご注意下さい。ちょっときついことを書いています。

・オレンジごめんよ

月の静寂、星の歌さんで、なっきーさんの感想とコメントを何度も読むうちに、
一番初めの感想を書いた時、シャーリーのことに気をとられオレンジに対して、
ちゃんと考えてなかったことに気がつきました。

1期から今まで、オレンジは自分の中で、

・笑える存在


となっていました。
「全力で!」や「オハヨウゴザイマシタ」や「理解は幸せ」
などの数々の名言もとい迷言を残してくれたオレンジ。
彼が登場するだけで笑っていました。
それもそれで楽しいのですが、今回もその延長で、
オレンジ言語機能崩壊してるからなーと笑ってみてました。

ですが、月の静寂、星の歌さんをじっくりと読んでみますと、
オレンジが忠義の人であるということを実感しました(汗)

なっきーさんの記事やコメントのやり取りの中で

・忠義という部分は変節しにくい


ということにおおっと思いました。

また、

オレンジがルルに

「イエス、ユアマジェスティ」

といいました。なっきーさんの記事内で

「イエス、マイロード。(上司相手)
 イエス、ユアハイネス。(皇族相手)
 イエス、ユアマジェスティ。(皇帝相手専用)

 実質 『シャルルを皇帝と認めていない宣言』 なわけです。」

という部分がありました。
オレンジは、マリアンヌへの忠義から純血派になり、彼女の死の真相を求めた。
彼は辺境伯でしたので、実力はかなり評価されていました。
また、ルルをちゃんと見た上で、「イエス、ユアマジェスティ」と、忠節を尽くす相手だと選んだ。
これはもう、オレンジは「忠義」を礎とした人である、と思いました。
あそこまで出世街道から外れ、大きな屈辱と挫折を味わったのに、忠義を捨てなかったオレンジ。
それはやはり、すごいことだと思います。
普通なら腐ってしまって何もかも捨ててしまっても納得できるのになあ。

・・・・・ごめん、オレンジ。今まで、オレンジって言って笑っててごめん。
台所洗剤のオレンジジョイを見て大笑いしてごめん(オレンジジョイは買いました(笑))。
題名がオレンジの歌を聴いて、大笑いしてごめん。
今度から、ちゃんとジェレミア卿というね。



・シャーリーとロロについて


なーんで今回のことで自分はシャーリーではなくロロに感情移入するのか。
シャーリーは好きなことは好きだけど、魅力を感じないのか。

色々な感想サイトさんをみるうちに、そのような疑問を持つようになりました。
みなさん、シャーリーに感情移入されていたので。。
(私もシャーリーは可哀想だと思っています!!)

で数日考えていたのですが(長っ)

シャーリーは私にとって綺麗すぎたので魅力を感じないことが判明しました(汗)

彼女の中でも色々な葛藤があったと思います。
ルルを赦したことはとても凄いことだと思います。

でも、でもね。

私にとって、彼女は簡単にルルを赦したと映ってしまいました。
それは私にとって、とても綺麗すぎる行為でした。

人はそんなに理性的ではないと思っています。
理屈では理解できても、感情では赦せないことなんて、沢山あります。
でもその中でどうにかして生きていくものだと思っています。

だから、

もう少し、もう少し、感情の葛藤に苦しんで欲しかった。
ルルの本質をちゃんと見ていた彼女だからこそ、ルルに辛辣でもいいから、
彼女の苦しみや葛藤をちゃんと言って欲しかった。
そしてその上で、ルルを認めて欲しかった。


私は葛藤に苦しんだ上での、赦しを見たかったんだなーと思いました。


また、今までの展開だと私には

「ルルが好きな人で本質をちゃんと知っているからこそ、赦した」

というように映ってしまうのです。
「好きだという感情」で「赦せないという感情を覆した」ように思ってしまうのです。

赦せないという感情に喘いで泣いてどうしようもなくて、
でもそれでも、自分は人だからこそ、完璧に赦せはしなくとも、
赦そうとするというものが、「人が出来る「赦し」」だと思っています。
それは感情と戦ってその感情を認めた上での、人の理性による行為であると思います。
他の感情によって赦せないという感情を覆すということは、赦すという行為なのかな?と思います。
(分かりにくくてすみません)

一方ロロですが。

ロロが今のようになったのは、彼の責任もあるにはあると思いますが、
彼から記憶を奪い、暗殺者として育てた環境に責任があると思います。

人は自由なので、その環境でも、曲がらずにまっすぐに生きていくことはできるかもしれません。
そうしなかったのはロロの責任でもあると思います。

・・・でもなー。無理だと思います、普通なら。
しかも、ロロは小さい頃からそのように育てられましたし。

だから、ロロがたった一人の兄にとても固執するのは分かります。
記憶が無い彼にとって唯一のよりどころですから。
だから、彼からルルを奪う存在に対して敵意を持つのは分かります。

でも、だからと言って、シャーリーを殺したことが赦される理由にはなりません。
不幸な生い立ちだから何をしても赦されるわけではありません。

でも私はロロに感情移入をします。

ロロは感情に振り回されていますし、精神的にも幼いと思います。
でも、そんな彼だからこそ、感情と自分の存在と世界と向き合って戦って、前に進んで欲しいと思うから
感情移入をするのだと思います。

つまりまとめますと、

シャーリー←綺麗すぎて魅力を感じない
ロロ←感情に振りまわされているからこそ、ちゃんと向き合って前に進んで欲しいと思う。

・・・どんだけ人様と離れている感覚を持っているんだ自分(泣)
今まで、二十何年生きてきましたが、初めて自分が持つ感覚がここまでずれていると気がつきました(汗)


こんな人が書いているブログですが、これからもよろしければ訪問してくださると嬉しいです!!



・・・てか、あれですね。シャーリーで私が見たかった葛藤ってこれからルルが感じるものなんですよね。

自分が好きな人を殺されたルル。果たして、ロロを赦せるのか。


ルルはシャーリーの死は自分に責任があると思うと思います。
でも一方で、ロロが犯人だと知ったら、ルルはロロを憎むかもしれません。
でも、今までルルは人の命をゼロとして沢山奪ってきました。
殺された人の家族や友人にとって、ゼロは憎まれる存在だと思います。
さてその状態で、ルルはどうやって自分と向き合っていき、前に進んでいくのか。

おお。とても見てみたい展開です(酷)
(※管理人、ルルーシュが一番すきですよ!!)

・・・でもこれって、ロロが犯人じゃなければ意味がな(略)
来週あたりに、この記事に修正が入っているかもしれません(笑)



ところで、先日Newtypeを買ってきました。
私は、作品は前情報なしで見たい!!という人なので、ネタバレ記事は読みません(え)。
特に、ギアスは雑誌ネタバレが激しいので、ギアス記事を読むのは、雑誌買ってから1-2ヵ月後です(笑)
でも、声優さんや監督さんの記事は読みます。
ネタバレに配慮してくれると思っているのと、記事から先の展開を深読みしなければ大丈夫だと思っているからです。

話はそれましたが、Newtypeでは脚本の大河内さんのコラムが連載されています。
そこでギアスの今の進行状況について、書かれていることがありました。
以下そのことに触れます。内容のネタバレではないのですが、前情報一切無し!!という方は
読まないことをお勧めします。それでも良いかたは矢印の下に進んでいってください!!
(文字反転はしていません。ご注意下さい)



























































「コードギアス」書き終わりました。と、近況報告に書いてありました。
「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の脚本が終わりましたと。
「つづく」とか「第一部完」とかじゃなく、「完」です。「Fin」です、「END」ですとありました。
つまり、ちゃんと終わるということですね!!良かったです!!

物語は始まりがあり、そして終わりがあります。
ちゃんと終わることなしに、物語として完成することはないと思っています。

コードギアスを初めて見てからもうすぐ2年になります。
あっと言う間の2年間でした(笑)
この2年間の中、今までの生きてきた中で一番つらくて、大変だった時期がありました。
でも、そんな時、コードギアスという物語に出逢って、
史上最大に落ち込んでた自分に、史上最大に元気をもらいました!!
特にルルから前に進む力をもらいました(笑)(いるのかなーこんな人・・・)
色々楽しませてもらいましたし、終わるのは寂しいですが、終わってこその物語です!!
そしてまた、

「スタッフのみんなと、数週間後に最終回を見てくれるだろうみなさんと一緒に
「コードギアス」の終わりを喜びたいと思います。」

ともありました。「終わりを喜ぶ。」いい言葉ですね!見届けるのではなく、喜ぶ。
スタッフさんが苦労から解放されるというのもあるかもしれませんが(笑)、
でも、物語としてちゃんと終わることは素晴らしいことですから。
私も、喜びたいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

2008/07/13(日) | コードギアス 反逆のルルーシュ | トラックバック(1) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

なっきー

『お役に立てれば幸いです!』

 蒼さん、おはようございます。
 月の静寂、星の歌のなっきーです。

 読んでいただいて、ご考察の参考にしていただいた上に、こうして記事でご紹介までしていただいて本当に嬉しく感じています。
 私の記事は、私自身が心理を考察するのが大好きなため、それがそのまま出ている形になっています。


 ロロについてですが私は記事では悲観的に書いているものの、やはり彼も救済されて欲しいという思いは強いですし、それはルルーシュこそが果たす役目であって欲しいとも思っています。
 単に慕われているからというだけではなく、ルルーシュがブラックリベリオンで一度道を間違え、その反省から心を最も重んじるようになったこと…、それをロロの更生にも活かせると思うからです。

 同じようにロロにも罪の自覚と反省、そして出直しのための猶予が認められること、…そしてロロ自身もルルーシュの原点であるナナリーを、ルルーシュのためにこそ認められるようになることを願っています。
 その時にこそロロは、ルルーシュの本物の弟になれそうな気がしています。

2008/07/13(日) 06:17:43 | URL | [ 編集]

『コメントありがとうございます!』

なっきーさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。とても嬉しいです!

>読んでいただいて、ご考察の参考にしていただいた上に、こうして記事でご紹介までしていただいて本当に嬉しく感じています。

こちらこそ、いつも楽しく読ませて頂き、ありがとうございます!!私にとって、コードギアスを楽しむ為に、なっきーさんの考察と皆さんのコメントを読むことは必須となっています!

>ロロについてですが私は記事では~

同感です。一度道を間違えたルルだからこそ、ロロを救えると思いますし、救う立場になって欲しいと願います。「ロロを救えるか?」ということは、心の大切さを重んじるようになったルルの真価が問われる重要な場面だと思っています。そしてまた、それは道を踏み外すことのない正統派のヒーローには果たせない役割だと思います。

>同じようにロロにも罪の自覚と反省、そして出直しのための猶予が~

現実ではそのような猶予が必ずしも認められることはないと思います。だからこそ、物語の中では彼にそのような猶予を与え、彼が救われる過程を描いて欲しいと願います。
自分が大切に思う人だからこそ、その人が大切に思っている人を自分も大切に思う、それは、他者を1人の人間として認められることができたことだと思います。
是非、ロロにはこれができるようになって欲しいと思います。それにはやはり、心の大切さを痛感したルルからの救いの手が必要だと思います。

>その時にこそロロは、ルルーシュの本物の弟になれそうな気がしています

はい!そう思います。ナナリーを大切に思えるようになったロロをルルは、例え血がつながっていなくとも、弟として認めると思います。

2008/07/13(日) 19:49:25 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/8-d484a5a7

コードギアス 反逆のルルーシュR2 #13 『過去 から の 刺客』

 ルルーシュ本人も知らない内に混沌と化していた男女関係は、ミレイの卒業記念イベントをきっかけに、一応の終着を見る。  しかし、シャーリーの事情が激変していた。  手探りで懸命に、 “仮面” の下に隠された真実を知ろうとするシャーリーは次第に一つの結論へ...

2008/07/13(日) 06:12:40 | 月の静寂、星の歌

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。