QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第3回 声優アワード 発表

本日、てか昨日、第3回声優アワード受賞者が発表されました!!
受賞者の皆様、おめでとうございますー!!!!

受賞者は以下の方々でした(声優アワード 公式サイトを参考にしました)


↓一般投票による一次選出あり↓↓

主演男優賞:神谷浩史(「夏目友人帳」など)
主演女優賞:釘宮理恵(「とらドラ!」や「隠の王」など)

助演賞男優賞:井上和彦 (「夏目友人帳」など)
      :杉田智和 (キバ、マクロスF、伯爵と妖精など)

助演賞女優賞:遠藤綾 (マクロスF、ネオアンジェリークAbyss など)
      :沢城みゆき(図書館戦争、かんなぎ、鉄のラインバレルなど)    
      
新人男優賞 :岡本信彦 (PERSONA -trinity soul-など)
      :梶裕貴 (黒執事など)
      
新人女優賞 :阿澄佳奈(ひだまりスケッチ×365 など)
      :戸松遥 (かんなぎ など)

歌唱賞   :中島愛 (マクロスF)

パーソナリティ賞: 神谷浩史 (DGS、マクロスF○※△、さよなら絶望放送)


↓選考委員会にて顕彰されるもの↓↓
福山さん以外は、受賞理由を割愛させていただきます。
え。だって、受賞理由長いんで・・・

富山敬賞  :山寺 宏一

海外ファン賞:福山 潤 (コードギアス 反逆のルルーシュ)

シナジー賞 :鉄腕アトム 清水 マリ
             水垣 洋子
勝田 久

特別功労賞 :武藤 礼子(2006年10月29日永眠)

功労賞   :内海 賢二
      :富田 耕生
      :永井 一郎


という感じでした!!

管理人としては、神谷さんや福山さん、沢城さんが受賞されたのが、嬉しかったです!!
特に、神谷さんは主演とパーソナリティのダブル受賞、おめでとうございます!!

ちなみに、福山さん、ブログで受賞式のときの服装をアップされていますが

みた管理人は思わず

福山すげええー!!!!(@_@;)←突っ込みなので敬省略で(笑)

と突っ込み&驚いたので、まだご覧になっていない方は是非!

すげえ、福山潤。と思われると思います(笑)


こうやって「賞がある」ということ自体が大きな意味を持っていると思うので、
これからもアワード受賞者は気になります。

アニメギガのゲスト声優さんも、結構アワード受賞で・・・とかありますし。

声優さんの一つのステータスとしてこれからもこういう賞があればいいなと思います。

んで。でもやっぱり色々と思うことがあるんですよ(汗)

そこらへんは追記の形で書きました。

受賞された声優さんが嫌い、とかではなく、
やっぱり選考方法がなあ・・・という内容になります。

しかも結構、毒はいてます。
ただし、毒はいた理由は受賞された声優さんが嫌い!だからではないです。
てか神谷さんとか大好きですし、管理人。

それでもよい方は、続きをよむからどうぞ!!
※管理人、女性声優さんにはそこまで詳しくないです

声優アワードは、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、
その業績を称える本格的な、声優を対象とするアワードとして創設します。
(声優アワード公式さいとより引用)

というコンセプトから始まった声優アワード。

あのですね。

選考基準は「最も印象に残る」ですよね??

つまり、作品と声優さんの演技の兼ね合いが素晴らしい!とかではなく
「印象に残る」が基準ですよね??


印象に残るなら、まず主演男優賞は福山さん、だと思います。
まあ、管理人福山さんが好きなので贔屓目もあると思いますが(笑)
1期で凄まじい人気を博したコードギアスの続編のコードギアスR2、
××Holic 2期、あまつき・・・などなど、2008年春アニメの注目作品で
主演を演じていらっしゃいましたし、主演以外でもマクロスFやヴァンパイア騎士など、
死亡フラグたつんじゃない?的な出演量だったと思います。

※福山さんの演技、管理人は大好きです。

でもギアスで1回受賞されているので、同じ人が2度受賞できないシステムならば
(※同じ人が連続受賞できるのか?とかなどは公開されてないですよね・・・)
まあ、無理かなと。


で同じ人が2度受賞できないならば、マクロスFの主演をなさった中村さんだと思いました。

管理人はマクロスFは見れていませんが(ギアスがあったので(汗))
でもマクロスFの盛り上がりは知っています。

武道館でもライブがありましたし、劇場版もある。
また、他の受賞者の方もマクロスFで受賞されている方も多い。
てかマクロスF、テレビ作品賞でTAF 2009 アニメアワード受賞してますし。

神谷さんは大好きです。
夏目友人帳は時間の関係でみれていませんが、
感想ブログさんを見ると、とても素晴らしい演技をなさっているみたいで。

さすが、神谷さん!と思います。

なので、神谷さん受賞は嬉しいんですが・・・素直に喜べないという(汗)

今回の受賞理由が夏目友人帳の演技が評価されてなのですが、
演技は素晴らしいだろうと思いますし、
夏目友人帳はじっくりと堪能できる素晴らしい作品だと思います。

なので、神谷さんが嫌いとか、夏目友人帳が作品として嫌いだから駄目というわけではないです。

でも、やっぱり「印象に残る」なら、マクロスFの方が上だと思います。

作品の質が上とか下ではなく、マクロスFは歌の話題は凄かったですし、サントラでも話題を掻っ攫い、
劇場版も予定されている作品なので、印象に残るならマクロスFの方が上かと。


第2回の主演男優賞は、ダブルオーでまもでした。

管理人は、まもの演技は好きです。
特に、イっちゃってる役やらせたら凄いなあと思ってます(笑)

でも、主演賞をとるほど演技凄かった??と聴かれると・・・
うーん・・・とうなってしまいます。

※演技の上手さは、管理人は門外漢なのでわかりません。
 所詮、素人が感じる演技の上手さです。ご了承下さい

でも声優アワードは印象に残ったが基準。

なら、ガンダム新作、ゆん先生キャラ原案、黒田さん脚本で水島監督で・・・
だったのでダブルオーは印象に残る作品だからかなあと思いました。

だから、アワードって演技の素晴らしさよりも、
その年どれだけ話題を提供したか、皆が注目した作品だったか?に
重点を置いた選考なんだなと思いました。


でも第3回受賞は夏目友人帳で神谷さん。

これを知った時、あれ?選考基準かわった??と思いました。
印象の強さなら、マクロスFとコードギアスには夏目友人帳は敵わないと思ったからです。
夏目がこの2作品に劣るということではなく、作品が持つ性質が違うだけです。

んー。

助演男優賞もなあ・・・
こっちなら、コードギアスR2で受賞者がいてもよかったと思うんですが・・・
スザク@櫻井さんや、ロロ@水島さんや・・・
※杉田さん、井上さん、管理人は好きですよ!!

歌唱賞は納得ですし、新人男優賞も、順当だなあと思ったりします。
パーソナリティ賞も、神谷さんで順当だと思います。
DGS面白いですし!

小野さんと一緒にDGSのみで受賞でもいいんじゃない??とちょっと思いましたが(笑)

一般投票がある賞の選考方法がちょっとブラックボックスすぎるなあと思います。
せっかく一般から投票を募っているのに、もったいないなあと・・・



ほんでもって。

選考委員会のみで決定する賞ですが。

海外賞:福山さん

コードギアスで受賞されました。

管理人は福山さん好きで、コードギアス大好きなので受賞は嬉しいんですが・・・
これも素直によろこべない・・・

福山さん、第1回で主演男優賞をコードギアスで受賞なさったので、
こっちにもってきたのかなあと、うがった見方をしてしまいます。

確かにギアスはアメリカなどで放映されていますが。
同じ放映されているならNARUTOとかは(放映されてますよね??多分・・・)??
とか思っちゃうんですよね(汗)

で。凄く嫌だなあと思ったのが、選考委員会で決定とあるのに、
この賞って、海外の人達の視点で選ばれた人物 ってなっているんですよね・・・

海外の人達の視点で選ばれたとあるのに、選考委員会で決定。

これって矛盾していると思います。

「誰が」選んだんですか??

選考委員会に海外の人達がいらっしゃるんですか??
それとも実際に海外で投票を募ったんですか??

もし海外で投票をとって決定したならその旨を書くべき。
とっていないなら、「海外の人達の視点で選ばれた」という表現は不適切。
選考委員会が海外でも影響を与えた作品の声優さんを選んだ、で十分だと思います。

そして、この賞、今年新設の賞なんですよね・・・

なのでなおさら、

コードギアスを受賞させないわけにはいかないから
この賞をつくって福山さんを受賞させた、と考えてしまうんですよ・・・




本来ならば、一般投票の結果は公表すべきなんです。
投票を募ったならば、その結果は必ず公開しなければいけない。

この方々がエントリーされました!という結果のみではいけないんです。
投票数はどのくらいで、そのなかでこの声優さんにこのくらいの票があつまりました!
の結果を公開しないといけないんです。

アンケートや世論調査だと必ず、どうやってサンプルを決めたか、
どの程度の回答率だったか、質問項目はどのようなものを使用したか、
回答結果はどうだったかなどをを必ず公表しないといけません。

じゃないと、ブラックボックスになってしまうので、その調査に信憑性がなくなりますし、
調査結果を批評することもできないんです。

でもまあ、声優さんは人気商売の面もとても強いので、
結果公開方法は難しいと思いますが(汗)
でも、今の状態だとブラックボックスすぎます。

せめて順位のみは発表するなど(投票数公開は必須です)工夫をしないと、
駄目だよなあと思います。

そしてもし、選考基準を明らかにできないのなら、せめて一般投票をやめればいい。
全部選考委員が選びました、というなら形式としてまだ少しは納得できます。

そうしたら、この選考委員会が選んだんだな、という基準でみれますから。

でも今のままだと一般投票がある部門ですら選考基準がよくわからない。
これって一番嫌だなと思います。

一般から票を募っているから、今のファンの意向は汲んだ賞である、
という印象を与えるけど、
でも実際にはその一般投票が受賞者決定にどの程度影響するかは、公開されていない。
ブラックボックス。

なので実際には汲んでいるかどうかわからないのに端から見たら
「ファンの意向を汲んだ賞である」ということになってしまうと思います。

それってどうなんだろうと・・・


声優さんや声優さんの所属事務所や製作会社の関係をご存知の方なら、
なんで今回こういう結果になったのか、とピンと来る方もいるんだろうなあと思います。

管理人が見たブログでは声優さんの所属事務所がうんぬん・・・とか有りましたし。


でも、声優さんや製作会社に詳しくない人って、そこまでは考えないと思います。
まあ、第1回の発表の時の管理人がそうでしたので(汗)

第1回発表の時、コードギアスは大好きでしたが、
福山さんの所属事務所うんぬんとかまでは興味をもっていなかったし、
角川系列うんぬんなんて意識したことなかったんです(笑)

まあアニメ本編が好きで二次創作が好きな人って、多分こんな感じかと。

だから普通にコードギアスで福山さんが受賞されてと知ったときは
「おお!ルルの中の人が受賞したんだあー!!」
と、嬉しかったですが、ここどまりです。
選考委員会のバックはここがいるから・・・なんてこと考えませんでした。

だってそこまで考える程、声優さんに興味は持っていなかったので。

どちらかと言うと制作会社や脚本家さんや監督さんが誰か、
ということが気になっている人でしたので、そこまで深く考えなかったんです。

なので、ただ受賞したんだなあという事実しか知りませんでしたし、
それだけで十分でした。
そんなに深く考える気もなかったんだと思います。

なので。

アニメ本編のみが好きでそこまで声優さんに興味を持っていない人にとって
アワードの選考の裏まで考えないと思います。だってそんな考える暇もないですし(汗)

知るのは誰が受賞したよーのみ。
たぶん大多数の人がこうだと思います。

だから、もし裏事情で受賞できない・しにくい声優さんがいる・・・
というのは決してあってはならないと思います。


せっかく賞をつくっても、その選考基準があいまいだと、意味がなくなってしまうと思います。
色々な事情で受賞できない・しにくい声優さんがいたとしたら、賞の意味なんて初めからないと同じです。

声優さんのみにスポットをあてた賞として、声優アワードは存在意義がとても強いはず。
声優さんのステータスもあがりますし。

だからこそ、声優アワードが持つ責任はとても重いはず。
アニメギガのゲストで、アワード受賞者の方もいらっしゃいますし。

個人的に、TAFの受賞作品の方が納得できました。

第4回、声優アワードでは改善を望みます。
関連記事
スポンサーサイト

2009/03/08(日) | 声優アワード | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/tb.php/96-bb214e55
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。